中今4

前回からのつづきです。先に前回の記事を読んでいただくと意味がわかります。
時が流れている、動いているとは言いますが、時間とはそれそのものは存在するものではなくって、実際はまわりが動いている、変化しているってこと。
時間の経過とはいうものの、時がながれるということは存在しない。たとえば走馬灯(死ぬ前に人生が走馬灯のようによみがえるというあの走馬灯)のようなもので、自分は動かずにじっとしているけれど周りが動いて変化している。そんな感じです。


ここから神主の視点に戻って書きます。
時間がながれて、過去や現在や未来が発生するわけではない。過去も現在も未来も全く同じものである。それらが繰り広げられている中心点とでもいえそうなところは数百億年前も今もまったく同じ。名前がないと話しにくいので、仮にこの場所というような意味で「ココ」と呼んでおきます。
過去も現在も未来もすべて「ココ」で繰り広げられているものであって、数百億年前も1万年後も本質的にはなんにも違いはありません。まわりのものが変化しているだけ。

これ、いつも私がいう神様と人の関係と同じです。
神様と人間は遠くはなれた、まったく異なる存在と思われがちですが、本質的なところでは同じものです。人間という存在は神様の一部分です。もちろん人間だけでなく、この世のあらゆるもの全て、山や海や木や鳥、また風が吹くこと、火が燃えること、雨が降ること、それら全てが神様。日本ではそれを八百万の神(やおよろずのかみ)とよびます。

人間と同じ姿をした山の神、海の神、風の神がいるとかそういうことでなくて、風が吹くということ、雨が降るということ、海があること、それそのものが神様です。
だから私たちが今ここに存在しているということ、それ自体が神様の一部分です。神道ではそれを人間は神様の子孫であり、神から分かたれた存在であるといっています。
先ほどの時間の流れのはなしで、過去も現在も未来もすべて舞台となる「ココ」で繰り広げられていることである。その全ての根本となる「ココ」が要するに神様のことです。



そろそろ話しをまとめにかかります。
日が昇りそして沈む、太陽があり、移動したりと変化をするから時間が生まれます。変化するものがあってはじめてこの世の中に時間がうまれる(生まれたように感じる)。
だから私たち人間が生きていることもその一部であるということです。人間が存在する、そして活動するということそのものが時間をつくっています。たとえば未来の自分は、未来というステージで何かをするのではありません。自分という存在と、未来というステージは別々に存在しているものではない。自分が活動すること、それそのものが今(現在)を生きることが時間をつくり出していて、それは未来そのものです。

それがこの話しのタイトルにもしていますが「中今」
自分が直接参加する現在という時間をもっとも価値のあるものと考え、今のこの一刻一瞬を大切に、精一杯充実したものにする。自分に与えられた現在(いま)を精一杯生きることがこの世界の成り立ちに参加する方法でもあるというものです。過去も現在も未来もそれぞれ独立したものではなく同一のものなのだから。
という冒頭の文になります。


現在を、今のこの一刻一瞬を大切に、精一杯充実したものにするとは、と考えると「心を亡くす」で書いていたことにつながってきます。
子供が純真とはよくいわれることです。本当にそなのかどうかは知りませんが・・・
余計なことを考えずに目の前のこと、それそのもに集中しています。大人はついつい次の日仕事があるから疲れないようにとペース配分したり、効率よくおこないたいと段取りを考えたり。やることそのもの以外の事をあれこれ考えています。

そういうことですよね。やる事それそのものに集中しているか、それそのものを感じているか。スケジュールやら段取りやらそれに追われすぎてやる事それそのものは見えているか、とね。

自分の目の前に幸せなことは現れていても今を大切に集中していなければそれを感じることができない、気付かないと思います。
新幹線や飛行機、交通機関が発達して遠くに簡単に行けるようになったため、自分のすぐ近くにある素敵なところを見落としている。そんな感じと似ています。


結局、今を感じ大切に精一杯生きる。やる事そのものを見失わず集中する。そういうことですね。


今回のシリーズとてもわかりにくかったと思います。最後まで読んでくださった方は多分あまり多くはないと思います・・・
あまりまとまっていないこと自分でもわかってます。すみません。次がんばります。


ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


絵ごころ | Home | 中今3

コメント

たいへん勉強になりおもしろく読ませていただいてます

1分前の行動(変化)が現在に影響し
現在の行動(変化)が1分後の自分に影響すると思います

例えば…

目の前の赤信号を無視するかしないで10秒後の自分は変わってしまう

ほとんどの人は無視しない
なぜなら「赤は止まれ」「交通ルールを守りましょう」って教育が身についてるからでしょう

もし…
「赤は止まれ」と知らなかったら
もし…
ルールを守らなかったら

悲惨な未来をまねく可能性が高くなります


神主さんのおっしゃる「現在を精いっぱいに生きる」ことはとても大事と思います


私は3人の父親で
「現在を精いっぱい生きる」ことを教えてます
同時に「どう考えどう行動するか」も教えてます


先ほどの例えで言えば
「ルールを守れ」「赤は止まれ」以外に
全体の流れや「何故ルールを守るのか」「信号がない場合はどうすればよいか」を理解できる形で教えて来ました。


神道は「言挙げせず」 が信条と聴きましたが
やはり…口にした方が考えや想いは伝わると思います


私の考え方は間違えてるでしょうか?

2012/03/07 (Wed) 10:48 | マガミ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/03/07 (Wed) 11:35 | # | | 編集

前回のコメント、的外れでなくて良かったです。今回のシリーズを読んでいて、意識しなければ時なんて只、呆然と過ぎて行くだけだと思います。人間の過ごすシナリオって、時間の筆先が作るのかもしれませんね。人がどこかの線で出会って互いの時間が重なって新しい物語が出来ていく、なんだか凄く楽しいし素晴らしいと思っちゃいました。

どうですか?神主さんは、新しい物語作ってますか?

なんちゃってキザですかね?

2012/03/07 (Wed) 14:32 | 鏡花水月 #- | URL | 編集
こんにちは神主さん

ワァーお返事ありがとうございました。みんな喜んでます。
はい、まだ町中瓦礫だらけです。でも仮説の商店街も出来て少しずつ前に進んでます。でも、大人の人は凄く疲れてるって言います。

えーっつ!!神主さん先生知ってますか?

私たち、その先生大好きです。だって私たちのこと、可哀相にって言わないでいつもニコニコしてたから。

これからも、ここにお手紙してもいいですか?

2012/03/07 (Wed) 15:57 | 智美 #- | URL | 編集
ちゃんと読んでますよ!

今回のシリーズは確かに難しくはありましたけど、今の日本のように、朝も夜も明るくては、時間(とき)の流れを自覚して過ごすことは少ないと思います。中今という言葉を知らなかった私ですが、今回震災一周忌をまもなく迎えるにあたって、人が過ごす時の意味や、ココで過ごして行く意義のようなものを改めて考えることが出来ました。大変勉強になりました。

2012/03/08 (Thu) 18:20 | 見古都 #- | URL | 編集

前回のお返事より、
本当ですね(笑)
子どもの頃はすごいことを考えていたようですね。
でも今は・・・(汗)
まぁいいや(笑)

で、今回ですが。
全然的外れで、的に全然当てる気ないじゃん!!と
思わず関東弁でツッコミたくなるようなコメントをします。

神さまと仏さまって、とらえ方の違いだけで、本質というか
それそのもの自体は同じだと思うんですよね。
妖怪とか、西洋の天使とか妖精とかも。
たとえば、この世界の始めに現れた「モノ」を
神道では、というか日本人は天も無く地も無く、時間も空間もない。有るのか無いのかも分からない。混ざっているような混ざっていないような・・
状態から天と地が分かれ、たくさんの光の粒が現れた。
これが、天之御中主神と「した」(したという表現が正しいのかは分かりません。)
けども、仏教(発祥の地インドとか、伝わっていった中国とかになるのかな?)では、仏教では世界の始まりをどうしてるのか分からないのですが、宇宙の始まりの仏さまがいたはずなので、その仏さまと「した」

えっと、何が言いたいのかというと、
世界の始まりの神さまや仏さま、その他もろもろは、
きっと、その国の人たちによってとらえ方が違うだけで、
それ自体は同じなんじゃないかな?っていうことです。
ちなみに、世界の始まりは、ただ単に例に出しただけで、
他の神さま仏さま、天使とか妖精とか妖怪とかも同じじゃないかな?と思います。

なぜか、今回の「中今」シリーズを読んで、
これをすっごく言いたくなりました。
これは、ここ数年感じてたことですよ!

長くなって、すみません。


2012/03/08 (Thu) 20:15 | キノコ #- | URL | 編集
マガミさま

いえ、ちっとも間違っておられないと思います。
子供にいろいろ教えるのはそうやってしっかりと、何故か、不測の場合はどうすればよいか、理解できる形で教えるのは大切だと思いますから。
自分で考える力?考えかたというのでしょうか、それを養うためにも、答えを教えるだけでなく、何故かとか、そこからの発展形を教えるのは必要ですしね。

それと神道でいう「言挙げせず」はまた違うと思います。
ちなみに私は今の時代は(全てではないにしても)「言挙げ」しないといけないと思っています。

2012/03/09 (Fri) 22:03 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
鍵コメさま

以前にブログでも書いていたような気がしますが、国(日本)ってなんだろうと考えたとき、やっぱり伝統、精神性、それらをぬきには考えられません。
私はそこをこそ、なんとかしなければと、自分のすべきことの方向性に定めています。
いつも貴重なおはなしありがとうございます。
そちら様もお体に気をつけてこれからもがんばってください。

2012/03/09 (Fri) 22:11 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
鏡花水月さま

意識しなければまったく気がつかないことはいろいろありますしね。
時というのもそうなんだと思います。そのものを感じないと。

新しい物語を作る・・
そうですね。わたしだけではないですが皆、自分のつくった物語というものが、すなわち時ですね。

2012/03/09 (Fri) 22:15 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
智美さま


みんなで読んでもらっていて、こうやってコメントしてもらって、わたしのほうが嬉しいですよ。
たぶん私も知っている先生です。私も最近お知り合いになったのですけれど。いい先生ですね。

> これからも、ここにお手紙してもいいですか?
もちろん、いつでもどうぞ。おまちしています。

2012/03/09 (Fri) 22:18 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
見古都さま

お読みいただいてありがとうございました。
そうですね、本当に朝も夜も区切りがないですしね。季節感にしてもそうですね、食べ物にしてもビニールハウスなどあれば一年中何でもお店に売っていますし。
ちょっと話しは飛躍しているかもしれませんが、ハレとケ。昼と夜など区切りがあるからケジメなんかもしっかりするのではないかな、なんて思ったりします。

2012/03/09 (Fri) 22:22 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
キノコさま

あぁ、おっしゃっている事は私もその通りに考えています。
そのままのことブログでも書いていますよ。
書いている記事数が多すぎて、これです、と今パッとすぐにいえないですが。多分神様のはなしカテゴリにいくつかそういう話しかいている気がします。

2012/03/09 (Fri) 22:24 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

確かに、夜と昼の差がないばかりに、人がおかしくなることはあるようです。

以前、心療内科の先生が講演されたことですが、心と太陽には深い係わりがあるということを話されてました。
人間の精神を健康的に維持するホルモンは、太陽特に朝日を浴びなければ体内で生成されないそうです。

そういうことからも、昼夜の区別ない現在がいかに不健康な時代であるかは、言わずもがなですね

2012/03/10 (Sat) 22:44 | 見古都 #- | URL | 編集
見古都さま

わたしもそういう話しは聞いたことがあります。
もともと人間は昼に活動し、夜は寝るようになっていますからね。
日の光というのはそういうこともあってとても大切にされているわけですし。
そのへんは大事にしたいところです。

2012/03/13 (Tue) 22:49 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する