ノーギョー

前回からの続きです。先に前回の記事を読むことをおすすめします。

農業というものは神社にとっても非常に重要なもので、神社と農業とは切っても切れない関係です。だからいま農業の後継者が不足して、廃業する農家が続出している、日本の食糧自給率が40%を下回っているというのは、神主としては放っておけないことですし、ものすごく気がかりなことです。

ではそもそもなぜ神社と農業が切っても切れない間柄なのか、
まるでドラえもんとのび太、セーラー服と機関銃、あるいはマイケルにジャクソンのように切っても切れない間柄なのかというと・・・

昔は(もちろん今でもそうですが)農業とは生きていくために絶対に必要な食料を育てる、最も重要なことでした。いくら金銀財宝がたくさんあっても食べるものがなければ生きられませんからね。
農耕はお日様の光の具合や、雨の降り方など天候や、水がちゃんと確保できるのか、など自分たちの力だけではどうしようもないことに左右されました。ですから自分たちの力だけではどうしようもないことだから神様に頼るしかなく、神社の祭りや儀式などは農耕がうまくいくように神に願うものが基本となっています。日本全国にさまざまな祭りがありますが、豊作を願ったり、収穫を感謝したりというものが大半です。
はるか昔、神話の時代から日本のことを豊葦原瑞穂国(とよあしはらみずほのくに)とよんでいました。
千年もいつまでも、とこしえに、稲穂が豊かに実る、うるわしい国、というような意味です。
このように呼んでいた事からも日本にとって、稲作がどれだけ大切で密接な関係にあったのかがわかりますが、それだけではなく稲作は日本人にとって特に重要なものでした。

神話では高天原(たかまのはら)という天上の神様の世界から、神々が地上へ降り立つと描かれています。それを天孫降臨(てんそんこうりん)といいます。天上から地上に降り立ったのがニニギノミコトという神様で、その際に天照大御神(アマテラス)から、天上で神々の食する尊い食べ物である稲穂を地上でも育てるようにと渡されてています。
そんなところからもお米は日本人がものすごく大切にしている様子がわかります。


さらにさらに、
ってまだあるの?と思われるかもしれませんが、まだまだありますよぉ。
日本人にとっての農耕というものは神様に近づくための尊い行為なんです。天上で神様が行っていることと同じことをすることで神様に近づけるように、そんな感じです。
先ほどの天孫降臨(てんそんこうりん)のときに稲穂は天上で神様が食する尊い食べ物だと書きました。当然それは神様が育てているわけで、神様が稲を育てたり、機織(はたおり)をして着るものをつくったりしています。そのように神様のしていることと同じことをすること、それは神様に近づくことができる尊い行為であり、大変幸せなことであるとそう考えてきたのです。

少し農耕とは話しがそれますが、コレって素晴らしいなと思います。これ稲を育てることだけでなく、要は働くことが尊い行為であり、働けるということが幸せであるといっているのですから。
私たちのご先祖はそういうふうに考えていたのですね。日本人は勤勉であるとか、まじめであるとかよく諸外国からいわれますが、こういうことなんですね。

たとえば外国では安息日というものもあります。土曜日であったり日曜日であったりそれは国や宗教で少しずつ違うようですが、安息日には何もしてはいけない、労働をしてはいけないというものです。

前回の記事、幸せのかたちでも書こうかと思ったのですが、それを書くとまた話しが別にそれるので書きませんでしたが、
なんのために働くのですか?という質問をされて、どう答えるか。
生きていくため、お金を稼ぐため、そういう答えが多いようです。それで仕事をしてお金を稼いで、休日に好きなこと、趣味に時間や稼いだお金を使う。休日が自分のための時間というような考え方が多いような気がします。休日の、自分の時間充実していること、自分の好きなことをできるのが幸せ、というような考え方。

これはどちらかといえばつい最近に外国から入ってきた考え方ですね。
日本には先に書いたように、働くことが尊い行為であり、働けるということが幸せであるというのもがあったのですから。私はこれものすごく素晴らしいと思います。

つづく・・・



ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる

ノーギョー2 | Home | トーキョー・プリティ・パパ

コメント

そうそう私ひとから聞いて最近知ったんだけど、西洋では労働は罰なんだってね(最初の男女が楽園追われて働かなきゃいけなくなったとか)
ところが日本では天界で一番えらい女神さまが機織してるんだって。それを聞いた私「誰に売るつもりなんや?」話してくれた人「いや売るつもりか自分で着るつもりかはわからんけどもー!」
もはや根っからの商売人です、私。
働く=(本を)売る

2011/11/30 (Wed) 00:32 | なな #XrwkbYLc | URL | 編集
無関心の罪

今 世の中便利になりすぎて、食べは食べたい物だけ食べて、嫌なものは食べない、出された物も平気で残す。

これって、食卓に上がるまでの人々の手間や苦労をわかってないからですよね。

子供の中には、野菜や果物が畑で出来ることを知らない子もいるくらいです。

このままでは、いけないと私も思っています。

2011/12/01 (Thu) 19:22 | 見古都 #- | URL | 編集

今更ですけど、神主さま、お誕生日おめでとうございます☆
大人の階段を一段昇られたんですね♪
私も、「123」です。階段昇る日。


全然アラフォーじゃないですよ。
アラフォーって、39歳~41歳の人が使うんだと思います。



見古都さま☆
キノコの歌って、「キノコのこのこ元気のこ~♪」(某キノコメーカー)ではなくてですか!?
初めて聞きました!!







2011/12/02 (Fri) 13:23 | キノコ #- | URL | 編集
遅ればせながら…

月が変わってしまいましたが、神主さま、誕生日おめでとうございます。
日々精進の神主さまは、きっと中身の濃い一年を過ごされてるんでしょうね!この年も良い年でありますように!

*キノコさま*
あっ! その歌では、ありません!

♪キキキノコ キキキノコ ノコノコ ノコノコ 歩いたりしない♪』って歌です!
可愛い歌なんですよ!

2011/12/03 (Sat) 22:35 | 見古都 #- | URL | 編集
ななさま

西洋ではそういうのもありますね。根底には多分環境の違いがあるのだと思います。
しかし、誰に売るつもりなんや?と出てくるところがすごい
ただし、それは商売人の感覚ともちょっと違う気がしますが(笑)

2011/12/04 (Sun) 21:56 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
見古都さま

野菜や果物が畑でできることを知らない子もいるのはよく聞きますね。お肉やお魚もスーパーでパックにはいっているもの、もともと生き物であるということを知らない子。
お肉でも野菜でも、命をいただいているという認識がないからなんでしょう。
でもそれは子供が悪いわけでなく、教えていない親が悪いのであり、またその親にそれを伝えられていない人も悪い。神社、神主がそれらはちゃんと伝えていかないと。

誕生日ありがとうございます。充実したとしになるようにがんばってます。

2011/12/04 (Sun) 22:01 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
キノコさま


ありがとうございます。
大人の階段のぼってます。そんなにあわてないでもいいのに、なんだか最近階段をのぼるペースがものすごく速くなっている気がします。
アラフォーってそんな範囲せまいのですか。ではまだ違いますね。

2011/12/04 (Sun) 22:02 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する