お火焚の準備

11月13日のお火焚祭まであと3日となり、準備もいろいろと進めております。
今日は他の神社の宮司様と一緒に火床のヒバ(檜葉)をいただきに北山へ行ってきました。

111110CIMG1882.jpg 111110CIMG1881.jpg


このヒバがこんな感じになります

hitaki1071103.jpg hitaki2071103.jpg


ウチの神社の境内にもヒノキの木はあるのですが、その葉だけでは一年でなくなってしまいますので、どこかからもらってこないといません。
そんなときに、いつも私がお世話になっている神社さんにお世話していただけることになりました。お世話してくださるのは材木屋さんで、山の手入れをするためにヒノキの枝を枝打ちされます。そのため大量に枝が出るので、神社で使ってもらえるならば非常にうれしいとおっしゃってくださっています。
こちらも非常にありがたく助かります。
お火焚きの火床にヒバを使うと決まっているように、他にもお火焚きには恒例のものがいくつかあって私はそれをお火焚きセットとよんでいます。
hitakiman071113.jpg

みかん、おこし、お火焚饅頭、この3点なんですが、
「グー・チョキ・パー」とか
「ホップ・ステップ・ジャンプ」とか
「アラビン・ドビン・ハゲチャビン」とか
これらのように必ず、みかん、おこし、お火焚饅頭と3つセットになっています。どこのお火焚きでもだいたいこの3点セットです。なぜこの3点なのかは私は知りません。この3つがお火焚セットだったのでそういうもんだと思って育ってきました。

祭典の後、お火焚きの火でみかんを焼くのですが、このミカンを食べると風邪をひかないといわれています。参列の方みなさんにこの風邪をひかないおまじないミカン頂いてもらえますので、みなさまぜひどうぞ。


ところで今年のお火焚祭はとても重要なものになると私は思っています。
火焚祭の意味とはいくつかありますが、1つに収穫を感謝するという意味。収穫のすんだ稲藁を積み上げて焚き上げたのもそういうことからでしょう。
2つ目に、火に感謝すること、火の事故がないよう願うという意味もあります。火とはそれはエネルギーのことでもあります。食べ物を調理するために火は欠かすことができないものですし、厳しい冬を乗り切るためにも火は欠かせません。
昔はいくら寒くなってきても、火の神様に感謝して、事故のないよう願いお火焚祭をしてからでないと暖房の火も使いませんでした。
今はそんな習慣はほとんど忘れられて、寒くなったらスイッチひとつで暖房を入れています。暖房だけでなくエネルギーを使用するということ全てにおいて同じことがいえます。エネルギーを使うこと、それが当たり前のように感じている人が多いと思のでしょう。その結果、人間が使用するエネルギーは膨大なものとなり地球を破壊しはじめています。

原子力をつかったエネルギーが必要か不用かも、今の生活スタイルでいいのかどうか、このまま続けていくのか?そんな話しなんだと思います。だから今、お火焚祭の意味を多くの人に思い出して欲しいし、今年のお火焚祭はとても重要なものになると、いやそうしなければいけないと思っています。


ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる
平成23年お火焚祭 | Home | 着物男子

コメント

知りませんでした~

こんばんは!冬至を境に秋らしくなりましたね!気温の上がり下がりが激しいので体調には留意されて下さいね。私も土曜日の音楽会に向けての準備に頑張っています。
ところで、桧の葉をヒバと言うのですね!知らなかったです。(恥ずかしい)ついでに白状すると、新嘗祭に直下で頂いて帰ってた白酒が、一般には出回らない、そんな貴重なものだとは、昨年の神主さまのブログを読むまで知りませんでした。本当に何年も毎回頂いてるのに…情けなさすぎです。今年からは、心して頂きます。
御火焚き無事に祭行出来ますよう心中より祈っています。

2011/11/10 (Thu) 20:07 | 見古都 #- | URL | 編集

先日、出雲大社の神迎祭と神在祭に行ってきました。

それと、今回の神主さまのブログを拝見して・・・・




ありとあらゆるコト・モノに神さまがいらして、それを
八百万の神さまといって崇めてきた日本人は素晴らしいな~
と思いました。

私も、神さまたちの存在を身近に感じ、感謝しなくては・・


2011/11/10 (Thu) 20:21 | キノコ #- | URL | 編集
見古都さま

おかげさまで無事に御火焚とりおさめることができました。
音楽会は無事におすみでしょうか。
ちなみに立冬ですね(*^ー゜)b
白酒は秋祭りのときには日本中の神社でいただけますが、そのときしかいただけませんしね。

2011/11/14 (Mon) 23:07 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
キノコさま

出雲にいかれたのですか。すばらしい。
現代は出雲でも伊勢でも、すっと行けるのはすごいですね。
神様を身近に感じて、感謝するというそれ。昔から自然とそういうふうに感じてきたはずです。
いまなかなかそのように感じることができる環境が壊されていっているんだと思いますが、それでもやっぱりそういうのは残っていると思うし、それを感じてもらえるよう、気付いてもらえるようにするのが
私たちの役目だと思っています。

2011/11/14 (Mon) 23:12 | 神主 #- | URL | 編集
秋の終わり

はい、おかげさまで無事に音楽会終了致しました。
その次の日に御火焚祭の祭式に参拝させていただきました。
ちなみに、武信稲荷神社の武討派のサバイバル蚊にタイツの上から刺されました、さすが強者でした。

恥ずかしい!そうです立冬でした。冬至は12月でした。
あの、勘違いしたまま立冬の日にカボチャ食べてしまいました。あはは 私も意外とズレてました。

2011/11/15 (Tue) 19:41 | 見古都 #- | URL | 編集
見古都さま

ごくろうさまでした。
(笑)武闘派の蚊でしたか。かなりつわものでしたでしょう。
わたしはそれと日々戦っているので、よその蚊がすごくお上品で、物足りないくらいに感じます。いや、それくらいのほうがありがたいのですが。

2011/11/20 (Sun) 20:12 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
もしかして…

ヤワな蚊がもの足りないとは…
神主様もしかしたら…
(¬з¬)だったりして…

冗談はさておき、今度の新嘗祭なんだか雨になりそうです…
晴れ宮司さんの力で晴れさせて下さいね!

2011/11/21 (Mon) 18:50 | 見古都 #- | URL | 編集
見古都さま

私の晴れ男ぶりが発揮されるのは自分が祭主の祭りなんですよね。こちらでは新嘗祭は雨、もちそうな感じですが。

2011/11/22 (Tue) 22:07 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する