個性3

前回からの続きです。
いま世の中では自己主張を重視したいわゆる欧米流がもてはやされていますし、教育でも「個性を尊重し」と明記されているように個人主義の教育がなされています。
それをするならばもう片方も大切にしなければいけないし、教える必要があります。もう片方とは自分の人格、独自性だけでなく、他者の人格や独自性も同等に尊重しなければいけないこと、暴走を止めるための抑止力をもたせること。
前回、前々回の記事で書いてきたようなことから、日本の場合はそこには「公」ということが大事になってくると思います。個人を大切にすることはもちろん重要視すればよいですが、それと同時に礼節も一緒に教えなければいけません。礼節とは礼儀を重んじで節度を知ることです。相手を尊敬し敬う、丁寧に接する、謙遜する。すごく美しいですよね。

でどうすればよいのか。いろいろな方法があるでしょうが、神主的なことでいうと神道を大切にする、神社に参拝する、これかなり有効です。というか重要です。

いつも言っていますがこの世の中の全てのものに神様の力が宿っています。これ八百万の神といっていますが、海も山も石も火も太陽も風も、私たちは神様にかこまれて生活しており、私たちが生きているのは神様の恩恵と感謝します。
また私たち人間は神様の子孫です、神様と私たちのあいだには絶対的な区別はなく、私たちの存在をさかのぼっていくと神様にたどり着きます。また偉大な功績のあった人も神として祀りますし、ご先祖様も祀ります。これは神として祀るのとは微妙にニュアンスは違います。そのへんはたしか神主ライフに多分書いた気がします。
なにしろ今自分がここに生きているのは両親、祖父母、ご先祖様のおかげであるということですから祖先をとても大切にし、親を敬います。それは目上の人を敬うということにもつながり、それは周りの人に敬意をはらうということにもなります。

また、神社は公共性がつよい場所です。ウチの神社もそうですが境内には門のない神社もたくさんあり、いつでも自由に立ち入れます。もともと神社は人の集まるところであって、そこでは人と人のつながりがうまれます。
政治のことを政(まつりごと)といったりしますが、これ祭事(まつりごと)からはじまっています。大事なことは神社にあつまって神様の前でみんなで決める、こんなことが始まりのようです。

自己の主張をすることはもちろんよいのですが、人間なんて自分ひとりでは生きて行けないのですから、個人は公の一部であること、これを忘れてしまっては成り立たないと思います。
神道ではこの世のすべてのものに神が宿っている、木、山、水、火、風、石、どんなものにでも。そしてそれは人間も例外ではなく、人間もその一部である、平たくいういと人間も自然の一部分であると考えてきました。
私たちにはこのような考え方があったのですから、これを思い出せれば、利己主義にはしりがちの今のおかしくなった世の中、よくなっていくはずです。

グローバル化という言葉を聞くようになってからずいぶんと長い時間がたっているように思いますが、たぶんこれもちょっとズレた感じで受け取られているように感じることもあります。極端にいうと日本が欧米化することとでも思っている人もいそうです。
私は子供の名付けをすることが多いのですが、最近よくあるのは「グローバル社会なので外国でも通用する名前にしたい」という方。それでその方が希望される名前はきまって欧米の人のような名前。
う~ん・・・ちょっとそれは違うような

その国にはその国の文化があるわけで、その土台のうえにふさわしいものが成り立ちます。そこの風土に全く異なるものを植えたとしても、そのままではうまく機能しないですよね。
日本でつちかってきた素晴らしい文化を思い出し、誇りをもちましょう。
私たちって本当に素晴らしいものをもっていますから。


「本当の意味で日本復興!」

ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


KYOTO for( ) | Home | 個性2

コメント

ゆとり教育の歪み

こんばんは、急に季節が進んだような夜です。個を重んじること、個性を尊重することから生まれたのがゆとり教育でした!幼稚園でも、一時期、遊びと教師が指導する保育の線引きがなくダラダラと時間を過ごすこと子供の自由を尊重することが良しとしていましたが、結局その保育を受けた子供は小学校での40分の規制になかなか馴染めず学級崩壊ということになってしまうのです。詰まるところ、昔の設定された保育に戻っています。神主さんが言われるように公の中での役割を果たせてこそ個が生きてくるのだと思います!神社で出来る心を育てる教育(感謝を元に)と教師が出来る教育が相互扶助出来れば、良いなと私は思いますし、私の理想です。

2011/10/25 (Tue) 20:59 | 見古都 #- | URL | 編集

竹下文書って知ってますか?by沙羅双樹

2011/10/27 (Thu) 01:12 | 2011.10.27 #z7XDr28E | URL | 編集
沙羅双樹さま

> 竹下文書って知ってますか?by沙羅双樹

竹下文書ですか?すみません知らないです。

2011/10/28 (Fri) 20:12 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
見古都さま

個を重んじること、尊重することは、もちろん素晴らしいこととは思いますが、もともと日本になかった感覚というか概念なので、それが教育の場でも世間でもうまく機能していないというか、少しずれてしまっていると感じます。
昔のやりかたというか、考え方。古臭いと思われるようなものもすごく素晴らしいもの多いですから、それを生かせるように、現代にあわせられるようにしていきたいものです。

2011/10/28 (Fri) 20:18 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

「竹内文書」でした、たけうちです
これからも応援しています。

2011/10/30 (Sun) 06:51 | 2011.10.27 #- | URL | 編集
沙羅双樹さま

> 「竹内文書」でした、たけうちです
> これからも応援しています。
竹内文書ですか。それなら(名前だけは)知っています。内容は全然わかりませんが・・・
応援ありがとうございます。頑張っていきます

2011/11/01 (Tue) 21:11 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する