個性2

前回からの続きです。
他を真似ること、規律規則に従順であるということは個性がない、独創性がないということではありません。個人の主張を前面に押し出さないとか、個より公を優先する気質があったり、欧米的な価値観とは少し違いますが、とても大切な部分です。

公と個人の関係といえば、会社と個人との関係、町内会だとか地域と個人との関係、国と個人との関係、いろいろあります。公を優先する気質というのはひと昔前の日本ではごく当たり前のことでした。良い悪いは今は別として、会社のために個人が人生をささげてはたらく、個人に多少不自由があっても地域のために奉仕するなど。
最近では個人が最優先にされ、こういうのは少なくなってきている気がします。

これは欧米から入ってきた個人主義が大きく影響しています。
個人主義とは、人間それぞれの人格、独自性、自律性を重んじ、場の雰囲気に流されることのない、一個人としての一貫性のある深く統合された思想、行動。Wikiより抜粋

個人主義そのものはこのように非常に高度で素晴らしいものですが、それが正しく機能するためにはその土台となるものが必要です。個人が公よりも優先されるということは、個人が自分の行動を厳しく律することが必要になります。個人の人格、独自性を尊重するということは、自分の人格、独自性だけでなく、他者の人格や独自性も同等に尊重しなければいけません。それがなければ自分さえよければいいという利己主義になってしまいますからね。個人主義がしっかり機能したうえで自己責任というものが発生しますが、今その自己責任という言葉だけ、上辺だけの意味が独り歩きしています。
日本ではもともと個人の権利とかそういう概念はありませんでした。欧米に追いつけ追い越せの時代、戦争に負けた後のアメリカの占領政策の時代、そのときに日本の古い考え方、概念は悪い、くだらない、西洋からの新しい考え方、概念が正しい、素晴らしい、そんな風潮があったので、個人主義が中途半端に根付き、自分の権利だけを主張するし、上辺だけの自己責任が横行するんでしょうか。
ほんの少し昔でも「NOといえない日本人」、「自己主張できない日本人」そんなフレーズありましたもの。


日本は狩猟民族ではなく、稲作の文化ですから集団で村をつくり定住して生活してきています。だから集団生活のルールがしっかりあるし、みなそれを優先するし、それを遵守するそんな国民性です。また周囲の目というものも機能していました。「人に笑われる」とか「後ろ指さされる」そんな言い回しがあるように、ルールを守るための、また個々が暴走しないための抑止力として周囲の目がありました。

欧米の場合は「周囲の目」というのは機能しませんね。独自性を重んじて、周囲に流されることがない、というのが理念ですからね。他人、周囲がどのように思おうと自分のそれを尊重することになります。
欧米の場合は周囲の目を意識せず自分の思うところを優先したとして、個々の暴走の抑止力として全てを超越した絶対唯一の神の存在があります。キリスト教にせよイスラム教にせよ教会での礼拝の重要性はとても大きなものです。

日本の場合はそれがありません。日本は八百万の神様がおられ、その神々も絶対的なものではありません。神様も失敗することもありますし、人間らしい一面をもっているし、偉大な功績を残した人を神として祀ることもします。
また欧米では神と人間には絶対的な違いがありますが、日本では私たち人間は神の子孫であり、神と人の間に絶対的な違いはありあません。

困ったときの神頼みなんて言葉があるように、自分の都合のよいときに神様に頼るというようなところもありますし、八百万の神とは神様がとてもたくさんおられるということ、また神様も仏様も一緒に祀るということもごく当たり前のようにします。絶対唯一の神様の文化からすると節操がないように思われることもあるかもしれません。
そこがよいところであり、寛容さの表れなのですが、それは個人の暴走を止める抑止力にはなってきていないと思います。

最後もうすこしだけ続く・・


「秋はお祭りシーズン 祭りで元気」

ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる

個性3 | Home | 個性

コメント

こんばんわ(ぺこり)

いっつもうまく言えなくて、悲しいのですが・・・

神主さまの今回の記事を拝見しまして、




やっぱり日本っていいなぁ~好きだなぁ~
と思います。

はい。

続き、楽しみにしております(ぺこり)

明日の京都の予報は、雨になっていましたね。
どこかの国では、雨が降ると
「雨が降って良い天気ですね」
と挨拶するそうです。
農業が主要産業の国だそうです。
雨っていうと、どうしてもイヤやなぁ~うっとうしいなぁ~
ってマイナスの方にとらえてしまいますが、
こんな風に挨拶できるって
素敵だな~
そして、自分が思っているとことが全て正しいわけではなく様々な価値観があるんやな~って
思います。

全然違う話をしてすみません(>_<)

2011/10/20 (Thu) 20:40 | キノコ #- | URL | 編集
会議にて

ブログへのコメントとしては、ズレてしまいますが、
『神主ライフ』を拝読していて、すごく心に響いたことがあり、今朝の職員朝礼で少し拝借しました!第2章の『神様の狸が植わってる』というあたり、将来を担う子どもたちを、預かる私たちは、日々そのことを意識するべきなんだと思います。コンビニのゴミ箱に乳児が捨てられたニュースを聞き、どうすればこんな寂しい心の人間をなくせるのかを、もっと考えなければいけないんだと言うことと関連づけて御本を参考にさせて頂きました。改めて、素晴らしい言葉を授けて頂きありがとうございます。

2011/10/21 (Fri) 16:23 | 見古都 #- | URL | 編集
キノコさま

日本っていいなぁ~、と思ってもらえたならそれはすごくうれしいことです。
そもそもブログにしても本にしても、神社って、日本って、なんだかいいなぁ~と感じてもらいたいというのがそもそもですから。

そういう挨拶もいいですね。
ものごとって、ついつい自分の思っていることが正しい、それしか存在しないと思いがちですが、いろんな側面があって、それら全て間違いじゃないんですよね。

2011/10/23 (Sun) 15:07 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
見古都さま

ありがとうございます。しっかり読んでいただいているということですね。
そういうきっかけになってもらえれば私にとってもこのうえない喜びです。

2011/10/23 (Sun) 15:09 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する