先日のお祭り

前回の記事でかいたように10月9日、10日と私がいつもお世話になっている神社の秋祭りのお手伝にいってきました。
10日は神幸祭(しんこうさい)がありました。神幸祭とは神様が神社から出張してくださるお祭りです。氏子地域をみにきてくださり
「みんな元気にやっとるかぁ」
とご利益を授けてくださいます。神様が地域を練り歩くためにのる乗り物が御神輿です。またそれとあわせて様々な行列がついて回ることもあります。時代劇なんかでも殿様が移動するときなんかもながい行列をつくりますね。それと同じような感じです。
お手伝いさせてもらった神幸祭でも御神輿の巡行と、神幸行列があります。


このお神輿、台座の寸法が四尺七寸(141センチ)、重量は1200キロあるそうです。このサイズ京都のお神輿のなかでも最大級の部類です。いろんなところのお神輿も拝見させてもらっていますが、たしかにかなりの大きさで迫力ある重厚なものでした。
111012KC3H0035.jpg
私は神幸列のほうの神主を担当させてもらいました。
行列は剣や楯、ご神宝それらをもって行列したり、お稚児さんが行列したり、専用の台に載せられている鉾を引いて行列したり、と氏子の人々が神様が地域をまわられることをよろこび、大勢の行列をなします。氏子のなかから大人から子供までたくさんの方々が集まっておられます。

行列には当然順番がきまっていますので、一番目にこれ、次ぎはこれ、と順番通りにならぶ必要があるわけですが、人数が多く行列がかなりの長さになるので、順番とおりにならぶだけでも結構大変なことなんですね、意外とこれ。

昨日の行列のときは子供の参加もかなり多く中学生が大勢いました。
さて行列を順番とおりに並ぶときのこと。列立て担当(行列を順番とおりに並べる係りの人)が行列の先頭から順に名前を読みあげます。基本的に氏子の人たちですから兄弟での参加などもあり同じ苗字の人も複数いるためフルネームでの点呼のようです。

・・・が、フリガナがないので名前を読み上げることができないという事態が発生していました。今どきの子供の名前は難しくて読めない。幼稚園や学校でも同じことが発生しているようですが、ここでもそれが・・・
とりあえずは、苗字だけで点呼されていましたけどね。



これは御神輿が帰ってきたときの写真です。
111012KC3H0041.jpg


氏子地域を練り歩き夕方、神社に戻ってきました。このあと御神輿に遷って頂いていた御御霊を御本殿にお遷しするお祭りを行います。これはその直前、御神輿が御本殿にむかっているところ。
いつもお祭りをご奉仕するときは写真など撮れません。もちろん祭典をするときの神主の格好

mune_U7F9113.jpg

この格好ですから、カメラも携帯電話ももっていませんから。
が、この日はじつはふところに携帯電話を持っていたので、近くから写真を撮ることができました。
なぜこの格好で携帯電話をふところに持っていたかというと、行列で地域を練り歩くわけで、神主もそれと一緒に動きますから神社には神主がしばらく不在となります。
しかしその間でもやっぱりなんやかんやとあります。緊急連絡が必要なことも多々あるんですね、やっぱり。(昔は携帯電話なんてなかったけどやってたんですがね)

この日も、私が行列と一緒に出発し、出先でお祭りをおこなう。そのお祭りの後片付けをして、神社に戻る。戻ってしばらくすると別の行列が帰ってくるので、その行列に参加した人たちのお祓いを私がおこなう。
そんな段取りだったのですが、本来私よりも遅くに戻ってくるはずの行列が私より先に帰ってきた、と後片付けをしているときに携帯に電話が・・・

「後片付けはおいておいて、すぐに神社へ戻ってきてください!」
とスクランブル帰還の要請でしたので、大急ぎで神社に戻ったり。
まぁいろいろありますが、お祭りでみなさん楽しんでおられたり、神様が地域を見て回ってくださるからと喜んでおられたりします。そんなことのお手伝いができるのですから私もとっても嬉しいものです。


「お祭りで元気に 元気があればなんでもできる」

ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


個性 | Home | ハードスケジュール

コメント

神主さんコメントありがとうございました。

実は私の現役の頃2年前まで仕出し屋を41年間営ん
でおりました。約40年間地元の氏神さんのお祭りや、

催し事があると注文を下さり、宮司さん 総代さん 役員さん
(ほとんど幼なじみ)には大変御愛顧を頂きました。

店を卒業する時は大変残念がられ思わず神様にも手を
合わせました。今月の15日は秋の大祭です。

役員さんに会うと「ホンマに困ってんねんでー」と 今も
言われます。やはり今もお祭りが気になります。

2011/10/12 (Wed) 23:56 | ぽぽ #- | URL | 編集

お祭りのお手伝い、お疲れさまでした。
もう京都は、秋のお祭り真っ最中なんですね。
子供の名前、最近の子は本当にフリガナが無いと
分からない名前が多いです。^_^;
本当は誰でも読める名前の方がお友達も出来やすいの
ですが、良い名前を付けようと懲りすぎの気もしますね。
忙しくても楽しみがあるお仕事、羨ましいです。(^^ゞ

懐かしい

お祭りのお手伝い、ご苦労様です。狩衣の裾を翻して奔走されてることと思います。懐に携帯ですか?便利な世の中になりましたね!私なども普段ピアノの上に携帯を置いてますが、個人で持つようになったのは、阪神淡路大震災からです。東京駅に行くと公衆電話を見かけないですものね!本当に便利な世の中ですが、携帯を持つのと同じようにマナーも携帯出来るように心がけています!そうそう、稚児行列懐かしいです!私も稚児行列に参加したんですよ!頭の冠と着物が重かったのを覚えてます!本当に日本のお祭りって良いですね!

2011/10/15 (Sat) 17:57 | 見古都 #- | URL | 編集

私の職場でも子供の名前が読めない事態は起こっています。
と言ってる私の名前も漢字で書くと読んでもらえないんですが(^_^;)

時代祭がもうすぐしたらありますが行きたくてもセミナーで行けない(>_<)

2011/10/17 (Mon) 01:23 | あきな #- | URL | 編集
ぽぽさま

うちの神社でも三年ほどまえに、いままで40年以上お世話になっていた仕出屋さんが店をしめられました。
祭りのとき、行事事のとき、いつもそこでお世話になっていたのでやめられたときは、困りました。
一緒です「困ってんねんでー」と
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします

2011/10/17 (Mon) 22:42 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
プリティ・カフェ・チューリップさま

えぇ、本当にフリガナなしでは読めない名前おおいです。
良い名前をつけようと凝りすぎること、あとは多分オリジナルのものにしたい、人と同じ名前がいやだ。ということなんでしょう。ただ、名前で個性を発揮するものではないと思うんですけどねぇ。
吉田兼好もかいているように。

2011/10/17 (Mon) 22:45 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
見古都さま

稚児行列に参加されたのですね。ちゃんと記憶に残っているのですね。そういうのは大切だと私は思います。
世の中が便利になればなるほど、それを使う人、恩恵を受ける人、人の側がマナーだったり、考えかた、心構えをしっかりしていないと、おかしくなってしまいますよね。人間が。
人間の機能って使わなければ退化しますし。体も頭も心も。

2011/10/17 (Mon) 22:47 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
あきなさま

そうですよね。そちらに職場だと子供さんの名前を読む機会おおいですね。
やっぱりよめませんか。
あら、ご自身の名前もそうですか。どんな字なんでしょうか。

2011/10/17 (Mon) 22:49 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する