思いつくとき

2007年の1月からブログをはじめて4年が経過し、まもなく5年。アップした記事の数は今回のものでなんと940にもなります。改めてみるとすごい数だなぁと我ながら驚きます。

最近はアクセス数も少し減ってきていますがそれでも1日150~250くらいの方は見てくださってますし、多かったときには1日300人以上の人が読んでくださっていました。有名ブログだと日に1万、5万というアクセスも当たり前にあるでしょうが、私のところですと日に200人読んで下さっていればたくさんの人に読んでもらっているなぁという感じです。
これだけ長く続けてこられているのも大勢の人が読んでくださって、またたまにコメントを書き込んでくださったり、とそういうのがあるからですね。

私の場合神社でのできごとや、自分の考えていることを書く、エッセーのような感じというスタイルが定着してきました。だから結構長文が多く、また書くことで今まで自分が漠然と考えていたことを整理することができます。その点をとても有益だと感じています。
Facebookやツイッターは短文投稿のコミニュケーションツールですから、それらとはちょっと形式が違うような気がするので、当面はこのままブログを書き続けようかなと思っています。
5年で940回更新しているわけですから結構な頻度です。単純に割り算すると2日に1回更新するペース。(すごいな・・・)
自分でみてもビックリしましたが、ブログを読まれた方もよく驚かれます。よくまぁそれだけの回数更新したなぁ、というかよくそれだけ書くことがあるなぁと。


ブロガーさんも書くネタがないというのはよく聞きますが、私はあまりそういうのはありませんでしたね。書くことがないなぁ、困ったなぁというのは。といっても毎日がスリリングで、特別なことが起きているわけではありません。むしろ変化は少ないのではないかと思います。

よく聞くはなしですがプロの方、連載をかかえている作家さんとか、アーティストといわれるような方、インスピレーションを得るのは、場所だったり時間だったり、それぞれ独自のものがあるらしいですね。
朝起きて布団の中でひらめくことが多い方もあれば、食事しているときにひらめくことが多いひともあるとか。だからそういう方は浮かんだアイデアを書き留めるために常にメモ帳をもっておられるそうですね。

私にもそういうのがあって、私の場合はそれが朝の境内を掃除しているときのことが多いようです。なぜ朝の掃除のときなのかはわかりませんが、まだ眠たい頭で、ぼぉ~っとしながらほうきで掃いていると、フッと浮かんでくることがあります。

先日は掃除をしながら思ったのは、散っている落ち葉に少し変化があらわれたなぁ。と。
枯れた葉がまじってきたのです。
夏でも葉っぱは落ちてきますが、それらはまだ青々している葉がなんらかの拍子に落ちてきた。そんな感じなんですが、ここ最近は枯れて茶色になった葉っぱが混じりだしたというわけです。

千年に一度ともいわれる大災害があったり、夏は電力が不足する緊急事態だといわれていたり、9月になっても35度をこえる猛暑日がつづいたり、そんなことがおこっていても季節はやっぱり進んでいるんだなぁ。
そんなことを思った落ち葉の色の違い。


日本復興「がんばろう日本 なにがおきても季節はめぐっている」

ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる

人見知り | Home | 敬う

コメント

お尋ね致します。

初めてコメント致します。日々のお勤めご苦労様です。私は、京都の某神社の崇敬会に属しています。いつもお世話頂いている神職の方に、もう少し親しくお話し出来たらなと思うのですが、お忙しいでしょうし、お声を掛けるのは迷惑なのではないかとも思い、いまだ挨拶程度で過ごしています。崇敬者と親しく話すのは神職の立場としてはいかがなものなのでしょうか?お教え頂ければ幸いに思います。

2011/09/22 (Thu) 00:44 | 見古都 #- | URL | 編集
思いつくとき

おはようございます。

ご無沙汰しております。
私は思いつくときと言えば、夜に布団に入ってからが圧倒的に多いです。
家内によると、独り言を言っているそうです(笑)唇だけがモニョモニョ動いているから、はじめは気持ち悪かったそうです(爆)
寝てる状態と起きてる状態のちょうど境目の精神状態に何か秘密があるのかもしれませんね。
ただ、メモ帳を持ち歩く習慣がないので、あんまり書き留めることはしてませんし、書き留めたところで上手く書けないことは火を見るより明らかなんですけどね、ぷぷぷ。

2011/09/23 (Fri) 09:13 | 花山 #- | URL | 編集
見古都さま

はじめまして。書き込みいただきありがとうございます。
神職は神様と参拝者、崇敬者の間をとりもつのが役割です。いくら忙しいといっても崇敬会に所属している方からお声をかけられて迷惑であるはずがありません。だって崇敬者と神様の間をとりもつのですから。
もちろん本当にどうしようもないくらい忙しいとき(例えば祭典の日だとか、正月のごったがえしているときだとか)はタイミングを考えて欲しいとは思うでしょうが、それ以外ですと親しく話されるのはよいのではないでしょうか。
と、私ならそう思います。

2011/09/24 (Sat) 21:03 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
花山さま

ご無沙汰です。再開されてから絶好調ですね。
あ、やっぱり寝ているときと起きているときの境目ですか。
寝ているときが潜在意識が表にでてきているということだから、その状態が消えてしまわないうちがよいのでしょうかねぇ。
しかし、唇だけがモニョモニョ動いているのですか・・たしかにはじめは怖いのでは(笑)

2011/09/24 (Sat) 21:06 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
神主様へ

わざわざ、お返事ありがとうございました。
まだまだ、若輩で勉強不足なこともありますので、神職の方より知恵を授けて頂けたらありがたいと思っております。タイミングを見て神職の方にお声を掛けさせて頂こうと思います。

2011/09/24 (Sat) 21:34 | 見古都 #- | URL | 編集
見古都さま

疑問などあるのであれば、その神職さんにお聞きになるとよいのではないでしょうかね。
タイミングさえみておけば大丈夫です(と私は思う)

2011/09/27 (Tue) 17:11 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する