太夫さん

先日のこと。
いつもうちの神社でお世話になっている出入りの会社社長さんが、
「いつもお世話になっているので感謝をこめて、一杯どうですか。ご招待させてください。」
とおっしゃってくださっていました。

いや、何かあるたびにいろいろやってもらって、ありがたくとても助かっています。こっちが逆に感謝の意をこめて接待しないといけないくらいなのに。申し訳ないなぁ・・・
と少し考えていたのですが、押しの強い社長さんで、
「宮司さんもたまにはええでしょう?」
「その日は何か予定はいっていますか?」
「その予定はどうしてもはずせませんか?」
「それならその予定が終わってからでどうですか?」

あれよあれよという間に、おさそい頂いたとおり飲みにいかせてもらうことに決まりました(笑)

で、それに昨日ご一緒させてもらいました。
この社長さんとそこそこ付き合いがあって、気心しれいているという部分があるからですが。
ご一緒させてもらったのが、太夫さんのお店。嶋原の司太夫(つかさたゆう)さんのお店でした。
司太夫さん

嶋原(しまばら)というのは京都の花街の名称。祇園甲部や祇園東、上七軒、宮川町、先斗町、これらに嶋原があり昔は六花街といわれたそうですが、現在では嶋原は衰退していて花街とはいえず、京の花街といえば五花街と今はよくいわれます。

花街ときくと舞妓さん芸妓を思い浮かべますが、太夫さんというと最上級の芸妓さん、みたいなもんでしょうか。私そういうのにあまり詳しくないので分からないんですが、そんな感じなんでしょう(多分)。
そのとき聞いたおはなしでは、現在日本には太夫は3人おられるそうです。

110912CIMG1815.jpg


これは振袖太夫さん。振り袖太夫とは、太夫の見習いだそうです。司太夫さんの、まぁなんというかお弟子さんのようなもんでしょうか。


京都にいながら私あまりそういうなの知らないので、いろいろ楽しくお話しさせてもらいました。

途中で社長の知り合いがお店にやってこられたり、私のよく知っている方がたまたまこられたりとサプライズもありました。
京都って狭いねぇと驚き、
悪いことはできないねぇと、お互い顔を見合わせて改めて実感(笑)

その方は「かみさんには内緒にしておいてくださいよ」とおっしゃってました(笑)
だから、その方のことを書くと面白くなるのですが、書くと誰なのかすぐバレてしまう(恐れがある)ので控えておきます・・・



日本復興「がんばろう日本 残そう伝統 太夫は今3人」

ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる



お客様は神様 | Home | 何のために存在する(ある)のか2

コメント

京都の舞妓さん芸妓さんで私が思い浮かぶのは、一松さんです
桂小五郎の恋人で

料亭で桂小五郎と差し向かいで飲んでる時に新撰組の出入りがあって、その時 座敷にあった 葛籠に桂小五郎を隠してその上に座って、近藤勇と対峙したと聞いてます。

その時の啖呵が格好良くて、身体を張って桂小五郎を守ったその肝の据わり方は同じ女として見習いたいなと思いましたよ!

2012/03/29 (Thu) 00:42 | 見古都 #- | URL | 編集

一松じゃなくて 幾松さんです

間違えましたm(_ _)m失礼しました

2012/03/29 (Thu) 18:19 | 見古都 #- | URL | 編集
見古都さま

幾松は人気ありますね。
当時の人は男性も女性も気概のある人が多かったのでしょうかね。
時代ってあると思います。

2012/03/30 (Fri) 22:38 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する