秘すれば花2

前回からの続きです先に前の記事を読んでいただくと意味がつながります。

神社、神道では「言挙げせず」として今まできています。言挙げせずとは、あえて言葉にして言わない。極端にいうとそういうことです。自分たちの教えを説くのは言葉で伝えるのが当たり前だと感じると思いますが、それを言葉にしてあえて言わない、そうしてきています。
そこに「秘すれば花、秘せずば花なるべからず」ということと何やら通じるものを感じます。もちろん同じ意味ではありませんが・・・

あえて言葉にして言わないということなのですから、神社神道には明確な経典というものがありません。経典というとすぐに思いつくところでは対立の構図が目立ちますがキリスト教における聖書や、イスラムにおけるコーランですね。また仏教にも膨大なお経があります。
神社にはそれがないので低級な宗教であるといわれることがあるのですが、私は明確に書き記したものがないことが素晴らしいと思います。また日本的だなとも思います。

抽象的な言い方になりますし、話しは少しそれてしまいますが、明確に表してあると表す対象「ソレ」ははっきりしますよね。これこれこういうことだ、と輪郭がはっきりします。
明確に表していないということは輪郭がはっきりしているわけでないので、「ソレ」はいろいろなものに形を変えることができます。大きさも形も変化させることができます。
はっきりと言葉にして明らかにした時点でそれは有限のものになるのに対して、明らかになっていないものはそこに限界はなく無限の広がりが存在します。
また明確に表されていない、輪郭がはっきりしていない、そうであれば形、輪郭に多少の差異があったとしても受け入れることができます。
日本的だなと思います。絶対的な正しい存在、基準がありそれに一致しないものは認めない、というのでなくその基準の境界がぼやけているから、多様な価値を認めることもできるし、共存することができる。
この世の中には膨大な力、エネルギーが満ちています。宇宙が存在するために、生き物が生きるためには、想像を絶するエネルギーが作用しています。たとえば生まれたての赤ちゃんは50センチくらいで重さは3kgくらいですが、それが180センチだの、70kgだのになるエネルギーってすさまじいですよね。そんなエネルギーが地球上だけで一体どれくらいあるのやら・・・まして宇宙となると・・・

私たちは、ものが存在するための力、成長するためのエネルギーそのものを神様の力ととらえます。この世の中すべてのものには神の力が宿り、それらを八百万の神とよぶ。
その力は無限です。もしその力が目に見えたなら、それは見えるだけの大きさであり有限ですが、目に見えないからこそそれは無限大です。


「神様の力」という言い方をすると拒否反応を示す人も多いのは事実なので別の言い方をしてみます。仮に「ミエナイチカラ」としてみましょうか。
確かB’zの歌にもそういう曲があったような気がします。B’zといえば松本氏はグラミー賞を受賞してますから日本を代表する歌手?ギタリスト?といえますしね。これなら拒否反応も少ないのではないかと思うので。

で、その「ミエナイチカラ」は目に見えないのですから、そのままではどうすることもできません。見ることも、さわることも。力ってエネルギーですから、それそのものでどうこするものではないですよね。火力によって発生する熱エネルギーによってモーターをまわして発電したり、あるいは発生した電気エネルギーを蓄電池に貯めておくとか。
そういう具合にエネルギーはそれそのものでなく、何かを通して発生したり、利用したり、貯蓄したりします。

それと同じように「ミエナイチカラ」もその力は見えないのですから、それを見えるもの、さわれるもの等を通さなければいけません。力を受信するための受信機が必要なんですね。
では何を通すのか。もちろんそれは自分自身でしょう。
「ミエナイチカラ」を私たちがいまいる次元の世界にもってくるためには、その力を受け取る側が、自分の脳や、目や鼻などの器官、心や感性を通して実体化させるものです。

さてここで、「ミエナイチカラ」の概要、輪郭がはっきりしていれば、その規格にあった受信機を用意すればとても受信しやすいですが、逆にいうとその規格にあった受信機でなければ力を受信できないってことになってしまいます。
また、はっきりと言葉にされている場合、その力は言葉を発した人の受信機を一度通したものとなり、その時点で有限のものとなる。仮にその言葉を発した人以上に感度のよい受信機を持った人がいたとしても、その有限以上のものは受信できなくなる。
そんなふうにも思えたりします

つづく・・・



日本復興「がんばろう日本」


ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


秘すれば花3 | Home | 秘すれば花

コメント

すみません。
B’zに反応してしまいました(笑)
ちなみに、松本さんは歌手ではなくギタリストです!!

ミエナイチカラで誰もが強く繋がっている
何も大したことじゃないよ
そばにいても離れていても

っていう歌詞が印象的な名曲です♪


また、ちゃんとコメントします。

続きを首をながーーーーーーーーー(以下、京都銀行のように続く)くしてお待ちしております。

2011/08/17 (Wed) 10:59 | キノコ #- | URL | 編集
あ~

本当だ?そう言えば布教ってしないのですね~
わざわざ布教せずとも、自然とそこにあるものだからですね。
「言挙げせず」と聞いて、言葉にしてしまうと、
そのものとは少し違ってしまう、
と想像しました。
「有限」とあったので、当たらずとも遠からずでしょうか。

2011/08/18 (Thu) 07:20 | ぽお #zWOVatjo | URL | 編集

ちょうど、見えぬ力の受信・送信を考察している今日このごろでした。個人的には、「ヒビキ」「ナリ」(この表現しか思い付きません。すみません)というところとエネルギーとを注目しています。記事の続きを楽しみに待ちます。猛暑もそろそろ終わりそうな気配、神主さまも、ご自愛くださいね。

2011/08/19 (Fri) 22:12 | ぐんじ #- | URL | 編集
キノコさま

そうですね、ギタリストでした。グラミー賞も歌のない部門、インストルメンタルでしたね。
B'zに反応されたということはファンなんですね。
もうずいぶん長いですね。私の学生のころからすでに大活躍でした。

京都銀行のCMは全国で見られるのですね。京都銀行だからCMも京都だけかと思ってました。

2011/08/20 (Sat) 21:46 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ぽおさま

わざわざ布教しないというか、なんなんでしょうね。そんのも「秘すれば花3」で書いている予定です。
おっしゃっている、言葉にしてしまうとそのものとは少し違ってしまう、これはその通りだと思います。当たらずとも遠からずところか、私のいいたいこと、ソレです。

2011/08/20 (Sat) 21:49 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ぐんじさま

タイムリーな記事だったんですね。
しかし多分、ぐんじさまの考察されているものとは少し違う方向に話しが進んでいきそうな気がします。そうなった場合はすみませんです。
暑さは一応落ち着いたような感じですねここ数日。昨日、夜に秋の虫もなきだしました。

2011/08/20 (Sat) 21:51 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

京都銀行のCMは大阪でも流れています。
私は、大阪府民です♪
奈良でも兵庫でも流れているそうなので、きっと関西では流れているのだと思います☆
ABCテレビで放送の高校野球で、ずっと京都銀行のCMが流れていました。
しょうもないんですけど、好きなんです・・・

2011/08/22 (Mon) 08:34 | キノコ #- | URL | 編集
キノコさま

おや、そうなんですか。
京都銀行だから京都だけなのかと思いました。
わたしは京都放送のラジオで知っているだけでした。なが~~いおつきあい。

2011/08/26 (Fri) 20:03 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する