エネルギー3

前回からのつづきです。先に前回の記事を読んでもらうことをおすすめします。

150年前から比べると、人間が使える時間は3倍以上になっているのではないかと思います。
使える時間が3倍以上になっているとすると、昔の人にくらべて3倍のことができるわけです。さきに書いた「楽しみ」の時間も、種類も昔の人とは比べようもないくらい多いと思います。
じゃぁ、昔の人と比べて、現代人は3倍、幸せか?

そういわれると自信はありません。
現代日本では自殺でなくなる人は年間3万人以上で、死因では6番目に多いものです。300年前の日本ではどうだったのかは私は正確なことは知りませんが、これほど多くはなかったと思います。


交通機関が発達して、移動時間が桁違いに短縮され、行動範囲が桁違いに増えた。
電気がありますから夜も昼と同じように明るくでい、真夜中でも活動することができるようになった。

機械をつかったり、技術が発達していて、300年前の人たちが3日かけてやっていたことが現代ではもしかすると1時間でおわることもあるでしょう。物事がものすごく効率よくなっていますから、なんていうか時間の流れ方も3倍になっているような気がします。
しかし人間の体、能力が3倍になっているかというとそうではありません。やっぱり眠らないと体は維持できませんし、精神を休めて休息しないとやはり異常があらわれます。
全てのことが効率よくおこなえるようになって、使える時間もものすごく増えた。できること、行ける場所、選択肢は数限りなくあります。でも絶対すべてのことをやりつくすことなんてできません。
旅行とよくにている気がします。限られた時間のなかで欲張ってアレも見たい、ここも行きたい、と行き先を詰め込みすぎた結果、バタバタと慌しく「行って、はいすぐ次」となってしまい、結局どこも楽しめなかった。というそれと。


私は現代社会がそれとものすごく似ている気がしています。海外旅行に行きたい、高級住宅に住みたい、いい車にのりたい、仕事をバリバリこなしたい、スポーツをしたい、テレビをみたい、ゲームをしたい、子どもをいい学校にいれたい、友人と飲みにいきたい、友達がたくさんほしい・・・etc やりたいことがたくさんありますし、やりたいことでもあり、やらなければいけない事にもなっています。

現代社会で生きる私たちの過ごす時間、人生の密度はどれほど濃いでしょうか。300年前の人たちとくらべてどちらが内容の濃い時間を過ごしているか、幸せだと感じているか。死亡原因の上位に自殺がくるのはなぜか。
あれもしたい、これもしたい、
アレもしなければいけない、コレもしなければいけない


人間が幸せを感じるための一つの要素として、「ないことを知っている」という事があります。この前の大震災後、日本中で電力が不足して、計画停電などもありました。当たり前のように思っていた電気が使えることがこれほどありがたいことだとは・・・と電気を使えなくなって初めて知った、とは多くの人がおっしゃっています。

逆に不幸だと感じる原因の一つとして、「自分にはない」と思うことがあります。あの人はカラーテレビを持っているが、自分はもっていない。とか、あの人には素敵な恋人がいる。あの人はたくさんお金をもっている。
でもそもそもカラーテレビというものを知らなければ別に不幸だとは思わないのでしょう。多分。


人間の幸せというものは、豊かな暮らしとはイコールではないということですね。きれいな家に住み、おいしい食事をとって、夏は涼しく、冬は暖かい、自動でドアが開いたり、車がたくさんあったり。
これらは「無いとき」から手に入れたときには幸せだと感じるのだと思いますが、それが慣れると当たり前となる。当たり前となると、今度それがなくなったとき、自分になければ不幸だと感じる。

でも、300年前とくらべて現代は3倍時間が使えるようになり、できること、行ける場所、楽しめることが飛躍的に増えているけれど、それと幸せが比例していないのはなぜか。
ここ100年間の社会のスタイルを続けていては幸せではないということなんだと思います。

人の幸せとは物質的なものでは得られない、幸せとはもっと根源的なものから得られるのだと思うのです私。


あと1回だけつづく・・



日本復興「がんばろう日本」


ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる

エネルギー4 | Home | エネルギー2

コメント

これまで無自覚に、原子力は必要!
だってクリーンエネルギーだし、、
なーんて思ってました。
そして、
反原発運動に勤しむかたを
左巻きの方と思い込み冷めた目で見ておりました。

今は、神主様のお考えに全面的に賛成です。

原子力は安全、必要と洗脳されていた気分。

Twitterで、この夏の節電キャンペーンは
電力会社が、原発が無いとたいへんなことになると
知らしめるために始めたと言うようなことを読みました。
しかし我々は総意で節電ノルマを
こなそうとしているので
電力会社は慌てていると。
丁寧に
ワタシたちの暮らしは溢れる電気で
豊かになりましたが
便利で有り余った時間は、我々の心を
空虚にしているようにすら感じます。

有り余った時間は、なぜか更なる
いそがしさを招いてる気も。

急速に浸透した行きすぎた個人主義で人のことより自分のことや
自分の限られた身内のことしか
考えられない人が増えた。

各種モンスターの出現!

全部が電力のせいじゃないけど
現代は大切なことを置き去りにしてると思います。

長々失礼しました。
つづきを楽しみにしてます( ´ ▽ ` )ノ

2011/08/04 (Thu) 20:57 | りんだ #- | URL | 編集
りんださま


あまり深く考えてこなかったんだと思います。
でも、あの大震災を考えるきっかけにしないといけないと思います。この世の中はやっぱりそういうつながりというななんというか、あるんだと思います。そろそろホントに危険だというサインなんですよきっと。
置き去りにされてきた大切なものを思い出すきっかけにしないと。

時代や、国、立場、これらが変ってもかわることのない普遍的なものに基づいて生きるようにしないと。
っていうきっかけになればなぁ、またそうできるように発信したいなと・・

2011/08/08 (Mon) 20:54 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
思わず書き込みました(^w^)

ブログを読み進めさせていただいてます。このブログの作成日、実は私の誕生日、ですので思わず書き込みしたくなりました。私の教え子たちも、みんな豊かな時代の平成生まれです。偏食が多いのも事実です。食べ物も色んな選択肢があるのだから仕方ないのかもしれません。でも今回の災害で(南紀勝浦も含め)食べたくても食べられない、選ぶことも出来ないと言う現実がいつあるかわからないということを少なからず子供達は勿論その保護者も学んだはずです。本当に人間に取って必要なものの取捨選択をする時でもあるのかもしれないですね!

2011/10/07 (Fri) 20:56 | 見古都 #- | URL | 編集
見古都さま

お誕生日でしたか。それはおめでとうございました。といってもずいぶん前のはなしになってしまいますが。
そこにあることが当たり前となってしまうと人はそれに対する感謝を忘れてしまいがちですしね。
それらは絶対にわすれてはいけないことであると思います。

2011/10/09 (Sun) 22:58 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する