人って一体

人って一体なんだろう。と思うことがありました。
「人という字はぁ~、/と\が支えあっているんですぅ~」とは金八先生の名言ですが、そうじゃなくって、私という存在は一体なんだろうと。

というのは先日、臓器移植のニュースをみたのがきっかけです。10歳の脳死の子供から、移植を待つ重病患者さん達へ臓器を移植したというそれです。移植を受けた方々はそれにより命が助かったわけですからうれしいことだと思います。

それから別のニュースでは、体のあらゆる組織や臓器になるとされる「ES細胞」から目の網膜組織を作り出すことに、神戸の理化学研究所の研究グループが成功したとありました。「数年後にはヒトのES細胞を使った実験につなげたい」と話しています。これって人間の臓器を作れるようになるかもしれないってことですよね。

臓器移植については様々な問題点が指摘されていますし、ES細胞についてもクローン人間につながる、ということでいろいろ議論があります。
私はそれらについて今どうこう書くわけではありません。それとは別に以前から思っていたことがあったので書いてみようかと思います。
私にはこれらに関する専門知識がないので、今回の記事は思っていることをただ書くだけの完全にひとりごとです。



いきなり極端な話しをするならば、もし私が身体のすべての臓器などを交換したとしたら。提供された臓器や、万能細胞から作り出された臓器を移植して身体中のすべての臓器を交換したとしたら。
移植前の私と、移植後の私では中身は入れ替わっているわけですが、それは私なのでしょうか。
以前は私だったけど別の人になったのでしょうか。
もし身体の中身が入れ替わったとしても、脳が残っていれば記憶も残っているし、それは自分だと認識できるのかもしれません。
では、別の身体に私の脳を移植したらどうなるのでしょうか。脳に今までの私の記憶が残っていればその身体と脳でそれが私だと認識するのでしょう多分。
(もちろん実際に移植は拒否反応などがあるのでしょうが、それらは今はおいておきます)

そうやって考えてみると「私」という存在は、今までの記憶と言い換えることができそうです。だって体が変わっても、脳が、記憶が残っていればそれが自分だと認識するのならば。


現代の科学技術では、脳で考えたことをコンピューターで読み取ることが既にできるようです。以前NHKのニュースでやっていました。
頭の中でリンゴを思い浮かべると、脳には電気信号が流れています。その電気信号を読み取って、コンピューターで再度映像に処理しなおしてやるとモニターにはリンゴが現れる。
あるいは頭で文章を思い描く「今日はいい天気だ」と考えるとそれも同様に、電気信号が流れているので、それを読み取って変換するとモニターには「今日はいい天気だ」と表示されます。

ということは・・・
それがもう少し進んで、脳にある記憶をコンピューターで読み取って、取り出すことができて、それをコンピューターで保存すれば、そのコンピューターが「私」になるのでしょうか・・・
なんだかSF映画みたいですが

明日へつづく・・・



日本復興「がんばろう 日本」


ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


続)人って一体 | Home | 名前いろいろ

コメント

ウンウン

ウンウン同じ様な事考えた事があります!
ご無沙汰してしまってすみませんでした。
ポンコツ車をレストアするみたいに自分の体のパーツをES細胞で複製して悪い部分を交換するって時代が来るのでしょうか?
神の領域に踏み込んだ行為だとか賛否両論がありましょうが
死の病になれば藁を縋る気持ちにも誰しもなると思いますし、この技術が倫理的に正しく使われ富める者も貧しい者も公平に使われるか懸念します。
ただ、人が人を造るのは、少し怖い気もしますが…
人間のおごりにならない様に気を付けなければなりませんね。

2011/04/26 (Tue) 23:51 | コテツ #- | URL | 編集
ウーン........(-_-)

ウッ!!なんというタイミング! 家路に向かい運転しながら、ちょうど今、似たような事を考えながら帰宅してきたところです。
 実は、私もかなり以前から『命』という事に対していろいろと考えたり想いというものがありまして.....そろそろまた、自分だけの素直な考えや想いを記録に残しておこう!!とブログを開いたところです。(と、いっても、シークレット投稿にしていますが....)
うまくいい表せませんが、確かに医学や科学の進歩により、今までなら救えなかった命も救えるようになったり、国や場合によっては、逆の事もなされますよね。 それはそれで、良い事でもあるのでしょうが。でも、それが本当に正しい事なの??と問われた時....果たしてどうなんだろう?? 本来の寿命・運命....いろいろな面から考えた時....。
医療に携わる人達の中には、少なからず、それらに対し矛盾を感じつつも命に対し向き合っている人達もいます。ある意味、自然に逆らった行為になりはしないか?医学や化学はどこまで踏み切って良いものなのか? 『命』『神』への冒涜となってしまうのではないか? 家族の想いは?患者さん本人の想いは?......様々な疑問も湧いてきてしまいます。 あくまで私個人の身勝手な感想です。

2011/04/27 (Wed) 20:35 | ピサちゃま♪ #- | URL | 編集
コテツさま

自分の体のパーツを複製して、悪い部分を交換していくと・・・という考えを進めていくと体の部品を機械にしていって悪くなったら部品交換して・・・となっていくのか?なんて思ってしまいます。
まさにそこだとおもます。人のおごりにならないように。
科学万能だと思ってはいけないです。

2011/05/02 (Mon) 19:12 | 神主 #- | URL | 編集
ピサちゃま♪

医療関係の仕事に従事されているかたはそういうことを思うのも多いと思います。より身近に感じられるわけですからね。いい面も、悩ましい面も。
これも先ほどかきましたが、人のおごりにならないようにだけはしないといけないと思ってます。
私も同じように感じています。

2011/05/02 (Mon) 19:14 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する