神社界でも

前回の記事は4月3日に書いていますが「四月(エイプリル)の愚か者(フール)」というタイトルからもわかる(?)ようにウソです。N○Kさんに「龍馬伝ねん」なんていう企画ありませんのであしからず。4月3日に書いてしまったからウソ具合がわかりにくかったですね。すみません。
でもポスターは本物なんです。とある旅行会社さんのツアーでうちの神社もコースに入っているので、そんな関係でつくられたツアー用チラシです。


さて、4月に入りようやく少しは暖かくなってきて、春らしくなってきました。
全国の神社でも春の祭りが始まっています。当社の春祭りは5月の第二日曜日ですので、今年は5月8日、あと1ヶ月ほどあります。しかし私は自社(武信稲荷神社)以外でもいろいろな神社の祭典を奉仕しますし、他にも京都中のいろいろな神社の祭典のお手伝いもさせてもらいますから、しばらくお祭りづくしです。


以前、東日本大震災に関連して世間ではなんでもかんでも自粛というムードがあるという記事をこのブログで書きました。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-878.html

そのときにも書きましたが、個人が身内が亡くなったとき喪に服するように、日本という国が喪に服しているのだ。個人の場合も身内の誰が亡くなったのかによって喪に服する期間は違い、実の親が最長で50日、祖父や従兄弟など自分との関係によって10日や3日など期間は決まっています。
大震災から3週間が過ぎた今、直接の被害にあっていない人々は忌明けとなり、日常にもどっていかなければいけないと。

そのような状況下で春となり、全国の神社で春祭りの時期がやってきました。祭りというと賑やかなもの、お祭り騒ぎという言葉もありますが、楽しい、わいわいするものというイメージがあります。だから自粛しないといけないのではないか、という声もあがるようです。
少し祭りについて説明をしてみますと、祭りというのは祭り本体部分、祭典・神事とそれ以外から成り立ちます。それ以外とは言葉は悪いですが、イメージしやすいようにいうとオプションですね。
祭典は神主が祝詞を奏上したり、神へ供え物をしたりする部分。
神事は火を焚き上げたり、湯たて神楽などがあります。
それ以外の部分では神賑(かみにぎわい)があります。

祭典は厳かで厳粛におこなわれるのに対して、賑わいという字のごとく賑やかに、楽しくやる部分です。神主や巫女以外の奉納もよくあります。舞妓さんによる舞の奉納、獅子舞、餅をまいたり、奉納相撲、仮装行列、花火があがったり様々です。

実際に全国で「こんなときだが祭りはやるのか?」と問い合わせがたくさんあった神社もあるようです。「祭典」を中止することはありませんが、一部この神賑を中止された神社もあるようです。
祭りに参加する方の気持ち、被災者を思う気持ち、それらによるものなので中止ももちろん悪いことではありません。が、今こそしっかり行うべきが私の考えです。また大半の神主も同意見のようでしたが、神社の祭りに神社・神主の意見だけではうごけない行事があることもありますしね。


ちょうどうちの神社の春祭りの案内に添えた文があったので載せてみます


去る3月11日に東北関東地方で発生した東日本大震災、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。世界最大規模の地震に津波が加わり千年に一度の大災害となり、また原子力発電所の事故が重なり、日本の国が危機に直面しています。
数え切れないほどの人命が失われ、数十万の人々が避難生活を余儀なくされている現状に、世間ではさまざまな催しを自粛するする動きが広がっていますが、神社における祭礼はこのようなときこそ盛大に行わなければならないと考えます。

神社で斉行される祭りとは、いわゆるイベントではなく、祭礼であり、神と人が空間や時間、意識を共有することで、神と人が一体となることで神の御加護、力を頂いて、私達の活力を高めることであります。
人は神から分かたれた存在ですから、神の力が盛になればそれにあわせて人の世界の活力もみなぎってまいります。それが日本の国の復興となります。
日本の国の危機にあたり我々国民ひとりひとりが元気、活力をもって生活し、国の復興を祈り祭典、神賑も例年通り執り行ないたいと存じます。

神社でも祈りによる精神面と、義捐金を募る等物資面の両面で少しでも力になりたいと考えます。何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。


当社の春祭りは5月8日です


日本復興「がんばろう 日本」


ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる

想定外2 | Home | 四月の愚か者

コメント

まさに!

私も僭越ながら、元々のお祭の趣旨からも、こんな時こそやっていただきたいと、中止の報に残念に思っておりました。

早く大相撲も奉納していただきたいです。
神賑と言うのですね。よい言葉を教わりました。

2011/04/07 (Thu) 07:43 | ぽお #zWOVatjo | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/08 (Fri) 17:37 | # | | 編集

ウチのブログにもコメいただいた様に
お祭りは、イベントじゃありませんからね~
我々氏子にとってお祭りは、年に一度の大切な日ですから!
氏神様に我々の住まう町内を見回っていただいて
日々の営みを報恩感謝を申し上げなければいけません。
それぞれの氏神様がご神威を崇めていただき、
神々が総力で国を御護りいただくためにも
お祭りは、自粛できません!
今迄以上に御奉仕したいと思います。

2011/04/08 (Fri) 19:41 | コテツ #- | URL | 編集
先日は、

こんばんは。


お祭りはイベントではありません。


今、被災地域の事を思い自粛ムードが漂っていますが、こういう時だからこそ明るく楽しく振る舞っていかなくてはいけません。


昼間の花見の自粛ということなどをせずに、被災地域の方々を思いやる気持ちは大事ではありますが、何も被害がない我々が暗くなってしまったら、経済的にも大損失に繋がります。


自粛、自粛という考えを改めてもっと楽しく明るく生きる、それにより被災地域の方々に勇気を与えることにもなります。

意見や考え方は、人それぞれですから、否定は出来ません。

2011/04/08 (Fri) 21:25 | 堀江知行 #a2H6GHBU | URL | 編集
ぽおさま

中止された神社でも、氏子さんはぜひやりたいのにと残念がっている方も大勢いるということも聞きます。
祭りの本来の意味もそうですし、神社の本来の意味も知ることは大切ですものね。

2011/04/09 (Sat) 17:56 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
Re: タイトルなし

相手のあることですからいろいろ難しいこともありますが、共に生きて、成長していきましょう
またよせていただきます

2011/04/09 (Sat) 17:57 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
コテツさま

中止された神社でも氏子さんの中にはやっぱり、ぜひやりたかったという声もとても多かったというのも聞きます。こういうことも経験していくと人々のなかにやっぱり日本では祭りが大事ということ意識することに繋がるのかな、というかそうなればいいな、というかそうなるようにしないといけないなと思う次第です。

2011/04/09 (Sat) 18:00 | 神主 #- | URL | 編集
堀江知行さま

自粛を求める声にもそれなりの理由があり、被災地、被災者を思う気持ちがあってのことですから、否定はしません。ただ私の意見としては・・・ということですね。
少なくとも神社の祭りは関連するものも含めてしっかりやらないとと思います。
私の祖父の頃、終戦のときも人が食べるものもなかなない時に、神饌をそろえるのはものすごく大変だったらしいですが、地域の方々がもちよったり、様々なルートで手に入れて斉行したようです。

2011/04/09 (Sat) 18:04 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する