うれしかったこと

昨日うれしかったことがありました。なにがうれしかったって説明するために、昨日の出来事を順番におはなしすることにします。

昨日の夕方に京都の若手神職の集まる神道青年会という会の、新年総会がありましたので、ちょっくら参加してきました。神道青年会というのは以前から何度かこのブログでも名前が登場していますが、文字通り神道にかかわりある青年の会です。
わかりやすくいうと青年神職の集まる会です。青年とは何歳までかというのはありますが、有名なサミュエル・ウルマンの青春の詩にもあるように

「青春の詩」
青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ
優れた創造力、たくましき意志、炎ゆる情熱、臆病を却ける勇猛心
安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ
年を重ねただけで人は老いない 理想を失う時に初めて老いがくる
歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ
人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる
人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる
希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる

というわけで、これを参考にするとまだ私も青春の真っ只中なので、青年神職といっても問題はないだろうと思われます。


さてそれで、その神道青年会の総会に参加したのですが、総会ですので会員が大勢集まっています。その場で、昨日は会う人会う人
「本、出されたんですね」
と声をかけてくださいました。

kannusilife.jpg


これのことです。「神主ライフ」
新聞でも大きく載ってましたね。本の内容はどんなのなんですか。出版のきっかけはなんだったんですか。もうホントに会う人会う人、次々と、同じ会話が繰り返されます。
あまりにも同じ会話ばかりだったので、最後のほうには、

相手「本の内容はどんなのなんですか?」
私「株でもうける10か条です」とか
「京都のうまいラーメン店の紹介です」とか答えておきました(笑)
一応最後にはほんとのことを言っていますけど


とにかく先日、京都新聞で大きく掲載してくださったのでそれを見た方。地元誌ですからやっぱりみておられます。
それから、新聞は見ていないけれど本屋さんでたまたま見つけたという方も数人おられました。みなさん結構本屋さん行かれてるんですね。
で、その中のお一人は本屋さんで1冊購入してくださったそうです。それから数日後にもう一度その本屋さんにリサーチしにいってくださったそうです。すると購入したときには数冊積んであったのが、残り1冊になっていた。だから結構売れているんじゃないですか?と。
これはうれしい情報でした。まずこれがうれしいひとつめ。


青年会の総会の後は懇親会がおこなわれます。会員の青年神職たち、元会員の先輩神職の皆様、神社に関係ある業者の皆様(たとえば、お守りの袋をつくっている会社や、結婚式の衣装の会社など)も参加されて、かなりの人数でのお席となります。
懇親会の席では、お食事もよばれて、お酒もたくさんいただいて、ほろほろ酔いで地下鉄で帰宅です。

夜、そこそこの時間ですから通勤、帰宅の時間でもありませんし、電車の中は人は少ないのでゆっくり座席に座れます。座ってふっと前をみると・・・
前に座っておられたのは女性の方。本を読んでおられます。
・・・・・この見覚えのある表紙は!
まさに「神主ライフ」ではありませんか。なんと私の本を読んでおられました。

これはものすごくうれしかったですね。生き別れになった兄弟と30年ぶりに再会したような、そんな感激です。
おもわずその方のところへ駆けよって、抱きしめたくなったのですが、相手の方は女性でしたので、お酒の入った私がいきなり抱きしめると、間違いなく迷惑防止条例にひっかかってつかまってしまいます。

そんなことになると、次の日の新聞に載ってしまいますし、そんなことになると次は「刑務所ライフ」を出版しなければいけなくなりますので、抱きしめたい衝動をぐっと抑えて、巣立っていくヒナ鳥を見守る親鳥のような、やさしい目でその方と、本を見守って、おきました。

思わぬところで見かけるとものすごくうれしいものですね。ありがとうございます。


ところでブログを読んでくださっている皆様で、本も読んでくださった方。
Amazonなどネットで購入された方は、購入されたところでレビューを書いてくださると、著者がものすごくよろこびます。って私のことですが。
私もあまりよくわかってないですが、レビューってようするに簡単な感想のことですよね。
ぜひレビュー書いてくださいませ。よろしくお願いします。


ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


おしらせ | Home | 簡素なお葬式3

コメント

長尾天満宮のO塚宮司さんが醍醐の大垣書店に行って 神主ライフ 探して来るって言ってましたよ~

2011/01/28 (Fri) 23:19 | コテツ #- | URL | 編集

わ~!(≧▽≦)電車でドキドキだったんですね!
お声をかけられれば、その女性の方もうれしかったかも…
でも声をかけないというのもすてきだと思います。
アマゾンでレビュー・・・書いちゃいました!
買うときにレビューがなくてとても迷ったので、
迷ってる方の参考になればと思い、勢いで…ずうずうしくすみません。
まだ一度しか読んでませんがまた読み返したいです。

2011/01/29 (Sat) 10:22 | ななころ #mQop/nM. | URL | 編集

ななころさんのレビューを読みました。
もちろん「参考になった」にクリックです。
とても素敵なレビューでしたね!
私もいつかああいうレビューが書けるようになりたいです。
我が家の状況が落ち着いたら是非「神主ライフ!」を購入し
レビューデビューを果たしたいと思います!!

神主さん、しばし(←いつになるやら…)お待ちを!!
 

2011/01/29 (Sat) 12:48 | きみこ #X10G4q5M | URL | 編集
はじめまして

初めてコメントさせていただきます。
何度かお邪魔しているんですが、コメントしたくてうずうずと・・・

「神主ライフ」、拝読しましたよ。
たまたま本屋さんで見かけて、ふと気になって手にとりました。
表紙裏に「神様って、そういうことだったんだ。」とキャッチコピーがありますが、まさにそんな感じ。ストンと心に入ってきました。

読んだ翌日から、通勤ルートをちょこっと変えて、
氏神様の神社にお参りしてから出かけることにしてみました。
毎朝の定番にすると、意外とちゃんと続けられるものなんですね。
目からウロコです。いつも三日坊主の私が・・・びっくり。
って、まだ一ヶ月弱ですが。

長々とすみません(^ ^;)
ブログの更新も、これからも楽しみにしています。

2011/01/29 (Sat) 14:28 | はるひ #UbCtKfmc | URL | 編集
コテツさま

長尾天満宮はおつとめ先の氏神様とおっしゃってましたね。長尾天満宮さんはうちの神社とおなじ包括団体所属なんです。
そういえば、下御霊の禰宜さんが先日、ブログのコテツさんが誰だかわかりましたとおっしゃっていました。お正月にあいさつしたと。

2011/01/31 (Mon) 21:36 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ななころさま

ずうずうしいなんてとんでもない。ありがとうございました。多分これが神主ライフ初レビューだと思います。
著者はナイスレビューに大変よろこんでおります。

電車の女性は・・・迷惑防止条例にひっかかからないように慎重に

2011/01/31 (Mon) 21:46 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
きみこさま

ナイスレビューです。闇鍋で紹介された記事をみて当ブログを知ってくださったとのことありがとうございます。
きみこさまのレビューもおまちしております。
その際は闇鍋テイストは必要ありませんので。わんげんなうとか言われても一般の方はわからないので・・・
念のため申し添えておきますm(_ _)m

2011/01/31 (Mon) 21:49 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
はるひさま

はじめまして。書き込みいただきありがとうございます。
そうやって言っていただけるとこちらもうれしいです。

実践してみてくださってますか。意外といけるでしょう?これが定着すると、徐々に新しいものが自然と見えてくるんですよ。

どうぞこれからも宣しくお願いいたします。

2011/01/31 (Mon) 21:51 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

O塚宮司さんとは、家族ぐるみのお付き合いさせていただいてますよ~

宮司のお母さんとウチの家内は、特に仲良しです~

2011/02/01 (Tue) 10:41 | コテツ #- | URL | 編集
コテツさま

そうなんですか。
宮司さんのお母さんと奥様がなかよしっていうことは本当に家族ぐるみなんですね。すばらしい。たぶんコテツさまの普段からのおこないのたまものなんでしょうね。

2011/02/02 (Wed) 21:38 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する