簡素なお葬式

先日新聞を読んでいて目にとまった記事のことです。
あ、最近ようやく新聞を読む時間がもてるように戻ってきました。年末から年始にかけてはバタバタバタバタバタバタパタとあわただしくしていましたから、新聞を読んでいる時間が一切なかったので、世間の話題からかなり遠ざかっていました。
だから、わたしの中の世間話題ではモーニング娘というアイドルが「LOVEマシーン」という歌をうたっています。
あとスマップというアイドルグループから森且行さんが脱退して、SMAPは6人から5人になりました。という話題。


さて、冒頭の先日目にとまった新聞記事のはなし。
簡素な葬儀をのぞむ人が6割を超えたと言う記事がありました。
あとは家族葬を希望する人も全体の2割いるということでした。一昔前の葬儀といえば家族、親族があつまって、友人知人、地域の人たちが集い故人を送るというものでしたが、それが大きく変わってきているというものでした。

最近問題になっていましたが、100歳をこえる高齢者が戸籍上どんどん出てきて、なかには150歳以上の人がいたり、そしてその中には所在がわからない人がたくさんいたり。
家族関係、地域の繋がりがうすく、ときには全くなくなったりしている現代を象徴するような変化だと指摘していました。
ちょうどこの記事を読む前日にわたしの近所でも同じことがあり、○○がいついつ亡くなりました。葬儀は家族葬ですませました、と回覧がまわってきていたので、タイムリーな記事でした。
近所の方が回覧を持ってきてくださったのですが、その方は最近のこういう傾向はどうなんだろうねぇ、ちょっとさびしいね。とおっしゃっていましたが、その方のご主人は「これいいなぁ、オレのときはこれでやろう」とおっしゃっていたとか。


お葬式というと現代の日本ではまずお寺、仏教が思い浮かぶでしょうし、お葬式はお坊さんがするものと思われてる方が多いのですが、もちろん神道での要するに神社の神主がおこなうお葬式もあります。過去に何度かブログで記事にもしています
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-781.html

神道でおこなうお葬式についてちょっとおはなしすると、人間は死んだら神になるといいます。神になるといっても神社でお祀りされているような神、というわけではありません。このあたりは「神主ライフ」の本でもわかりやすく書いてみましたのでよければご覧ください。とちょっと宣伝。

手短にはなすと人は神の子孫であるといわれています。自分の存在をさかのぼっていくと神様に行き着くからです。これは何も人間だけに限ったことでなく、魚も鳥も木も、そして石も山も海もおなじです。この世の全てのものは神と同じ性質をもっている。私たちはこれを八百万の神と表現します。

私たちは神の子孫であり、神と同じ性質を持っていますが、それぞれが肉体をもってこの世界で生きています。私はわたしの体をもって生きているし、AさんはAさんの体をもっている。
でも元々はすべて神様の子孫、神様から分かたれた存在です。
ちょっと空気でたとえてみます。

空気はありとあらゆるところにあります。
これは京都の空気、これは東京の空気というように境界があるわけでなく、あたり一面に満ちているものです。
空気をビニール袋にいれるとどうなるか。ビニール袋に入れた空気は、外の空気と同じものですが、ビニールという境界線に区切られて個体になっています。Aの袋にはいったもの、Bの袋にはいったもの。

いま人間が自分の肉体を持って生きているというのは、ビニール袋に入った空気みたいなものですね。死んだら多分これビニール袋の口があいて、外の空気と混じり合うのだと思います。

元々あったところにかえる。
人間が死んだら神になるというのもこういうことでしょう。


長くなったので明日へつづく・・・


ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


簡素なお葬式2 | Home | 神主つながり

コメント

そうですよね~
人が死んだら科学的に言えば肉体は、自然界に戻るんですもんね~ 今は、火葬にされますが、本来は、土に帰って微生物に分解されて、有機物となり例えば植物を育む大切な栄養素になり、又、それを食べて生きる生物を育みその肉体の一部になる、それが全ての生きとし生きるモノ育む神になる= 大宇宙の一部になると言う僕なりの理解です!
神様は、全てのモノの創造主であり食べ物は、当然!その他何でもモノを粗末にすると言う事は、自分たちの肉体を傷めている、又、祖先の肉体をも傷めているのと変わらないと思います。この全てのモノ=それが八百万の神々であるとも思います。この辺りの事、神主ライフにも書かれていましたよね~(少し宣伝のお手伝い)
飽食でモノがあふれている現代 その恩恵の上に感謝を忘れてアグラをかいていないか?神々の存在を忘れていないか?今一度考え直さないといけませんね~

2011/01/22 (Sat) 00:16 | コテツ #- | URL | 編集

「ビニール袋に入った空気」上手い表現だなと感心!
家族葬はまだいい方で、病院から火葬場へ直行する直葬なんてこともあるようですね。直葬だと故人が浮かばれないし、家族親族も癒されないんじゃないですかね。あまりにも寂しいですよね~。

2011/01/22 (Sat) 08:39 | あわた #- | URL | 編集
コテツさま

あいかわらず素晴らしい「僕なりの理解」をおもちですねぇ。
本当にそうです。飽食でモノがあふれている現代(とくに日本)、それが当たり前になってしまうと大変なことになります。そう遠くない将来、その大変な時代がくるようにも思いますが、そうなったら、あぁありがたいものだったんだなと、いやおうなしにわかりますけどね。そうなる前に気付きたいものです。
ちなみに全てのモノの創造主というニュアンスは八百万の神々と若干の距離があると思います。表現のしかただけのはなしで、コテツ様が八百万の神々をしっかりと感じておられるのはわかっております。

2011/01/24 (Mon) 18:43 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
あわたさま

ビニール袋に入った空気。神様をビニールに入った空気と一緒にするなんて!と怒られないかと心配でしたが(笑)よかったです。怒られずに。
本当にそうです。業者さんなどは直葬でも大丈夫と案内されていますが、本質を考えるとやっぱりそれではなぁと思ってしまいます。

2011/01/24 (Mon) 18:46 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

ちょっと遅くなりましたが、昨年の親寅のきりっとしたお顔に、
こころをきゅっとつかまれ、今年も卯親子のやさしいお顔に
こころ躍り、携帯の待受PCの背景画面にさせていただいてます。
できれば実物を授与していただきにうかがえたらよいのですが、
勝手にお写真をいただいてしまってすみません。お許しください。
それにしても、毎度、いいお顔です♪
お顔といえば、新聞記事のお写真、神主らしいお顔に映ってみえました。
どちらかというと神主らしくないちょっと前の写真と比べての感想です
けどね^_^
無縁社会というテーマがニュースでも取り上げられ、他人事ではないなと
思っていて、うちの母親も家族葬希望しており、じっくり反芻しながら、
拝読させてもらいます。
死を考えることは生きることを考えることにつながりますものね。
空気とビニール袋、イメージするのにとっても解り易いです!
すっごくいいです!

2011/01/28 (Fri) 20:48 | るる #- | URL | 編集
るるさま

お、せっかく写真にとって紹介しているんですから干支の写真でよろこんでもらえたならうれしいです。

写真、神主らしいですか?それなら眠たい顔しててもよしとしておきましょうか。というかどういうのが神主らしい顔かなのかは謎ですが。神主らしくない以前の顔はなんとなく分かる気がします。実際その当時はちゃんと神主でなかったですしね。
空気とビニール袋、好評ですね。ありがとうございます。

2011/01/29 (Sat) 23:21 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する