美人

先日、母親がテレビをみながらひとりごと。
そのときの場所は化粧?のためか、鏡のまえ。化粧水をつけ顔をパンパンと叩きながら。ボソっとひとこと。
テレビには女優さんが映っていたもよう。それをみてつぶやいた。

「神様はなんできれいな人と、そうでない人をつくるんだろう」


いや、きれいな人とそうでない人って。それは神様がつくっているんじゃないでしょ。
きれいだと思うのは人が勝手にそう思うわけですし、きれいでないと思うのは勝手に人がそう思っているだけで、きれい、きれいでないの基準は人だけのものですから。
私がみてきれいな人だなぁ・・・とデレ~と見とれてしまうような人でも、イヌやネコが見たら他の人間と同じじゃんてなもんでしょう。
なんてもちろんそんなことは母親にはツッコんではいませが。ひとりごとでしたから。
ちょうどその2、3日後に美人について新聞に書いてありました。それは体の美しさについてでしたが。美しいプロポーションとかいうようなあれです。
現代では女性の美しいプロポーションとしてよくいわれるのは、すらっとした体型ですね、ウェストはくびれて、胸は大きく、脚はすらっと、ミスユニバースなどに出場されるようなそんな感じでしょうか。

これは現代の美しいと感じられる体型ですが、時代や国によって美しいといわれるものは全然違うらしく、
胸がぺったんこでお腹がぽっこり、が美しい体型だった時代もあれば、すべてとにかくぺったんこが美しい時代もあれば、とにかく大きければ美しいといわれる時代もあったと書いてありました。
これは女性のはなしですが、男性は女性にくらべてあまりそういうのがないらしく、男性は時代によって美しい体型はあまり変わらないそうで、筋肉のつき方くらいだとありました。男性の体は女性にくらべて凹凸がすくないからだそうです。


歴史のうえで言われるのは世界三大美人、クレオパトラ、楊貴妃、小野小町。
「クレオパトラの鼻があと1センチ低ければ歴史は変わっていた」とはよくいわれますが、本当なのかどうかは知りませんが、歴史を変えるくらいの美人とはものすごいなぁ。

日本では小野小町が世界三大美人ですが、平安時代の方ですから、平安時代の美人といわれる方と、現代で美人と言われる方はまたちょっとちがうんでしょう。
平安時代の美人像は、色白の肌、小太りで、顔形はしもぶくれ気味の丸顔、あご先は丸く、細い眼、髪は長く、しなやかな髪の毛、胸は小さい、が美人の条件。らしいです。
昔の美人画で見かけるような感じなんでしょうか。

101008.jpg


まぁなんにしても、きれいな人、きれいでない人、これは神様がつくってるんじゃなくって、自分たちがつくってるんですよね。
母親のひとりごとにツッコんでみた、わたしのひとりごとでした。
で結局なにがいいたいのかよくわかりませんねm(_ _)m



ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる

ときのながれ | Home | 出張祭典

コメント

全く関係ないことばのようにおもえますが
考えていると『必然』
このことばが浮かんできました

どぉしてかそう“見えて”しまう そう“捉えて”しまう しかも人それぞれちがう・・・

すべては 仕組まれているんです・・

そのように捉えてしまうお母さんを 仕組んだのは 何なんでしょう

私は神主さまのお母さんは ヤッパリおもしろい方だ~ と文を読んで笑ったんですが(映像が浮かびまして)笑

これも 同じですね。考えると 笑


2010/10/10 (Sun) 18:47 | はんのき #- | URL | 編集

好まれる男性の体形はそれほど文化や時代や国によっては変わらないというのは、おそらく間違っているでしょう。正確なところはわからないというのが素直な反応ではないでしょうか。文献や絵画はその時代を多少は反映しているでしょうが、それだけでは実態はわからないものです。

歴史的には、女性が表立って「好み」を表現できたというのは少ないというのが実態でしょうし、どうも男性側あるいは男性の視線を意識したある種の作られたものに女性側も踊らされてきたのかもしれません。
でも、それで双方がある程度納得できて、各自精神的にもそのほかの面でも実害がなければ、私としては問題はないと思います。 Fashionは作られるのですが、それは悪い影響ばかりでもないですし、それがあると見た目の反応して精神も輝いて生産力も向上するということもあるでしょうから。(私は日本やインドを含めアジアの女性(男性にも)には生産力を書き立てられないタイプです。純イギリス仕様です。)

数十年前日本でも恰幅がいいと思われた体形の男性も、現在ではメタボです。それも医学的に根拠が希薄な見た目(腹囲)の体形から判断される、生活習慣病にかかりやすい人という素人判断つき。因みに、いいmetabolicとはメタボにはならないですから、日本人が使うメタボという使用方法は誤解を招きます。

平安時代の美人にそのまま現代の日本人があったら、あまりのニオイにひっくりかえったりして。

2010/10/12 (Tue) 12:42 | Peter #JyN/eAqk | URL | 編集
Peterさま


時代により好まれる男性の体形はあまり変わらない、というそれは私は専門でもなくまったく知識はありませんので、間違っているのか、正しいのかはさっぱりわかりません。新聞にかいてあったこと、それを読んで思ったことを書いただけですので。
たしかその新聞記事でも、男性の体つきについては女性の好みとかそういう意味でなく、男性の体は女性にくらべて凹凸が少ないので、筋肉のつきかたくらいしか変化するところがないというような物理的なはなしだったように思います。細かいところは忘れてしまいました(笑)

2010/10/13 (Wed) 20:27 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
はんのきさま

うちの母親は筋金入りですよ。ほんと。

こういうのは絶対的でなくって、相対的なんですよねぇ。

同じものを見ても人それぞれ違うように受け取る、言い方をかえれば人それぞれ違うものに見える、同じものであってもある人の世界のそれと、また別の人の世界では違う存在である。
でも絶対的なものも多分存在するのであって、それでそれは神と通じるものなんでしょう。

2010/10/13 (Wed) 21:35 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ええええええΣ(゜η゜;)

天は二物を与えずの「ブツ」には
容姿も含まれていると
当然のように思っていました(`艸´;)
神様は不公平だとブツブツ言い続けてきた
ワタシの立場はぁぁぁぁ?

ここは、神主様のお母様側の味方に付きたいと
思いますm(。-_-。)m

2010/10/13 (Wed) 21:40 | りんだ #- | URL | 編集

すごい金持ちとすごい美人の悩みは、なったものにしかわからないでしょう。そういう悩みを持つ人からは、神主さんのお母様の疑問を持つような人を理解できないでしょう。

そしてそういう美人になった元美人ではない人は、
そういう美人の悩みがわからないでしょうから、
元からの美人とはまた違う。

みなさんはそれぞれにそれぞれ美人です。

2010/10/13 (Wed) 22:00 | Peter #JyN/eAqk | URL | 編集
りんださま

あら、うちの母親の見方ですか。
では私もだれか見方をさがしてきますです。
ブツブツいうのはよいですよ。多分それでりんださんすっきりされているのでしょうから(笑)

2010/10/17 (Sun) 21:30 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
Peterさま

そうですね、悩みというのはその人にしかわからないものですからねぇ。
他のひとからすると、なんてことないことが当人には大問題であったり、他の人からするとうらやましいことでもその人にはコンプレックスだったり。
よく聞くはなしですが、あと鼻が1センチ高ければ、
目がもうすこし大きければ、
ひとそれぞれでしょうね。

2010/10/17 (Sun) 21:33 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

『美人』は 何がつくるのか。 神さまがつくったのでなく人がつくっている、という神主様のこの記事は“人がそのように捉える”という話しで不思議なことだと 私は思いました。なぜだかそうなのですから。
しかし、この話しよーく考えてみると、更に面白いのです。『美人』をつくっているのは 人ではないです。“言葉”でした。『美人』とは『美人』と言われるそのことであります。ここにものの見事に存在していますよね。『言葉の意味』は全ての人に共通してたった一つ です、
これ (言葉の意味)は動かないです。まさに台風の目。美人の捉え方は 確かに人によって全部違うでしょう、人によって見え方が異なるけれども それを『美人』と人が言う時、その“意味”は必ず全ての人に共通しています。美人という言葉、その意味は、あれこれの相対を超えた絶対です。だから 神主さんの言う『でも絶対的なものも多分存在するのであってそしてそれは神と通じるのでしょう』は 私は言葉の効能作用そのものだと思えましたね。多分、でなくて 目の前にここにあるでないですか。言葉の“意味”は。 この全宇宙が言葉なのですから。

2011/02/05 (Sat) 20:00 | はんのき #- | URL | 編集
はんのきさま

書き込みありがとうございます。
ひとつの記事に深く考えてくださっているのですね。ありがとうございます。
書かれた文も、人によって受け取りかた、読み取り方、が違うので、同じ本を読んでも読んだ人なりに無数にいろんなものができあがります。この記事についても広く考えを進めてもらって喜んでいることでしょう。

2011/02/05 (Sat) 21:20 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

記事が喜ぶ、でなくて
それを書いた 神主さん本人も 考えましょうよ 、てか 考えてください。神主さんの意見も聞きたいですね

2011/02/05 (Sat) 21:54 | はんのき #- | URL | 編集
はんのきさま

あ、すみません。おっしゃっていることがちょっと難しすぎてあまりわかりません。
読解力不足なんです。
この状態で意見するとかみ合わないのでそういう返事になったんです。

2011/02/08 (Tue) 21:43 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

分かりませんでしたか。う~ん…
言葉って 言葉がなかったら
何もないでしょう?

神主さんが言っている 人間がつくっている(そのように捉えてしまう)『美人』は 人それぞれ違うわけですから 相対的な美人です
でも『美人』という言葉 これは。 その言葉は その言葉以外のことを意味しないですよね? つまり『絶対』です。その言葉で言われるものは人によって時代や社会によってあれこれ違うけれど“意味”というのは絶対に全ての人に共通しています、 人と人が会話が出来るのは この共通性があるからですよね。
この “意味”は相対ではないです
絶対です
人は 沢山いるけれど みんな違うけれど
どうして この共通の“意味”を知っているのでしょう、 言葉がある ということです
『美人』という言葉がなければ『美人』はいないです
美人という
言葉があるから 美人が“ある” しかも 相対でない 絶対です
人が思い浮かべる美人はそれぞれ。神主さんの言ってる人がそのように捉える美人つまり相対的美人ですね
言葉は これがなければ 相対的美人さえ 言うこと出来ないでないですか

2011/02/13 (Sun) 19:15 | はんのき #- | URL | 編集
はんのきさま

度々の書き込みありがとうございます。
自分の考えていることを人に正しく伝えるのは難しいですからね。それを文字でとなるとさらに難しいと思います。私もブログや本を書いていますが、自分の考えていることがどれほど伝わるのだろうとよく書きながら思います。
おっしゃりたいことなんとなくわかる気もしますが、それに対して私がどう思うか、と意見を言えるほどは理解できませんでしたが、とりあえず・・・

「言葉ってすごいもので、不思議だなぁ」とおっしゃっているのはわかります。私もそう思います。
絶対、相対、そのあたりのはなし、言葉は大勢の人が共通のものとして認識できるというそれは、人の決めたルール、取り決めのはなしですね。
コンピューターのプログラムも同じですね。世界中にあるどのコンピュータ端末であっても例えば、
C:\>diskcopy a: a: と入力すればフロッピーディスクをコピーして複製を作成します。これプログラムの決まりごとルールが全てのコンピューターに組み込まれているからですね。

2011/02/14 (Mon) 22:32 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

度々書いてますが 仲尾さん返答ありがとうございます
あの 私 思ったのですが。言葉って 人が決めたルール 取り決めの話しなのですか?
人が決めたものなんでしょうか… ?
私が言ってるのは言葉の“意味”が 全ての人に共通して一つなのは ナゼで どうして それを人は知っているのか、ということです。 究極に謎ですよ 言葉の意味を決めたのは 誰?“意味”というのは目には見えません触れられません その“意味”をどうして“みんな”知っているのでしょか
意味を決めたのは誰か分からない、昔昔からそうらしい、

コンピューターにインプットするのは 人間でしょ

2011/02/14 (Mon) 23:30 | はんのき #- | URL | 編集
はんのきさま

コメント欄でやりとりするには、ちょっとこんがらかった話しになってしまいそうですね。言葉については私も不思議だなぁと思いますし、今回のコンピューターの件ともからめていずれ記事にしてみます。そのとき言葉の意味の部分も考えてみますのでちょっとおあずけにしましょう。

2011/02/17 (Thu) 18:55 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する