キメラ

数週間前の新聞でみた内容。そのとき思ったことですが、ずいぶん日が経ってからの記事になりました。今日は神主のひとりごとではなく、一個人のひとりごと。

東京大学の研究チームが、ips細胞(いろいろなものに変身することができる万能細胞)をつかった研究ですごいことができたと発表したらしい。
マウスの体内でラットのすい臓を作ることに成功したというもの。マウスとラットはどちらもネズミの一種でしょうが別の動物です。ゴリラとオラーウタンみたいなものでしょうか。これなにがすごいかというと、別の動物の体内で、異種の動物の細胞が変身して臓器になったこと。(らしい。私は専門家ないのでくわしいことは・・)
これを進めていって、将来的にはブタの体内でサルの臓器をつくりたい。そして人間にも応用できるようにしたいとのことでした。


なんだかすごい話しです。いろんな意味で。
ブタの体内でサルの臓器をつくるといことは、これブタとサルの細胞が混じり合った動物が出来ているということです。このように同一の個体に異なる遺伝子をもつ細胞をもつものを「キメラ」というらしい。

オバケというか、伝説上の動物にキメラは登場します。キメラという名前の由来ももともとはギリシャ神話に登場する「キマイラ」からきているそうです。キマイラはライオンの頭と山羊の胴体、蛇の尻尾を持つ

100913Chimera_di_Arezzo.jpg
日本でも鵺(ヌエ)がいます。
平家物語などに登場し、サルの顔、トラの体、尾はヘビ

100913Kuniyoshi_Taiba_(The_End).jpg


生物学的なキメラとはちょっとニュアンスが違いますが、それにしても異種の動物の細胞を体内にもつとうことは、キマイラやヌエが現実になっているんですよね。映画や小説に登場するライオンのキバ、ツメをもつ人間や、鳥のハネをもつ人間も延長線上にありますねこれ。
人間と動物のキメラ作りにつながるとして、動物の胚を人間の子宮に移植することはクローン技術規制法という法律で禁止されているそうですが、それにしても・・・


それから、マウスとラットについても、マウスはハツカネズミを実験用に改良した品種、ラットはドブネズミを改良して作られた実験用の動物らしい。
実験用の動物・・・

ブタの体内でサルの臓器をつくれるようにして、それを人間に応用できるようにしたい。これは人間に移植するための臓器をブタの体内で製造するわけで、たとえばブタの体内で人間の腎臓を育てて、ちゃんとした腎臓になった時点でブタの体内から取り出して人間に移植するということですね。

人間の臓器をつくるのはブタの体内なのかサルの体内なのかは知りませんが、少し前に日本のなんとか大臣が女性を産む機会と発言して大問題になっていましたが、これまさしくその扱いですね。人間の臓器を産む機械あつかい・・・

しかしこういうことのおかげで私たちは医療の恩恵を受けているわけですから、たいへんありがたいことです。
家畜として飼われているブタや牛は飼育場で管理され育てられて、ある程度大きくなると殺されて食肉となります。私たちが生きていられるのはこれらのいのちを食べる、いただいているからですから、たいへんありがたいことです。


私もいつの頃からでしょうか、ある程度大きくなってからだと思いますが、食事は絶対に残さないようになりました。食べるとそれは自分の体の中でエネルギーになっていきます。私の体が維持できているのはエネルギー(生命力)があるからで、その生命力は食べることで他の生命を取りこんでいるから。



ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


昨日はFC2は11位。人気ブログ19位。→ 今日の順位
神札 | Home | 横文字

コメント

「食」は「命」といいますもんね。生きる基本。忘れちゃいけない他の生命をいただいて成り立っていること。
豚と人では拒絶反応が起きにくいという話をきいたことあるような。アジアでの臓器売買なんて話もありますし。実験動物の供養をしているというのも聞いたことあるような。
いただく命をどういかすか。いのちを祖末にはできませんね。感謝と畏敬の念。
宮崎の口蹄疫問題や耐性菌のニュースなど。いのちをいただいているんだ。簡単なことではないんだ。驕ってはいけないな。と考えさせられました。

「iPS細胞」は医療革命をもたらすとして期待が高まっているようですね。
9/18(土)22:00~22:49放送のNHKスペシャル
「生命の未来を変えた男~山中伸弥・iPS細胞革命~見てみようと思います。

2010/09/16 (Thu) 13:06 | るる #- | URL | 編集

私も親戚に多発性嚢胞腎というものを患ってるものがいますので期待したい技術です
京都大学の長船研究室の成功を願います

2010/09/16 (Thu) 18:56 | 吉士 #- | URL | 編集
るるさま

絶対にわすれてはいけない部分だと思います。
食もいのち、実験動物もいのち。
もし技術が確立して、ブタの体内で人間の臓器ができたとしてその臓器をつくる畑のブタもいのち。

その番組は18日だから今日ですね

2010/09/18 (Sat) 18:08 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
吉士さま

そう、医学、技術の恩恵は私たちも大きくうけています。その私たちが頂いている恵みにたいして感謝することを忘れてはいけないんだと思います。

2010/09/18 (Sat) 18:10 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する