鳥祭り

今日の記事は鳥まつり。
本当は今日7月24日は京都では祇園祭、還幸祭です。だからその記事を書くべきなのでしょうが、違います。鳥祭りです。
祇園祭りといえば7月17日の山鋒巡行が有名ですが、同じく17日には神幸祭がおこなわれています。神幸祭は八坂神社の神様が神輿で氏子地域に出張してきてくださいます。で御旅所で24日まで留まられて、今日24日還幸祭で、神社へもどられます。
でも今日は祇園祭還幸祭ではなく、鳥祭りの記事です。

鳥祭りとタイトルにあれば、鳥越神社の祭り、鳥越祭りの鳥祭り?
大鳥神社の祭り、大鳥祭りの鳥祭り?と思われるはずですが、残念ながらそれもちがいます。

鋭い方はもうお気づきのとおり、前回の虫まつりと同様の、鳥祭りです。神事はなしの祭り。
というか、今回は祭りでもなんでもないのですが。


今日、夕方に境内に水まきをしようとしたところ、なんだか目ずらしものが視界にとびこんできました。
それがコレ。

100724CIMG1082.jpg

最初は一体なんだこの丸いかたまりは?と思ったのですが、よく見ると鳥のヒナでした。
なぜ地面にヒヨコが?と疑問でしたが、とりあえず珍しいので写真にとっておこうと思って、写真に撮っていると・・・
一枚シャッターを切るたびに一歩づつこちらに近づいてきます

100724CIMG1083.jpg

100724CIMG1085.jpg 

最後には私の足元までやってきました。
なんだなんだ?全く逃げる気配もない。というより逆にすりよってくるくらいの勢いでした。かわいいので思わず拾いあげそうになりましたが、ぐっとこらえました。
そこで拾いあげてしまうとそのヒナを何かしなければいけないので。飼育したり、処分したり、譲渡したり、とりあえず思いつく選択肢はこれくらいですが。
だからこのヒナは見なかったフリをすることにしました。

で改めてよく周囲を見てみると、親鳥とおもわれる鳥が2羽近くの木にいてこちらを心配そうに見ていました。

100724CIMG1089.jpg 100724CIMG1087.jpg

おそらく親に間違いない。巣から落ちたのでしょうかね。
こうなってしまうとヒナは巣に戻れないし、親はエサを運んでやることもできないし、どうしようもないのでしょうね。多分。

そんなことを思っているあいだにヒナが移動して神社の外の道路に出て行こうとしていましたので、「あぁ危ないなぁ」とヒナを捕まえて神社の中に戻してしまいまったのでした。
そのとき親鳥は威嚇しに私の頭のすぐ上まで飛んできました・・・が、どうすることもできず(私も親鳥も)。
親鳥はヒナを取り返したいし、私は親鳥に返したいのだが・・


それでその後
あぁ、やっちゃった・・・
ヒナを拾いあげてしまったとトホホ

おいておくと間違いなくネコかイタチに狩られます、またもう暗くなってきますからとりあえず社務所につれてはいって。

見ていると、よくヒナが親にエサをねだる、上むいて口をパクパクさせるアレをやってましたので、もしかしたら食べるかなと思ってエサをやってみたら・・・
ちゃんと食べました。

100724CIMG1091.jpg


ということで鳥のヒナの世話をすることになってしまいました。あぁ・・・( ̄_ ̄|||)
神主はそんなことするのが役目ではないだろうに・・


ところで、この鳥なんて鳥かご存知の方おられませんか?
鳥の名前がわかればちゃんとした世話の仕方も調べられるかなと思いまして・・


ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


昨日はFC2は10位。人気ブログ22位。→ 今日の順位
鳥祭り二日目 | Home | ロータリー

コメント

こんばんは。
多分、ヒヨドリ…?
都市部でも緑の多い所には
普通に生息してるみたいですから、
神社はもってこいな環境なんでしょうね。

ググってて気付きましたけど、
野鳥の保護って
鳥獣保護法の絡みもあって
意外と厄介なんですねぇ。
とりあえず、獣医さんに相談してみては。

2010/07/24 (Sat) 23:06 | 青嵐 #G.Tpg2uE | URL | 編集

ああ、かわいい。ヒヨドリかムクドリみたいですね。

前の家に住んでたとき、私も落ちてたヒナを保護したことがありますが、野鳥は一度人間が触ると、親はもう育てないらしいです。で、街の獣医さんも野鳥にはあんまり詳しくないので、野鳥の雛を保護したら動物園に持っていくといいです。
岡崎の動物園の北側に保護センターの入口があり、そこへ持っていくと巣立つまで面倒見てくれはります。
外の見えへんボール紙の箱かなんかに入れて行くといいですよ。
1ヵ月ぐらい後に、無事に巣立ちましたって、丁寧に葉書をくれはりました。

2010/07/25 (Sun) 00:12 | ぽん #- | URL | 編集

おはようございます。
パクパクされると慌ててエサを買いに走ってしまいますね。
実際、自然との接し方って意外とわかっていないというかわからなかったりします。自然を守るにも智慧や知識が必要なんですよね。
ヒナちゃん、がんばれ~

2010/07/25 (Sun) 09:00 | るる #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/07/25 (Sun) 18:44 | # | | 編集

多分、ヒヨドリに間違いないですね。むっちゃ、かわいい・・・
えらい拾いものをされて。でもほうっておけませんよね。 

昔、メジロを拾って岡崎の動物園に保護してもらいました。
カルガモを拾ったときと迷子の黒ラブを拾ったときはさすがに交番へ届けましたが・・・(^^;

で、餌も買って来はった?

2010/07/25 (Sun) 21:55 | 阿修羅王 #QmhNi1cU | URL | 編集
青嵐さま

ありがとうございます。ヒヨドリなんですね。
街中の街路樹なんかにも大量発生しているあの鳥かな。

> 鳥獣保護法の絡みもあって
そんなものがあるのですか。なんとなく名前から想像できますが、動物愛護法だとか、そんな法律がないといけないなんてなんとなく情けない感じです。
ところで、徳川綱吉の生類哀れみの令みたいなものかな・・?

2010/07/27 (Tue) 20:24 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ぽんさま

その、野鳥は人間が触ると親はもう育てない、というのは私も聞いたことがあったので、極力さわりたくなかったのです。
ただつい触ってしまいましたが、でも続編にも書いているように、一日エサをやっていたヒナを次の日に親鳥が迎えに来て、世話をしていましたから、ヒヨドリに関しては、人間がさわっても大丈夫なようです。

2010/07/27 (Tue) 20:26 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
るるさま

ものすごい大きな口をあけて、渾身の力をふりしぼって口を開けてのパクパクでしたから、無視できませんでした。本当のところ、親がいるなら、いくらヒナが道路に出て行って危ないなぁと思っても、私が介入しないほうがいいのはわかっているのですが、
やっちゃいました・・・

2010/07/27 (Tue) 20:30 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
Re: 鍵コメ

名前はまだないです。
しかし大吉ではないことは確かです(笑)
ヒナ鳥には試練が強すぎますから。

2010/07/27 (Tue) 20:35 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
阿修羅王さま

かわいいですよ。
写真に撮ろうとして、目があったら、チョコチョコと寄ってきたのですから、さらにかわいかったです。
カルガモを拾うって、ちょっと想像できませんが・・・

エサは買ってきました。ここ最近毎朝の境内の掃除のときに必ずミミズが死んでいるのを見つていましたので、それをやておこうかと思ったのですが、そのときさがしても見つかりませんでした。

2010/07/27 (Tue) 20:38 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

もう週末です!心なしか今週は一週間早かった気がします!(^_^)v
可愛い~懐かしい~
私 三羽鳥を飼ってます。
オカメインコとセキセイインコ二羽ともひなから餌をやって育てましたよ!三時間おきの餌やりも懐かしいです!

あの大きく口を開けて餌をせがむ姿って命のエネルギーを感じますね!

2012/01/20 (Fri) 17:40 | 見古都 #- | URL | 編集
見古都さま

3時間おきのえさやりとはかなり大変ですね。そういえばこのときも結構頻繁だったような・・・
大きく口をあけてエサをせがむあれはなんだか感じるものがあります。

2012/01/24 (Tue) 19:25 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する