記憶は遺伝するのか4

昨日からのつづきです。今日はじめて読む方は昨日の記事を先に読むと意味がつながります。

民族によって髪の色が黒かったり、金色だったり、瞳の色が黒かったりある程度遺伝的なものがありますが、それと似たようなものと考えられるのではないかと思います。
民族性とか国民性もこういうものの一種ともいえるのではないかなぁなんて思います。
これらはもちろん全ての人に当てはまるわけではないですし、育つ環境などで後から形成されることも多いので記憶と遺伝と同じように話すことはできませんが、それでも似たものだと思います。

実際にはみたことない風景であったとしても、なんとなく懐かしいなと思える景色。日本の原風景なんていわれるような風景は、理屈抜きで懐かしく感じるのではないかと思います。私も実際にはそういう風景を子供の頃に見て育ったわけではありません、私の子供の頃には私の住んでいるこのあたりはビルが多くある場所でした。でもやっぱり日本の原風景なんていわれる風景をみると懐かしく感じます。いや、ほっとしているのかな?
それから人間が自然に癒されるというのも理屈ではないと思います。山に入って緑にかこまれて落ち着くのも、波の音を聞いて落ち着くのも遠い記憶となにか関係があるのかもしれません。

デジャヴ(既視感)は実際には行ったこともない場所に初めて来たのにすでに来たことがある、知っていると感じること。初めてみるはずなのに、以前に見たことがあると感じること。こんなのももしかすると記憶が遺伝しているのかもしれませんね。
記憶するときには脳の神経回路に電気信号が流れるかららしいです。その電気信号が流れる回路が脳にあれば初めて見るものでも記憶にあるものとして再生するようです。好みだとか考え方が遺伝するのであれば脳の神経回路も同じものが形成されやすいのかもしれません。
いずれにしても記憶というものが映像や知識、経験などをそのままデータとして保存してそれを再生しているのではないのがポイントですね。記憶と記録の違いです。

記録は人間の特有のものです。紙などに文字として残したり、映像としてのこしたり、言葉でのこしたり。これらは形があります。言葉で残す場合には目みえる形ではありませんが音によって確認できます。できあがった一定の形のあるもの。記憶は形になる前のものだと思います。

記録は人間特有のものですが、記憶は生命全てのもつものです。本能なんていうものそうでしょうか。馬は生まれてすぐに誰に教わるわけでもなく立ち上がって歩きます。人間の赤ちゃんも教えられなくても泣いて、おっぱいを飲めます。赤ちゃんが生まれてすぐにおっぱいの飲み方がわかるのも命の記憶と言えそうです。というかそう言います。

私たちは生まれてきて、今いきています。もちろん自分の力でひとりで生まれてきたわけではありません。親やご先祖さまがいてそこから命を引き継いでいま自分がここに存在しています。
たぶん命を引き継いでいるっていうことは、生命としてうまれて今にいたるまでの太古からの記憶もいっしょに引き継いでいるんだと思います。記憶は記録とちがってそれそのものにはっきりとした形があるわけではありません。だから気づきにくいのだと思います。とくに成長してどんどんと新しい知識が脳に入ってくると古い記憶はすみっこに追いやられているのではないかと・・
子供のころは余計なものが入っていないから生命としての古くからの記憶も思い出しやすいのではないかと。


命の記憶を今もう一度思い出すことができればおそらく不安や悲しみ恐れ、嫉妬などまだまだある人間がもつ独特のマイナス要素は一切なくなると思います。
いつもの話しになってしまいますが、命とは自分でつくったものではないですし、どう頑張っても科学的に作り上げることはできない神秘の存在です。でもそれは確かに自分の中にある、ということは命と命の記憶を受け継いでいるのですから。命の記憶を思い出すことはとっても大事ですね。

私たちはそれを神との一体ということばで言い表します。神社でお祭りをするのは神と人が一体となることが目的ですし、神と人が場を共有するためのツールがたくさんあります。
私たちの内側には神様の質が眠っています。今回のはなしでいうところの命の記憶。神社にお参りするのも神様の近くにいって、生まれたてのときなはなかったけれど、今いっぱいこびりついている余計なものを落として、内在する神の質、命の記憶を呼び起こすためですからね。というわけでみなさん神社に行くといいことがありますよ、と強引にしめくくります・・・
具体的にどうすればいいのか、そのへんは今後まとめていこうと思っています。


結局今回のシリーズでは何が言いたいのさ!と感じられたかたゴメンナサイ
うまく書けませんでしたm(_ _)m


↓面白かったら投票してください。ボタン2つクリックで投票できます。
たくさんのクリックがあると記事を書く元気がでます (*^―゜)b



人気ランキングへ1票入れる
 a_01.gif FC2ランキングへ1票入れる


昨日はFC2は12位。人気ブログ15位。→ 今日の順位
はなばな | Home | 思考は遺伝するのか3

コメント

遺伝の不思議

神主様こんばんは

今回も、不思議なテーマでしたね。

真偽のほどはさておき
以前、ドキュメンタリーで心臓移植を受けた患者さんが
その後極端に、趣味、嗜好、性格が変わった。
調べてみたら、それは会ったことがあるはずもない
ドナーさんの生前のそれそのものであった。・・・
ってのを見たことがあります。少し違うけれど
これも命の記憶ですね。

ワタシ自身も
遠い父の国へ、初めて行った時
初めて食べたもの、街の香り・・・懐かしく
ぴったり自分に合う不思議な感覚を味わいました。
受け継いで来た沢山の命の為せるわざでしょうか・・?

いろんなことを考えるシリーズ記事でした。

2010/04/24 (Sat) 20:55 | LINDA #- | URL | 編集

人は記憶で生きている? 以前の記事へのコメント(オアフさまの)が、印象的で 気になってずっと考えてたんです。 記憶って(言葉)を考えていくと…人間の脳の活動以外で最初に浮かんだのは『本能』とか『遺伝子』です。鮭の産卵とか動植物・人間が成長することを考えていると、すべてについて『記憶』は…働いているんじゃないか、と思えました。

人間が歩行することも、 呼吸することも眠ることも…そのようになっているそのこと。そんなことを考えていました。

今回の記事で神主さまは『命の記憶』と話されていました

伝えられた記憶が そのつど『形』になって 人を含む生き物や自然に、“この世界”になっているのかな、 人は記憶で生きていて …記憶の最先端ともいえそうな・・

記憶は だから 繋がっているのですね、 神さまと。 神さまから遺伝してきたのですね 。

2010/04/26 (Mon) 10:52 | はんのき #- | URL | 編集

既視感で場所ではなく体験では何となくよくあるような
気がします。
脳が錯覚しているのかハタマタ・・・

2010/04/26 (Mon) 23:13 | HATANAKA #- | URL | 編集

神社にお参りをするのは、今まで無事に生きてこれた感謝の気持ちを神様に伝えることだと思います。
お願い事をするとそのために真面目に努力しようとなりますね。
命の記憶、良い記憶を呼び起こさせられたらいいな♪と思います。(^-^)

2010/04/27 (Tue) 00:28 | らいとNGC7000 #hGSo2he6 | URL | 編集

西風隆介の小説をお読みになったことはございませんでしょうか?神の系譜シリーズはこの主題の記憶について、視覚との関係からおもしろい展開を見せます。未読でしたら、是非お目通し下さい。お考えの一助になるかと思います。

2010/04/27 (Tue) 09:07 | kazuma #- | URL | 編集
LINDAさま

ホントはもっと自分自身で深く考えて記事を書くつもりをしていたのですが、今回全然思考が深くなりませんでした。
いやまぁ普段からそんなに深く思考がめっているのかといわれれば、「いえ大したことないです」となりますが、今回は自分でも思考が散漫だなと感じました・・

> 遠い父の国へ、初めて行った時
> 初めて食べたもの、街の香り・・・懐かしく
これ大切なところですね。日本の人はよく外国にでてはじめて日本のよさに気づくらしいですが、私はそれを日本にいるみんさんに伝えたいと思っていまいろいろやってます(*^ー゜)b

2010/04/28 (Wed) 18:08 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
はんのきさま

おっしゃりたいことはよくわかります。私もそういうことも書きたかったのですが、今回うまく書けませんでした。自分でも思考が散漫になっているのが書きながらわかりました。
たぶんわかりにくいだろうなぁと思いながら・・・

2010/04/28 (Wed) 18:20 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
HATANAKAさま


脳が錯覚しているのか、脳に以前(自分より前の世代、もしくは自分とは別の人の経験)に記憶したときの回路が残っているのか。
わたしは後者はありえるのだと思います

2010/04/28 (Wed) 18:22 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
らいとNGC7000様

まさにそのとおりです。感謝の気持ちを伝えることということです。
神社の祭りもそうなのですが、参拝するということは神様とお近づきになる、神様と場を共有する、さらには神様と一体となることで、自分のなかにある命の記憶、良い記憶を呼び起こされます。
これ簡単なことですが意外と忘れがちでもっとも大切なことなんですよね。

2010/04/28 (Wed) 18:27 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
kazumaさま

書き込みありがとうございます。
読んだことはありません。機会があればぜひ読んでみたいと思います。小説にしても映画にしてもそこからインスピレーションを得て自分の思考が広がることはよくあります。
ありがとうございます。

2010/04/28 (Wed) 18:32 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する