ある日のひとコマ

今年は大河ドラマ龍馬伝が放送されていますので、今は龍馬ブームの真っ最中です。あたりは龍馬だらけです。そのブームは当神社にも影響がきています。
当社武信稲荷神社のエノキの大木。この大木に坂本龍馬、おりょうにまつわる伝説がありますので神社へ来られるかたがずいぶんと増えてきています。ちなみに6年前の大河ドラマ「新撰組!」が放送されたときも新撰組ブームがおきていましたので、壬生の新撰組ゆかりの場所から当社はすぐ側にありますので当神社にも多くの方がこられていました。テレビの影響力は大きいものですね。
しかし当社には新撰組と直接関連するエピソードはないのですが、その6年前の新撰組ブームのときに大勢の方がこられたのは、幕末つながりの龍馬とおりょうの大木のエピソードがあったからです。
なのですが、地元に住んでいる方でも今年の坂本龍馬ブームになってはじめて当社にある龍馬とおりょうの伝説を初めて知ったという方はものすごく多くおられます。そんなことで近所の方もあらためて来られています。

さてだんだんと神社にこられる方が増えてきていますが、訪れる人が増えてきますといろいろな方がおられます。今日は最近神社であったおはなしです。
先日の記事でも書いていますがうちの神社にはおみくじの結果を掲げてある板に吉や凶、それから内容が書いてあるので、それを自分で確認する方式のものがあります。ただしこの板が明治に奉納されたものですから書いてある字が昔のくずし字で書いてあるので少々読みにくいのです。
だもので読めない人が「すみません、これ何て読むのですか?」とたずねてこられる方がおられます。最近これ多くなりました。
これは構いませんよ。手があいているときはいくらでも読み方おおしえします(*^―゜)b
このあいだちゃんとじっくり読んでおきましたからね。



つい先日のはなし。
平日はやっぱり静かなものです。私は最近はたいてい授与所(お守りや御札を受けるところ)にいますが、そんなに頻繁に人がこられるわけではありません。そんななか若いカップルの男女がこられました。境内をぐるっとまわった後に授与所にやってこられてお守りや絵馬をふたりで見ながらしゃべっておられました(あまり覚えていませんがそうだったと思います)。
でその後、「あそこのエノキのところで写真いいですか?」
と聞いてこられました。
私「えぇ、構いませんよ。ご自由に撮ってください」
すると
「いや、写真を撮ってもらっていいですか?」
と言い直されます
私「え?・・・・(゚o゚;) ハッ もしかして」
カップルで写真に納まりたいから、私にシャッターを押せと?

まぁそういうことだったのですが、気が付くまでに結構時間がかかりました。なにせ授与所にいる神主がそういうお願いをされるのは初めての経験ですから(笑)
自分たち以外に参拝の方はだれもいなくって私の他に頼める人がいなかったことと、自分たちだけだったので私もヒマだろうと思われたのかな。もちろん私は別のことをしながらその場にいるのですからヒマなわけないのですが写真は撮ってあげましたよ。
しかしシャッターを押してくれと頼まれていると気付いたとき思わず笑ってしまいました。なんと、そういう発想もあるんだなぁと。若さのある行動だなと。声には出して笑っていませんが、なんとなく微笑ましくって。



これもつい先日。こちらは日曜日か祝日かのどちからのはなし。
お昼ごろ御祈祷を受けにこられた方がありましたので、本殿で御祈祷をおこないました。その日は休日でしたので御祈祷のときには境内には多くの人もおられました。当神社は本殿のすぐ側まで来ることができます。ですから御祈祷をしているときもわりと側まで近寄ることができます。

神前で祝詞をあげて、その後に願主(御祈祷を受けている方)が玉串を供えてお参りされ、御祈祷がおわりました。引き続きその場で撤下品(てっかひん)をお渡しします。撤下品というのは神様にお供えした物で、神様が召し上がったお酒や食物を自分も頂いて、お力を分けていただきます。その説明をしているそのとき。
本殿のすぐ側まで来ていた男性が
「六角獄舎はどこにあったのですか?」
とのご質問を私にしてこられました( ̄□ ̄;)!!

な、なんと・・・私は今御祈祷をして、御祈祷を受けられた方に神様のお力を頂くためにこの撤下品を~と説明をしているときです。ちょっと待ってくださいと目と手で制して御祈祷を受けた方への説明を続けました。
御祈祷していますから当然、狩衣に烏帽子の神主スタイルです

kariginu.jpg


このスタイルで本殿で参拝の方と話していればわかりそうなものなのに・・・・
先ほどの若いカップルの写真のときは、若い行動だなぁとちょっと微笑ましくおもってしまいましたが、今回のこの男性はいい大人の方で50代くらいかな?の方でした。
う~む。これはちょっと驚きました。先ほどは若い行動だなぁと驚いたのですが、今回のは貫禄ある行動だなぁと驚きました。

しかしこの男性、御祈祷の方への説明が終わった頃にはもうおられませんでした。だから多分
「なんだあの神主、不親切だな( ̄ ^  ̄#)凸」
と思っておられるんだろうなと想像します。う~ん・・いろんな人がおられるしいろんなことがありますね。
もちろん今日のこの記事、文句や愚痴をいっているのではないですよ(*^―゜)b
たんなるある日のひとコマの紹介です。





↓面白かったら投票してください。ボタン2つクリックで投票できます。
たくさんのクリックがあると記事を書く元気がでます (*^―゜)b



人気ランキングへ1票入れる
 a_01.gif FC2ランキングへ1票入れる


昨日はFC2は16位。人気ブログ18位。→ 今日の順位
危険な火遊び | Home | 心眼か?

コメント

西院でも同じ事がちょくちょくありますよ。

祭典中に「何をしてるんですか?」とか
    「一緒に写真を撮ってください」とか。

「祭典中ですので・・・」とお断りしたら

後日、「クレームの投書」がきました・・・(´Д`)=з

 以上、愚痴でも、文句でもありません

世間には色々な方が居られるんだな~という感想です。





2010/03/25 (Thu) 11:39 | 西院 #- | URL | 編集
西院さま

ありますねぇ。
クレームの投書は来たことはありませんが・・・

まぁ我々ももしかすると他のお仕事をされている方からするととても失礼なことを知らず知らずのうちにしているのかもしれませんね。
人のふりみて我がふりなんとやら

2010/03/26 (Fri) 22:42 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する