必要ないか?

少し前のはなしになるのですが、このところやることが非常に多く、なかなかゆっくりと書く機会がなかったもので気づけば3ヶ月が経っていました。昨年の12月6日に実施された調査について。すでにご存知のことでしょうけど・・
内閣府の男女共同参画に関する世論調査だそうで、「結婚しても必ず子供をもつ必要はない」との質問に対して賛成とどちらかといえば賛成とこたえた人が42.8%だったというニュースをみました。で新聞やネットの記事の見出しは「子供必要ない42%を超える」などというのもがたくさんありました。

ある新聞では、子供を持つ必要はないとした人は、男性が38・7%、女性が46・5%だった。年齢別では、20歳代が63・0%、30歳代が59・0%と高く、若い世代ほど子供を持つことにこだわらない傾向が顕著になった。
「少子化の時代」を反映した結果といえ、内閣府の担当者は「個人の生き方の多様化が進んでいる」としている。と書いています。


それを見ていろいろ思うことがありましたので独り言を・・・
この新聞記事をみていくつか違和感を感じました。まず最初の違和感は、
質問は「結婚しても必ず子供をもつ必要はない」
回答は「賛成」、「どちらかといえば賛成」、「反対」、「どちらかといえば反対」で答える形式です。
その結果が、「賛成」と「どちらかといえば賛成」をあわせたら42%を超えたというものです。質問には、「必ず」という言葉と「必要はない」という言葉がはいっています。こんな質問の仕方をすると、その結果が出てくるのは当たり前だと思うのですが・・・


調査の目的は、男女共同参画社会に関する国民の意識を把握するためと内閣府のホームページ書いてありました。男女共同参画社会という難しい単語がでてくると考えの浅い私にはなかなか理解できませんので、男女共同参画についてはさらっと流しておきます。
同じような内容でも質問の仕方を変えて
「結婚すればできれば子供をもつほうがよい」もしくは
「結婚しても一切子供をもつべきでない」
など言い方を変えるとおそらく結果は全く違ったものになったと思います。まぁ結局この質問でなにを調べたいのかということなんでしょうけどね。


次の違和感は新聞やネット上の「子供必要ないが42%を超える」との見出しがついたものの多いこと。質問のときには「必ず必要ではない」としてあるものを回答の部分だけ「必要ではない」と「必ず」を省略してしまうと全く違ったように見えてしまいます。
子供をもつ必要がないと回答したのは若い世代ほど高く、子どもをもつことにこだわらない傾向が顕著になった・・と書いていますが、この調査からその答えにはならないでしょうと・・・
記事を書く仕事をしている人がそんなことに気が付かないわけがないのに・・・
インパクトがあるように書くためなのか、そのように書かないと記事のネタにならないからか?などと違和感を感じていました。

別に内閣府の調査や、男女共同参画や、少子化の問題に文句を言いたくてこれを書いているわけではないですし、報道各社に何か魂胆があるのか?などと勘繰るつもりでも、さらに内閣府の担当者が「個人の生き方の多様化が進んでいる」と受け止めているのも、それは違うだろうと思っているのですが、それをあえてツッコミたいわけでもありません。
わざわざ3ヶ月も遅れてブログで書いているのはそのとき私が感じていたのはまた別のことだからでして・・・

区切りがいいので本題は明日へつづく・・



↓面白かったらボタン2つクリックしてください。
たくさんのクリックがあると記事を書く元気がでます (*^―゜)b



人気ランキングへ1票入れる
 a_01.gif FC2ランキングへ1票入れる


昨日はFC2は12位。人気ブログ20位。→ 今日の順位
必要ないか?2 | Home | どこいったろう

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する