メメント・モリ

メメント・モリ。私は最近まで知らなかったのですがこのあいだ新聞記事で知りました。東京六本木の森美術館で行われていた(確か去年のはなしだったと思います)「医学と芸術」展の紹介記事でメメント・モリという言葉がキーワードとしてでていました。
六本木の森美術館?あぁ、六本木ヒルズのあそこだよね。ついこの間行ったとこじゃん。と、東京・六本木という言葉に反応してなぜか関東弁で頭で考えて、その記事に目がとまったのですが、その中でメメント・モリという見慣れない単語があったのでそれを詳しく読みました。

調べてみるとメメント・モリ(Memento mori)とはラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句。日本語では「死を想え」「死を忘れるな」などと訳されることが普通。芸術作品のモチーフとして広く使われ、「自分が死すべきものである」ということを人々に思い起こさせるために使われた。
フリー百科事典wikiより
ということでした。


森美術館で開催されていた「医学と芸術展」では、解剖図や手術用具、義手や義足、そして死をテーマにした絵画や彫刻などが混在している、医学と芸術が出会う場になっていると紹介されていました。記事中にもありましたが医学と芸術はかなり深くかかわりあいがある、有名なレオナルド・ダ・ヴィンチも正確なものをというために動物の解剖や人体の解剖をおこない詳細な解剖図をたくさんのこしています。
命を永遠に、長く保ちたいというのは昔から人々が求め続けてきたものでしょう。不老不死ですね。目で見えるのは体の外側、その内側体の中身はどうなっているのかを調べ、構造を解明することで命を長く保ちたいというものが医学なのだと思います。
まとめると自分たちの体は一体どういうものなのか。それを知ることが医学。
これと非常によく似ているのは、自分は一体何者なのか。どこからやってきてどこへ行くのか。これは哲学、宗教的な分野でしょうかね。

でも内容は非常によく似ていると思います。自分たちの体が一体どうなっているのかを調べていき、構造がわかった、成分がわかった、じゃあ生きている体の構造と死んでいる体の構造はどう違うのか。5分前まで生きていた体と、死亡して5分経過した体の違いはなにか。構造や成分は同じなのではないかなと思います(多分)。
違いは命があるかないか。じゃぁ命とはなんだ。
魂とはなんだ。心とはなんだ。
自分は母親からこの世界へ生まれ落ちる前はどこにいたのか。
死んだらどこへ行くのか。

医学を根本的に考えていくとそのようにいくのではないかと思います(医学の知識もなにもない素人の私が勝手に考えているだけですが)。でふと見てみると宗教や哲学の分野のはなしといったものと同じ内容じゃないかということに気が付きます。
メメント・モリ、「死を想え」が芸術作品のテーマ、モチーフによく用いられるということなのであれば、医学も芸術も宗教も哲学も同じじゃないかといえそうな気がします。というか私はそう思っています。という今日のわたしのひとりごとでした。



ところでメメント・モリ、最初にみたときは私の優秀な脳が自動変換してくれました。
「メメント・モリ」→「メメント・森」

メメント・森、日系ブラジル3世。25歳、男。
職業マジシャン。陽気なキャラクターでありサンバのリズムで踊りながらマジックを披露するため、はげしく疲労する。
好きな食べ物はからし明太子。
座右の銘は、なすがママできゅうりがパパよ




↓面白かったらボタン2つクリックしてください。
たくさんのクリックがあると記事を書く元気がでます (*^―゜)b



人気ランキングへ1票入れる
 a_01.gif FC2ランキングへ1票入れる


昨日はFC2は16位。人気ブログ22位。→ 今日の順位
おつげ日和 | Home | 今日のできごと2.12

コメント

メメント・モリ

神主様、偶然ですね。
「メメント・モリ」。

同タイトルで、ワタシも
半年ほど前にブログ書きました。
ワタシはその時、「メメント・モリ」っていう
写真集に触発されてですが。

死を想え」
強烈ですが、目をそむけず
生と死が一対であることを自覚するのは
とても大事なことだと思います。

どこから来てどこへいくのか
永遠のテーマです。
ワタシも、ヒントが欲しいからこうして
神主様のブログにちょこちょこ
お邪魔してるのかもしれません。

しかしメメント・森(笑)
神主様に実演していただきたいです( ̄ー ̄☆キラリ

2010/02/16 (Tue) 19:26 | LINDA #- | URL | 編集

ご無沙汰しております
久しぶりにblogにお邪魔できました
神主様のblogは本当に面白いです
可能性を妨げずに、色々なことに触れて考えて…
神主様の様になりたぃ!ってよく思います
勉強になりますしすごく楽しいです
また神社にもお邪魔して、あの清々しい空気に触れたいです
毎日お忙しいと思いますがお体に気をつけて頑張ってくださぃ

2010/02/17 (Wed) 02:51 | あかり #- | URL | 編集
LINDAさま

> 神主様、偶然ですね。
> 「メメント・モリ」。
>
> 同タイトルで、ワタシも
> 半年ほど前にブログ書きました。
> ワタシはその時、「メメント・モリ」っていう
> 写真集に触発されてですが。
> 「
> 死を想え」
> 強烈ですが、目をそむけず
> 生と死が一対であることを自覚するのは
> とても大事なことだと思います。
>
> どこから来てどこへいくのか
> 永遠のテーマです。
> ワタシも、ヒントが欲しいからこうして
> 神主様のブログにちょこちょこ
> お邪魔してるのかもしれません。
>
> しかしメメント・森(笑)
> 神主様に実演していただきたいです( ̄ー ̄☆キラリ


現代に生きるわたし達もそうですし、1000年前に生きた人々も同じことを考えていたのでしょうね。どこからきて、どこに行くのか。永遠のテーマですね。科学も医学も哲学も宗教もその答えを求めていますが、そのアプローチが違うと。

メメント・森、練習しておきます。つぎのキリ番のときにはメメント・森グッズをプレゼント?

2010/02/18 (Thu) 20:49 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
あかりさま

おひさしぶりです。お元気でしたか。
あいかわらずのくだらないブログで申し訳ないですが、楽しんでもらえているのなら私もたいへんうれしいです。
どうぞまたいつでも神社へおこしください。おまちしています。

2010/02/18 (Thu) 20:52 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

神主様、はじめまして。アカい街に住む住人です。子供の(国旗も掲揚しない)小学校の教員の中に好きな言葉としてメメント・モリを挙げている者がいます。多分自身のインテリ振りを自慢するためでしょうが、この言葉の意味が「死を想え」「死を忘れるな」ということであれば、まともな教員だと存じます。しかし、”古代では「メメント・モリ」の趣旨はcarpe diem(今を楽しめ)ということで、「食べ、飲め、そして陽気になろう。我々は明日死ぬから」というアドバイスであった。”=「今さえよければよい」という一面もあることを考えると日狂組かなと思い警戒が必要だと思っています。現在どちらの意味で使われることが多いのでしょうか?ご見識を戴きたく存じます。

2010/04/24 (Sat) 10:42 | おおやしま #cEL6LveQ | URL | 編集
おおやしまさま

はじめまして。小学校や教員の方のことについては直接知りませんので置いておきますが、メメント・モリについて。
これも本文中でも書いていますように恥ずかしながら私がこの言葉を知ったのも最近のことですので、現在どちらの意味で使われることが多いのかははっきりとは知りません。
私の個人的な感覚でいうと芸術の分野での使用が多いように感じます。
「今を楽しめ」は古代の趣旨で現在ではあまりその意味は少ないように思います。あくまで私の個人的な感じ方ですが・

2010/04/24 (Sat) 17:24 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
神主様

丁寧なご返答ありがとうございました。やはり芸術の分野で多く使われているのですね。ひょうっとしたら芸術に興味がある方で、ご存知だったのかも知れません。

2010/04/25 (Sun) 20:34 | おおやしま #- | URL | 編集
神主様

丁寧なご返答ありがとうございました。やはり芸術の分野で多く使われているのですね。ひょっとしたら芸術に興味がある方で、ご存知だったのかも知れません。

2010/04/25 (Sun) 20:36 | おおやしま #- | URL | 編集
おおやしまさま

すみません。わたしがこれについてはあまり知らないもので・・・
私の父は芸術分野にものすごく強く、興味をしめす人でしたが、私はよわいので・・

2010/04/28 (Wed) 18:34 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する