春の七草

七草は「七草の節句」の略であり、「若菜の節句」ともいわれています。 これは1月7日の朝に、七草といわれる芹(せり)・薺(なずな)(ペンペン草)・御形(ごぎょう)(母子草(ははこぐさ))・はこべら(はこべ)・仏の座(田平子(たびらこ))・菘(すずな)(蕪(かぶ))・すずしろ(大根)の、七種類の野菜を粥に入れて食べるという風習です。草木が萌え出した証ともいえる七草の若菜、それらが入った七草粥を食べると、邪気が払われ万病が除かれるといわれています。
(神社と神道より)


というわけで私も食べました。七草粥。
といっても朝ではなくて夜にですが。というのも七草を朝からまず神様にお供えしています。それが夕方になると下がってきますのでそれを頂いてお粥にして私たちが食べたというわけです。

100107CIMG0484.jpg

100107CIMG0485.jpg



七草はもともと田畑にはえる雑草といわれる種のものです。(雑草といってもそれは人間の都合でそういっているだけであって、草木にとっては雑草なんてわけではないんですけどね)
ですから探せばそこらへんにありそうな気もしますので境内を探し回ると見つかるのでは?と思うのですが、本来はそれがいいのでしょうが、なかなかそううまくもいきませんので八百屋さんで買ってきています。
最近はパックにはいった七草セットなるものがあります。いつ頃からでしょうね。

そういえばたまねぎ工房のぽんさんは以前、自前で七草を調達しようと犬の散歩をしながら七草を探しておられたそうです。で最後のひとつが見つからないのでとウチの神社の境内を探し回っておられたような記憶があります。あのとき結局みつかったのでしょうか・・・


七日正月もすぎ七草粥を食べるとお正月ムードもうすくなってきますね。
私はそろそろ節分の準備にとりかかります



↓面白かったらボタン2つクリックしてください。
たくさんのクリックがあると記事を書く元気がでます (*^―゜)b



人気ランキングへ1票入れる
 a_01.gif FC2ランキングへ1票入れる


昨日はFC2は14位。人気ブログ21位。→ 今日の順位
家系 | Home | 告知

コメント

真冬にたべる「春の七草」は知られていても、秋の七草はそれほど有名ではないようですね。そして実際に春の七草を食べたことがある人はさらに少ないようですね。

昔の春の七草は七種類の穀物だったはずなので、念のために確認してみました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/七草
今の七草粥の写真もついています。

以前に、あるところで、草のほうの春の七草いただいたことがあります。
単に七草とおかゆの混ざった味つけなしでした。塩もほとんどきいてませんでした。たぶん一般的ではないのかもしれませんけど。 

2010/01/07 (Thu) 23:53 | Peter #JyN/eAqk | URL | 編集

あははは~。よう覚えてはりますねぇ。
あの時は、それらしいものを無断で(コラッ!)調達させていただきました。ほんまにそうであったかどうかは??ま、湯がいて刻んで入れたら、わからへんし(笑)

2010/01/08 (Fri) 19:03 | ぽん #- | URL | 編集
こんにちは

こんにちは。今年厄年の鈴芝です☆


あの、神道では、亡くなった方はどこに行くと考えられているんですか?確か神様になるんでしたっけ?
あと、自分が死んだら、会えると考えられているんでしょうか?


新年早々何とな~く気になりました。

2010/01/09 (Sat) 20:40 | 鈴芝 #e7IHym4c | URL | 編集
Peterさま

そうですね。秋の七草はあまり知られていないですね。春の七草は(今の)おかゆで食べるという「イベント」があるので比較的みなさん覚えておられるのでしょう。
関西だけなのかもしれませんが七草粥はわりとポピュラーですよ。(と思う)

2010/01/10 (Sun) 22:11 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ぽんさま

それらしいものが見つかったのですね。
たしかに湯がいて刻んだらわからん。まぁもともと雑草(人間の都合でいうならですが)ですからね。

2010/01/10 (Sun) 22:13 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
鈴芝さま

今年が厄年ですか。若いなぁ。うらやましい(笑)

>亡くなった方はどこに行くと考えられているんですか?確か神様になるんでしたっけ?
本当に簡単にいうとそういうことです。
私たちの命は親、ご先祖から引き継がれたものです。そして命を終えるとまたご先祖のもとへかえってゆきます。
ご先祖のことは氏神(うじがみ)ともいいますが、現世の私たちを護ってくださる神さまですね。だから亡くなると神様になるで間違いではないですね。

>自分が死んだら、会えると考えられている~
これはどういう意味でしょう?誰に誰が会えるということ?

こういうことは誰でも必ず不安に、怖くなって、考えることですから。

2010/01/10 (Sun) 22:26 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/01/10 (Sun) 23:57 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する