神主つながり

今日は以前に何度かこのブログにも来て下さった春霞の神主さまがウチの神社武信稲荷神社)へふらっとおこしになりました。
若手の神主でつくる、「神道青年会」という会があるのですが、その会報を届けてくださいました。どうもありがとうございました。
そのときにもお話していたのですが、先日その春霞神社が新聞で紹介されていました。なんと本殿前に枯山水の庭がつくられたということでした。
この枯山水の庭を奉納されたのが、園芸の本場英国の園芸品評会「チェルシー・フラワーショー」で金賞、最優秀賞をダブル受賞した、大阪芸術大学の教授さま。
(ちなみに春霞神社とは仮名です。って、よめてしまいますか?)

この「神道青年会」にしてもそうですが、神社のホームページやブログ、神職、巫女のブロクなど以外とあるんだと思います。私はいままで神主畑にずっといたわけではありませんので、そういった場で他の神主の方々の意見、考えなどを伺って勉強したいと思っています。
ただ私の書くこのブログはかなりラフな雰囲気を心掛けて(?)いますので、他の神職の方々がご覧になったら「神職の品位を汚すでない!」と怒られては困るのでひっそりとしてます・・・(笑)

でもそんなプレッシャーにも負けず、ほのぼのテイスト満載でひとりごとで続けていきます(^_^)v続を読む前にランキングに1票
続きを読むその前にこっちにもランキング投票
ほのぼのテイストという言葉でふと思ったのは、神道(しんとう)について。まぁ実際は神道とひとことでいっても教派神道などいろいろありますが、今いっているのは地域の郷に身近にある神社
これは宗教法人ですが、実際はどうでしょうか。神社へお参りにいくときに宗教施設へいく。といった感覚でお参りする方というのはどれくらいおられるんでしょう。

教会へ行くのはおそらく宗教施設へ行く、という意識でしょうが、神社へ行くのはそういった意識はほとんどないのではないかと思います。
そもそも神道には教義経典がないともいわれますし。(私はあると思いますが・・あの祝詞がそれにあたると思っています・・あれだの、それだの・・・)
それが良い悪いは今は置いておいて(これをはっきり書くとあとで大変なことになりそう)、神社は宗教施設と意識せず、自分の庭のような感覚で行く。

神社ふるさとなつかしさほのぼの

だからこのブログでほのぼのテイストをきかせるのは間違いではないのです(自己正当化です・・・(^^ゞ)。

で、そんな中で先日おなじfc2ブログで、とある神職さんと巫女さんが書いておられるブログを発見しました。三皇さん気まぐれ社務日誌というブログで、秋田市に鎮座ます三皇熊野神社神職さんと巫女さんの社務日誌。
神社のブログっていうと結構固いものが多いですが、これはソフトな感触でなんとなく私のとこと同じ匂いがする・・・(かってに同じ匂いにするなっ。失礼なっ!と怒られるかなスミマセン)
なんとなく、ちょっとうれしくなったので紹介です



最後までお付き合いありがとうございます。
↓ボタンを押して投票してください。ランキングが上がり明日も記事を書く元気がでます。banner2.gif
 a_01.gif


よろしくお願いいたします
いのちの木の実 | Home | 取材

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/04/21 (Sat) 23:58 | # | | 編集

トラバおおきにです。
ええ、ええ、毎度ほのぼのさせてもろてます。
今日は散歩の時、名残のしだれ桜を見て、目にもほのぼのさせてもらいました。

どんどん正当化して「異能神主」と呼ばれてください(爆)楽しみにしてまーす。

2007/04/22 (Sun) 01:22 | ぽん #- | URL | 編集
>じもてぃー

コメントありがとうございます。
遠慮なさらずにランキングは毎日ぽちっとしてくださって結構ですよ(笑)
私は神社のあり方は、地域の方々がそのようにおっしゃる、それでいいと思っています。(そうあるべきと思っています)
今後ともよろしくお願いいたします。

2007/04/22 (Sun) 22:12 | 神主 #- | URL | 編集
ぽんさま

いつもありがとうございます。
神社にきて気持ちがなごんだり、ほっとしたり、ほっこりできたり、ほのぼのしたり、懐かしくなったり、神社はそうあるべきと思っています。

よぉ~しっ!
どんどん自己正当化していきます
みなさんで応援(援護射撃)お願いしますm(__)m
↑まだ不安(笑)

2007/04/22 (Sun) 22:17 | 神主 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する