新嘗祭

今日は11月23日です。一般的には勤労感謝の日で祭日ですが、そもそも祭日というくらいですから、祭りの日です。なんの祭りかというと新嘗祭(にいなめさい)というお祭りです。
皇室では天皇陛下が、また全国各地の神社で新嘗祭がとりおこなわれます。
「新嘗祭」は「しんじょうさい」ともいい、「新」は新穀を「嘗」はご馳走を意味します。 毎年十一月二十三日に全国の神社で行われ、新穀を得たことを神さまに感謝する新嘗祭は、五穀の豊穣を祈願した二月十七日の祈年祭と相対する関係にあるお祭りで、この日、宮中では天皇が感謝をこめて新穀を神々に奉ると上もに、御自らも召し上がります。 新嘗祭の起源は古く、『古事記』にも天照大御神が新嘗祭を行ったことが記されています。
(神社と神道より抜粋)

当社、武信稲荷神社でも今日は新嘗祭でした。といってもウチの場合は先週のお火焚祭で一緒にするようにしていまして、今日は神前に今年とれた新穀でつくったお酒をお供えして神主がひとりでおこなうごく簡単なものです。

091106CIMG0399.jpg

今日の新嘗祭で10月末からはじまった今年の私の秋祭り連戦は一旦終了です。
甲子園球場が高校野球で使われている間、阪神タイガースは甲子園での試合ができませんので、高校野球の試合が開催されている期間は全て相手チームの球場で試合をおこないます。ぞくに死のロードと呼ばれています。

私の場合もウチの神社のお祭りはお火焚祭と碁盤の儀だけです。それ以外に地域の神社や個人宅で祭られているお社でお祭りをしてまわります。なんとなく遠征をするというような感じでは高校野球期間の阪神タイガースと似ています。
しかし死のロードではなく、神のロードですからとっても縁起がいいですけどね。


このあとは12月の13日の事始め(ことはじめ)からお正月の準備がはじまります。
正月事始め(しょうがつごとはじめ)とは、正月を迎える準備を始めること。かつては旧暦12月13日、現在は新暦12月13日に行われる。昔はこの日に門松やお雑煮を炊くための薪など、お正月に必要な木を山へ取りに行く習慣があった。
江戸時代中期まで使われていた宣明暦では12月13日の二十七宿は必ず「鬼」になっており、鬼の日は婚礼以外は全てのことに吉とされているので、正月の年神様を迎えるのに良いとして、この日が選ばれた。その後の改暦で日付と二十七宿は同期しなくなったが、正月事始めの日付は12月13日のままとなった。 Wikiより


お正月はおそらく神社が一年で一番忙しい時期ですから、その準備もものすごく忙しいものがあります。ということで今日から、お正月の準備がはじまる事始めまでの間がこの時期の最後のおちつける期間です。といってもゆっくりしている間なんてないんですけどね・・・

しかし一年経つのが年々早くなっている気がする・・・



↓面白かったらクリックしてください。
たくさんのクリックがあると記事を書く元気がでます (*^―゜)b



人気ランキングへ1票入れる
 a_01.gif FC2ランキングへ1票入れる


昨日はFC2は22位。人気ブログ21位。→ 今日の順位
乳製品3 エピソード2 | Home | 葉っぱまつり

コメント

秋のお祭りも一区切りとのこと。連戦おつかれさまでした。
ありがたい焼き芋v-34でもほお張りながらお正月(とその準備期間)までのあいだゆっくり骨休めしてくださいv-78

2009/11/25 (Wed) 06:06 | jacoby #- | URL | 編集
jacobyさま

ありがとうございます。
お正月の準備がはじまるまでのわずかな期間が、戦士のひとときの休息なのです(*^ー゜)b
といっても私の場合そんな時間ないんですけどね・・・

2009/11/26 (Thu) 17:29 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する