お火焚前

まもなく当社のお火焚祭です。今年は11月8日の日曜日です。
hitaki071103.jpg


もともとは旧暦11月8日におこなわれるお祭りでしたが、近年は新暦で、かつ11月8日に近い日曜日におこなうようになっていました。なかなか平日に祭典をすることが難しくなってきていますもので。
祭りが日曜日になってからは毎年日にちが違うわけですが、今年はたまたま8日が日曜日になりましたので、京都の各地のお稲荷さんではほとんどお火焚祭をされるのではないかと思います。

京都ではお火焚はわりと一般的に知られています。京都の秋の風物詩でもあります。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-209.html
お火焚について
で秋の収穫の感謝でもありますから、とどきました。今年のお酒が。

091106CIMG0399.jpg

091106CIMG0400.jpg

img_1079670_26921744_2.jpg


去年も書いていますが「白酒」です。これで「しろき」とよみます。新米でつくった新嘗祭(にいなめさい)用のお酒です。ひな祭りのときの白酒(しろざけ)と似ていますがちょっと違う、まぁ濁り酒です。現代の清酒ができる前の昔のお酒はみなこうだったと思います。(たしかそう聞いたことがある程度のあいまいな記憶です)


過去記事でも書いていますが新嘗祭とは収穫に対する感謝の祭りです。その年に収穫した新米を神様にお供えをして、その後頂きます。皇室でも天皇陛下が皇室の御田で収穫した新米を奉りその後召し上がられます。

当神社では新嘗祭の前のお火焚祭で新米とお酒をお供えしています。それでお火焚祭用と新嘗祭用と2本届いたわけです。

と明後日がお祭り当日ですので準備がなにかと忙しくなってきました。
とりあえず今日のところはこのあたりで・・・




↓面白かったらクリックしてください。
たくさんのクリックがあると記事を書く元気がでます (*^―゜)b



人気ランキングへ1票入れる
 a_01.gif FC2ランキングへ1票入れる


昨日はFC2は15位。人気ブログ20位。→ 今日の順位
おひたきの後 | Home | 作務衣

コメント

お火焚き祭…

記事を拝見致しました。
お火焚き祭は お稲荷様の お祭りなんですね。祭りの意味も知らず…参拝に上がっていた自分を恥ずかしく思いました。
秋の大祭、新嘗祭は存じておりましたが…お火焚き祭とは どちらの神社にもある祭りかと…

勉強になりました。ありがとうございます。

明日…京都山科に上がる前に 知ることができ…より一層 気を引き締め参拝させていただけますこと、幸いに思います。
…神様に導きをいただけた思いです。

ありがとうございました。

2009/11/07 (Sat) 09:19 | 慶将 #- | URL | 編集
慶将さま

お稲荷さんだけのお祭りというわけではないと思いますが、特に稲荷で盛んにおこなわれるが正しいでしょうか。
もともとは収穫を感謝し来年もまたとれるようにと祈り、その年に収穫された稲藁を燃やしたようですから。稲荷は字のごとく稲の神ですからとくに盛んになったのだと思います。

2009/11/11 (Wed) 22:10 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する