お祓いの場にて2

先日からの続きです


力の源を個体とは別に求めるとは、人間の存在がどういうものかを考えていくとわかります。

人間はそれ単体では存在できないものです。
自分が今生きている。これは事実です。(おそらくそれは事実だろうと思います)
では、どのようにして出来上がったものなのか。
ある瞬間に「ポンッ」と現れ出たのではありません。私は親から生まれてきました。親はその親から生まれてきました。その親はそのまた親から・・・・・
すでにあるものから順番に引き継いでいるということです。無から有になったわけではない。無の状態からいきなり「ポンッ」と有になったわけではありません。

人間の科学技術は万能のように思われがちですが、無から有を生むことはできません。
すでにあるものを素材として使用して、加工、組み合わせることでモノを作っています。その素材となるモノそのものを作り出すことはできません。

無から有を作り出すことはできません。しかし無から有が生まれた瞬間はいくつかあると思います。

地球が誕生したとされる48億年前にはまだ生命は存在しなかったはずです(おそらく)。無の状態です。しかし今現実に私たちは存在しています。ということは一番最初の生命が生まれた、その瞬間は「無から有が生まれた」ということです。
その最初に生まれた生命から私たちの命は引き継がれている。
我々は地球に生きています。その地球が存在しているのは宇宙の中です。
その宇宙はどこに存在しているのか。宇宙の外にはまた別の何かがあるのか。それは私には想像もできませんが、いずれにしても宇宙にも始まりがあったとはいえると思います。
宇宙が誕生するその瞬間も無から有が生まれた瞬間なのでしょう。


そのように考えていくと、今存在するモノ全ては始まりは全て同じです。ということは同じものからできているとも言えます。私たち人間も鳥も魚も木も、また石も水も山も同じものからできている。同じものを持っているということです。

無から有が生まれた瞬間とは、何らかの力が発生して、何らかの力が作用したわけです。
それは人間では計り知れないような途方もない力です。その力を私たちは神とよんでいます。
私たちもその計り知れないほどの力から生まれてきて、そしてそれを引き継いで現在にいたります。これは私たちの内には神が存在するということです。
それは私たち人間だけでなく鳥も魚も木も、石も水も山にも同じように神が存在するということです。これらを八百万の神々とよびます。

そのことに気づき、自分の内なる神と大宇宙の神とが一体となることが人間の最大の幸福であり真のあり方です。

「目に見えぬ神の心に通うこそ 人の心のまことなりけれ」
これは明治天皇のおつくりになったうたです。まさにそういうことです。
では、どのようにして神の心に通うのか。自分の内なる神と大宇宙の神とが一体となれるのか。方法はいろいろありますが、祭りもそのひとつです。

先ほど行ったように、特定の決められた通りの儀式にのっとった動作や供え物、そして祝詞を奏上し神を迎え、祭りを行います。これは今この空間が神の世界とのチャンネルが開いた状態であるということであり、その場を共有することで自分の内なる神と外の神が一体となる。そして自分の内に神の力が宿り活力がわいてきます。
祭りとはそういうものです。

祭りを終えて今みなさんの中には神の力が活き活きとみなぎっているはずです。これを放っておくとその力は薄れていくはずです。薄れていかないようにすることが重要です。忙しい毎日を送っておられることと思いますので大げさなことをしなくても結構です。
毎日神に手を合わせること。ただこれだけで絶大な効果があります。もちろん毎日、真摯にすれば・・ですけれど。

話しが長くなりすぎましたので、言い足りないことだらけですが終わりたいと思います。


というような話しをしました。5分で終わらせるつもりだったのですが、全然5分どころではなかったです。(。-_-。)反省

更新の励みになります。↓クリックしてくださると嬉しいですm(_ _)m
お願いいたします。

人気ランキングへ1票入れる
 a_01.gif FC2ランキングへ1票入れる


昨日はFC2は13位。人気ブログ17位。→ 今日の順位
スパムメール | Home | お祓いの場にて

コメント

形式そのものに意味があるというよりも、
どうしてもそういう形式になってしまう何らかの深い働きがあるのです。正中を避けるのもそう。決まりだから避けるのでも外見的には所作として美しく見えるでしょう。でも、その奥にある何かに目覚めた時、自分が神とは別の存在ではなく、神の分け御魂であることに気がつく、そういう働きの方向性を神道と呼んでいると解してもいいでしょう。 神は外にもあるし、自分の内側にもある。 な~んてね。

2009/08/23 (Sun) 22:53 | Peter #JyN/eAqk | URL | 編集
深いなあ…

神主様のお言葉も
明治天皇のお言葉も…。

かくも残念なのは
日本人の宗教感が薄れつつあるということと
天皇陛下を軽んじる人が増えているということです。

ワタシの中学の先生(社会科)なんか
歴代天皇を「てんちゃん」と呼んで、
おかしな洗脳教育してました。
人気者だったから洗脳効果抜群。

あの先生こそが間違っていたと
大人になってから気づきました。

2009/08/23 (Sun) 23:13 | LINDA #- | URL | 編集

京都に行ったときは必ず寄らせていただきます。 また神主様の写真もたくさん見たいです。

2009/08/24 (Mon) 22:25 | ほの香 #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/08/25 (Tue) 19:22 | # | | 編集
Peterさま

Peterさまは正中のことを引き合いにだしたり、言われることも神道についても詳しい知識をお持ちですねぇ。
以前のコメントに外人だから日本語を間違えますとありましたが、日本人よりも遥かに詳しいような気がします。
だから本当は日本の大学の教授では?とか、日本語も完璧だけど間違えるフリをしているのでは?とかいろいろ想像してしまいますが、余計な詮索はせずにただ驚くだけにしておきます(笑)

2009/08/25 (Tue) 22:16 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
LINDAさま

日本は宗教感は昔から薄いのだとは思いますが、戦後はそれが特に顕著になっていると思います。宗教とは本来は生活、生きることそのものなんですが、そこが完全に誤解されています。
天皇陛下についても戦後の教育の影響は大きいと思います。
歴代天皇を「てんちゃん」と呼ぶ・・
う~ん・・・( ̄_ ̄|||) ひどいなぁ

2009/08/25 (Tue) 22:23 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ほの香さま

書き込みありがとうございます。
どうぞ京都へおこしの際はぜひお参りください。
写真は右側にあるカテゴリーのなかの
・神主のはなし
・その他のはなし
の記事にはたくさん載っているはずです

2009/08/25 (Tue) 22:25 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

ちょっとはましな日本語が書ける程度です。 気持ちが悪い神社も沢山ありましたが、日本の神社はすがすがしいところが多くて好きです。結構神道に関心がある外人は多いのですけど、残念なことに神社神道って産土信仰がベースだから海外では神社が存在しないところは難しい。 しか~し! 稲荷神社はそれを打開する手法があります。
これは神主さんには良く分かる方法(のはず)ですが、知らない人がネットで中途半端な知識を得て押しかけられるとご迷惑をかけるので書かないのです。 でもお祓いを受けたりするのはこの方法ではだめですけどね。
本当は生き方が大事なんですよねえ。 スカートめくりをしなかった報いでいまだにきまじめな私。

2009/08/26 (Wed) 18:03 | Peter #JyN/eAqk | URL | 編集

教えていただいてありがとうございます。今日見せていただきました。 社務所も覗いてみたいです。でも由緒あるすごい神社ということもありお参りに行く前からドキドキです(^0^)/

2009/08/26 (Wed) 23:01 | ほの香 #- | URL | 編集
Peterさま

現在は国外なのですか。
神道に関心がある方は私も多いと思います。とくに21世紀には神道的な精神が絶対的に必要になってくるはずですから。

>稲荷神社はそれを打開する手法があります。
多分こういうことをおしゃっているのだろうなというのはわかります。
そういえば以前アメリカで祀られる稲荷社について・・メールでの問い合わせがきたことがあります。

2009/08/28 (Fri) 22:15 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ほの香さま

どうぞまたおこしください。
1100年を経過しているのですが、ウチの神社は由緒あるすごい神社というわけではないと思います。
しかしそれが逆にすごい面でもあると私は思っています。何のことかわかりませんね(=^_^;=)ゞ すみません。
それを書くとながくなるのでまた後日に。

2009/08/28 (Fri) 22:19 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

外人の中にも日本人の中にも、神道や日本文化、東洋文化という看板を利用して、自分が信じる「派閥」(?)だけに正当性があるおもっていたり、自分の価値観や方法や手法、思い込みを他人に押し付ける人らがいますし、神道を政治の一部としてしか考えない内外の学者やオカルトの立場でのみ考える特に日本の人もいます。
日本でしか神道は成立しないというのも、もったいないですね。 

2009/08/29 (Sat) 09:02 | Peter #JyN/eAqk | URL | 編集
気になる~

神主様
1100年を過ぎているすごいお話し気になります。
長くなるそうなのでまたお時間に余裕あるときに教えてくださいね(^0^)/

2009/08/30 (Sun) 00:45 | ほの香 #- | URL | 編集
Peterさま

>自分の価値観や方法や手法、思い込みを他人に押し付ける人らがいますし
このあたりが日本の精神が21世紀には必要なゆえんだと思います。
そもそも神道というものが日本の中で知られていなさすぎますから。私たちがそのあたりを伝えていかなければいけないのだと思っています。

2009/08/31 (Mon) 18:45 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ほの香さま

そうですね。たぶん記事にしてしまわないと書ききれませんから。またおはなししますですm(_ _)m
心のメモ帳に書いておきます。
「ほの香 1100年のはなし」と

2009/08/31 (Mon) 18:48 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する