いのりいろいろ

人生いろいろ
男もいろいろ
女だっていろいろ
祈りもいろいろ

歌の歌詞のようなはじまりですが、みなさまこんばんは。

いきなりですが
神社では祈りをささげる人は多いです。
きちんとした形式で祈るのは神主が神様との間をとりもって御祈祷します。

祈祷というものは昔は人の生き死に直結していました。
重い病気にかかった人を治すために祈祷する
今年は新型インフルエンザが流行しましたが、昔は流行病は疫神のしわざであるとして、疫神をはらうために祈祷する。

それから晴れが続きすぎると水不足となり飢えてしまいました。そのため雨を降らせることを願い雨乞いの祈祷をする。
逆もあり、雨が続きすぎると川が氾濫して大被害があったりするので、雨を止めて晴れを願う祈祷をする。

ちなみに雨を降らせたい雨乞いのときには黒い馬が神への捧げ物として奉納され、晴れを願うときには白い馬を奉納していました。それが徐々に簡略化されるようになり絵に描いた馬を奉納するようになりました。それが絵馬のはじまりです。現代では意味合いは変わっていますが。
だから白い馬が書かれた絵馬か、黒い馬が書かれたものか。それによってそのときに願われたことがわかります。
天候のはなしが出たことで思い出しましたが先日メールで
「明日は皆既日食ですよ~」と知らせてくださった方がおられました。どうせ私のことだから皆既日食のことなど気にせずに仕事しているだろう、と思ってなのかどうなのかはわかりませんが、とにかく皆既日食を知らせてくださいました。

昨日がその皆既日食でした。午前11時30分ごろのようでしたが、あいにく朝は雨が降っていましたし、11時ころも厚い雲に覆われていました。

そんなとき、とある方が御祈祷にこられました。
「晴れるように祈祷してください」と


昔はこういう祈祷が国家事業として行われていたわけですが、現代においてはなかなかありません。なんせ北京オリンピックのときでもありましたがミサイルをつかって人口的に雨をふらせてしまう時代ですから・・・

とにかく晴れを願う「日乞い」私も初めての経験でした。
では。いざ祈祷 (≧0≦*)ノ”


白い馬を奉納・・・は無理なので
白い馬の書いた絵馬・・・
も普段から置いてあるわけではないのでありません。白い馬とは違う絵の描いてある絵馬を奉納して祈祷しようかとも思いましたが、なんだか違いすぎるのでそれはやめておきました。
とりあえず普段と同じお供えをして祈祷しました。
平安時代には日本一有名な陰陽師である安倍晴明(あべのせいめい)公なんかもこういうことしていたのかなぁ・・・


そうそう!そもそもなぜ晴れますように。日乞いだったのかというと。
その日のその時間は皆既日食で、小学校では全校生徒が集まって特別授業で皆既日食の観察をしているとのことでした。
それで保護者の方がぜひとも見せてあげたいということで、ご自分でもてるてる坊主をつくって、あとは神様に祈るということでした。

いいお母さんだ~(*^ー゜)b



更新の励みになります。↓クリックしてくださると嬉しいですm(_ _)m
お願いいたします。

人気ランキングへ1票入れる
 a_01.gif FC2ランキングへ1票入れる


昨日はFC2は16位。人気ブログ25位。→ 今日の順位
きょうのできごと724 | Home | 7不思議

コメント

で、晴れたんですか?
晴れたんですか!?
日食はどうでしたか!?

2009/07/23 (Thu) 23:13 | なな #XrwkbYLc | URL | 編集

こんばんは♪
その甲斐あって、晴れとまではいきませんでしたが、根気強く上を見ていれば日食は見れましたね(*^_^*)

それはそうと、祈祷っていきなり行ってもやっていただけるものなのですね。

2009/07/24 (Fri) 19:04 | AKIRA #O6rMi6SY | URL | 編集

24日は八坂神社の還幸祭。
 
今年も神輿渡御の奉仕をさせていただきました。

神様に最も近いところでお祭に奉仕をさせていただけるのは、「御神霊遷し」のときの宮司さん以外では神輿を舁く「駕輿丁」くらいで、今年も元気に奉仕ができたことに感謝の一言です。

心配された「夕立ち」の豪雨もなく、無事に御本社へ御戻りになりました。

西院では「ここぞ!」という祭典の前に「祈晴祝詞」という「特殊祝詞」があり、この祝詞をあげると あら不思議?!「100%」 晴れるんです\(^o^)/

それまでの雨が「うそのように」・・・・\(◎o◎)/

人間には「計り知れない」事がまだまだありますね。

宮司さんの「晴れ男ぶり」もその代表格ですね。

2009/07/25 (Sat) 02:51 | 西院 #- | URL | 編集
ななさま

どんよりとしていた空が、祈祷をしだした途端にさぁ~っと光がさしてきました。
そして祈祷が終わったころには空は明るさを取り戻し、太陽の女神の微笑みが浮かんでいました。

・・・・・しかしそのときにはすでに日食は終わっていました・・・

2009/07/26 (Sun) 22:23 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
AKIRAさま

子供たちもぎりぎり、ほんの少しだけは見られたそうです。

祈祷はいきなりでももちろんできますが、神主が出張祭などで不在のこともありますので・・そんなときはゴメンなさいということで

2009/07/26 (Sun) 22:26 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
西院さま

ご奉仕お疲れさまでした。
「祈晴祝詞」ですか。古くから伝わるものなのでしょうか。
ところで私の「晴れ男」伝説もそうですが、西院さまとの入れ違い率も人間には計り知れないなにかを感じます(笑)

2009/07/26 (Sun) 22:29 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する