ミーム

今日私はミームという言葉を知りました。
みさなんご存知でしたでしょうか?
「ミーム」です


ミームとは、ミーム谷に住むカバによく似た生き物で、ガールフレンドがスナフキン・・・
。。。ではありません。

ミームのガールフレンドはスナフキンではなくノンノンです・・・
。。。そこが違うことが問題なのか?とツッコミがはいりそうです。
はい。問題はそんなことではありません。スナフキンとノンノンを間違えたくらい大した問題ではありません。


問題なのは、ノンノンとは初期アニメの頃の名前であって、現在ではフローレンと呼ばれています。
・・・しつこいですか?すみませんm(_ _)m



まじめに書くと、ミームとは動物行動学者のリチャード・ドーキンス博士が提案したもので、人類の文化進化の文脈において用いられる概念で、文化を人の脳から脳へと伝達される自己複製子(情報)であると見なしたときに、伝達される情報の最小単位のこと。
Wikiより

要するに生物は遺伝子によって自分の子孫を残す。
生物の遺伝子にあたるものが、文化におけるミームであるというわけです。
親の遺伝子を子が受け継いで伝達されていくように、文化はミームによって伝達されるということです。

たとえば服を着るという習慣は、とあるところで発生した「服を着る」というミームが多くの人々に伝達し広がり、受け継がれていった。というような感じでしょうか。
誰かが発見したこと、開発したこと、それらミームが多くの人々に受け継がれてゆく。

以前ブログでも記事にしているような気がしますが、この人から人へ伝わるコレが人間が他の生物とくらべて圧倒的に発展した理由でしょうね。

人間がほかの生物と違うところなんだと思います。
そんなことをぼんやり考えていたのですが、そういうことを今日学者の方が提唱されている。それを「ミーム」という。

なんだかうれしくなって記事にしてみました(=^_^;=)ゞ 


虎は死して皮を留め、人は死して名を残す

そんな言葉がありますが、このミームを人間が重要視していることがよく表れていると思います。
日本の武士も名を汚さないために切腹して死を選ぶ。ときとして自分の命よりも重要と考えることもある。これは生物として子孫を残すための遺伝子よりも、ミームのほうが優先されたということです。
普通の生物としては考えられないことです。

こういう考え方でミームをもうすこし広げて考えていくと、なんだかこれからの世の中で最も必要になってくるようなものである気がします。
個人が個を主張しすぎて、和が軽視される今、
生物として子孫を残す遺伝子よりも、ミームが優先されたというそれ
人間だけの都合で地球を破壊しているそれ


人間であるのだからこそ、そういうこともちょっと考えてみたいですね



更新の励みになります。↓クリックしてくださると嬉しいですm(_ _)m
お願いいたします。

人気ランキングへ1票入れる
 a_01.gif FC2ランキングへ1票入れる


昨日はFC2は9位。人気ブログ19位。→ 今日の順位
京の祭り舞台 | Home | 天運の男

コメント

 ミームは、そうとう昔にドーキンスが『生物=生存機械
論』の中で披露した面白いアイディアですが、今ではほと
んど評価されてないように思います。
 やはりこの本の内容の大半を占める「我々人間も含めて
生物は、DNAの乗り物にすぎない」という考えの方が遥
かに意味深いものだと思います。

2009/05/30 (Sat) 22:18 | zanki #- | URL | 編集

南米で、ヤシの実を石で割り、二本足で歩き回るフサオマキザルというサルが発見され、2004年雑誌サイエンスで紹介された、その姿は人類の進化の謎のヒントになるのでは、という番組がさきほどBshiで再放送されてました。
群れの中では、石で割るという行動が伝達され受け継がれている、とその様子が紹介されていました。

2009/05/31 (Sun) 13:45 | るる #- | URL | 編集
zankiさま

私はミームという言葉をはじめてききました。
ちょっと調べてみるといろいろな広がり方をしているようですね。
機会があればその本も読んでみたいです。

2009/06/02 (Tue) 21:25 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
るるさま

いろいろな角度から考えられますね。
生物の進化に密接に関わる「遺伝子」ですし、文化の発展と伝承に関わる遺伝子がこのミームなんでしょうね。
この発想はとても面白いです。

2009/06/02 (Tue) 21:28 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する