夢幻のごとくなり

先日から同じようなはなしばかりで申し訳ありません。ただ続けて書くとすごく長くなるのでそのとき思ったことを分割させて記事にさせてもらっています。


人間は目にうつったものをそのまま直接見ているようで、実は人間が見ている画像は自分の脳が作った画像であるということ。

脳が作った画像であるということは、もしかすると脳が自分に都合の良いように画像を作っていれば私たちは実際のもの、本当のものを見ずに、自分に都合のいいように見ているのかもしれないということ。

今自分が見ている風景。私の場合であればいま目の前にはストーブがあり、やかんが上にのっています。
この風景。極端なはなしをすると、脳が作り出した画像であるなら目の前のストーブは本物か?本当にあるものか?本当はストーブではなくて何か別のものではないのか?

それを証明することは非常に難しいことだと思います。

続きを読む前に人気ランキング
http://blogranking.fc2.com/in.php?id=147548

中国の戦国時代 宋の時代の思想家である荘子(ソウシ)の有名なはなしに胡蝶の夢という話があります。過去に記事にしていますが http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-170.html

胡蝶の夢
いつのことだっただろうか、私はうたた寝の夢の中で胡蝶(蝶々のこと)となった。
ひらひらと空を舞い、花から花へうつり楽しんでいる。私は私ではなく、胡蝶そのものが荘子となって飛んでいるのである。
やがてふと目が覚めるともとの荘子にもどっている。荘子がすぐに目をさましたのではない。胡蝶がまず目をさました。そうしたら荘子の目がさめていた。

だがこの現身の荘子が夢の中であの胡蝶になったのだろうか、それともひらひらと楽しげに舞いあるいていた胡蝶が夢の中で荘子という人間になっているのだろうか。
荘子が胡蝶なのか、胡蝶が荘子なのか。
私が胡蝶なのか、胡蝶が私なのか
夢が現実なのか、現実が夢なのか・・・
どちらともいえないし、どちらともいえるようで・・・


というのが胡蝶の夢です。
古代ギリシャだったかどこかの哲学者が存在するということについて言っています。(多分です、あやふやです)自分以外の存在が本当に存在しているのかどうか、全て疑わしい。しかし他を疑っている自分は確かに存在していると。


しかしその他を疑っている自分が夢ならば・・・本当に自分は確かに存在しているのかどうかも疑わしいのかもしれません。


でも私達が今この世界で生きているということは、そういうことなのかもしれません。

数十億年、数白億年という長い長い時間の中で、宇宙という広い広い空間で、
私は今、この場所で、生きています。たった100年足らずの命を

大宇宙に存在する大いなる意思の一瞬の夢なのかもしれません。
でも、だからこそ自分の内には小宇宙が内在するし、大宇宙と一体となることもできるのかもしれませんし・・


更新の励みになります。↓クリックしてくださると嬉しいですm(_ _)m

人気ランキングへ1票入れる
 a_01.gif FC2ランキングへ1票入れる


昨日はFC2は9位。人気ブログ21位。→ 今日の順位
人間五十年 | Home | テレパシー3

コメント

面白い記事を書かれる神主さま、お久しぶりです。

「見る」と「認識」、不思議ですよね。
私もよく考えることがあります。
丸くツヤツヤした赤いりんご、
これは多くの人が同じように認識し、そう見えた、とされるのですが、
本当はそんな姿じゃないかもしれないのでは???と。
視覚と触覚で「ツルツル=ツルツル感」をそう思い込み学んできているのですが
例えばそんな形じゃないものを、そう理解しているだけとか・・。
そう思うと不思議で楽しい毎日です。

(おそらく、今の時代はすばらしい科学により実証されているはずですが・・・)

2009/01/18 (Sun) 14:16 | たま #koCIqGuQ | URL | 編集

神主さま
わたし、みかんを食べる時によくこんな妄想をします
皮をむく前に、中にはぎっしり甘い果実が入っていると
思いこんでるけれど、ほんとかなって。
むいたら橙色のみかんの実に変質するだけで
まるのままの、あの中身は違うものなんじゃって。

まあCTスキャンでもかけりゃ、あっさりわかるんですが。

ワタシ自身のことについてもそうです。
この体に入っているワタシと言う心は何者なのかって。
固有名詞で呼ばれてはいるけど、子供の時からよく
考えます。ワタシ…いやワタシというこの生命体は
なんなんだろうって。
神主様のおっしゃる「大宇宙に存在する大いなる意思の一瞬の夢なのかもしれません」って言葉にはやっぱりロマンがあります。

2009/01/19 (Mon) 01:54 | LINDA☆ #- | URL | 編集

お久しぶりです。センター試験が終わって一段落着いたので書き込んでみます。

疑っている自分という存在が実在することは疑えない、というのは近代フランスのデカルトさんの言葉ですね。
「我思う、故に我あり」です。
センター試験の倫理のために詰め込んだ知識です。
受験以外で使う時が来るとは思いませんでした。
真面目に受験勉強していたわけでもありませんが・・・

夢で見ているものも現実で見ているものも大して変わらないということは、すべてが夢で、現実だと思っているものはまた夢なのじゃないか、と思うことがあります。
今見ていると思っているものも夢も、すべて脳が作り出した映像だと考えたら、夢と現実が似ているのもちょっと納得できるような気がしました。


息抜きに楽しく読ませていただいてます。
更新頑張ってくださいね。

2009/01/19 (Mon) 16:36 | はまめし #- | URL | 編集
たまさま

お久しぶりです。
よぉ~く考えると不思議なことばかりですものね。
で科学技術も万能のように言われますが、実はそんなこともなくって。
そもそも物を生み出すことができないですよね。加工は素材を使って作ることは得意ですが・・
我々のもっとも身近な、というか我々自身でもありますが、生命というものは遺伝子組み換えたりして操作していますが作り出すことができないですし。
やっぱり不思議なんです。

2009/01/19 (Mon) 21:58 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
LINDA☆さま

ワタシ自身はなんなんだろう・・・
この問いはおそらく人がはるか昔から抱いていた問いなんでしょうね。そしてそれを深く深く真剣に考えてゆくと、多分神の領域というか、神にたどり着くはずです。

ロマンがありますか?ヾ(@^▽^@)ノ
そういっていただけるとなんとなくうれしいです。

2009/01/19 (Mon) 22:02 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
はまめしさま

おひさしぶりです。
どうでしたか手応えは。少しの間はゆっくりいっぷくできそうですね。
そうそう!「我思う、故に我あり」それそれ。
デカルトさんでしたか。
私は学生時分は全く勉強をしてなくて、受験勉強も一切しませんでした。だから今ほんとに苦労してます。ちょっとでも勉強しておけばよかったなって・・

頑張ってくださいね(*^ー゜)b

2009/01/19 (Mon) 22:08 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する