木を切る

3日ほど前の記事に私が境内の木を散髪した話をアップしました。今日はそれに関するおはなしを少々。
私はこの地域の町内でお世話されている神社などもお祭りをしてまわりますので、よく私のところにもはなしがやってくるのですが、神社にはえている木が大きくなりすぎて困っているので切りたい。もしくは自宅の木を切りたいがどうしたものか。

そろそろ秋の祭りのシーズンですので来月から近辺の町内でお世話あれている神社をまわりますが、木を切るのでそのお祭りのときにお祓いをしてもらいたいという依頼が2つの町内からありました。


神道では八百万の神々がおられるといいます。これはこの世の全てのものに神が宿るということです。山や川、海、もちろん木もです。
仏教でも一切悉有仏性というようにすべてのものに仏性(ほとけになるための本質)があると解きます。もちろん木にもです。
日本ではこのように考えますから神社にはえる木や、自宅でも年数の経った木を切ることに抵抗を感じるわけです。

続きを読む前に人気ランキング
http://blogranking.fc2.com/in.php?id=147548

私は神主ですので神道、神主の言葉ではなします。
八百万の神々、この世の全てのものに神が宿るわけです。もちろん我々人間も神と同質のものを宿しています。ですから偉大な人、功績のあった方を神として祀ります。学問の神様と崇められる天神さんは菅原道真公、乃木神社は乃木大将を祀ります。
我々一般の人間も神と同質のものを宿しますが、全ての人が神と祀られるわけではありません。

木も同じであって、木には全て神の性質が宿りますが偉大な、特別な木が神として祀られます。ちなみによくコメントをくださる木霊さまの奉仕される神社は木の神様を祀る神社です。

なにが偉大な木で、なにが特別な木なのかというのはそれぞれ違いますがやはり多いのは、とびぬけて大きな、立派な木。何百年、何千年も生きている木。伝説がある木。人々が
崇める木。そんなところでしょうか。
当神社でも樹齢850年のエノキを御神木と祀っています。御神木ですから神が宿る木、神の木ですからこのエノキは枝であっても簡単には切れません。

ですから木を切るというような場合、そういうことを聞きます。その木は信仰の対象ですか?その木に手を合わせる人はおられますか?
町内などでお世話されている神社の中であっても信仰の対象でない木は御神木ではないし、自宅の庭にあってもそこに手を合わせている木であれば御神木でしょう。
毎日手を合わせて拝んでいればそこには次第に神が宿ります。


御神木でないからといってこっちの都合だけで好き勝手に切っていいかというとそれはどうかと思います。神としては祀らないにせよ神の質のあるものです。(この世のすべてのものがそうですが)だから自分の都合で切るというようであれば自分でお祈りする。
御神木と祀ってはいないが、それなりに古い木であるような場合ちょっとでも気になるなら神職等に依頼して祭典を行うのもよいでしょう。祠の敷地にある木、自宅にはえる古い木などですね。
私のところにもそうやって依頼が来ますように、お近くの神社へ相談されると祭典等を行ってくださると思います。


更新の励みになります。↓クリックしてくださると嬉しいですm(_ _)m

人気ランキングへ1票入れる
 a_01.gif FC2ランキングへ1票入れる


昨日はFC2は11位。人気ブログ14位。→ 今日の順位
秋祭り | Home | うす髭危機一髪

コメント

お初にお邪魔いたします。
ウダムさんとこから飛んできました、とんがりねずみと申します。

実はワタクシ、卒論で「無神論」を扱ったほどの自称・無神論者・・というか、目に見えないものを「拝む」という行為に抵抗を感じます。(とかナントカ言いながら、寺社詣でが好きで、そこらじゅうで無銭参拝しとります)
でも、B'zの歌じゃないけど「ミエナイチカラ」みたいなパワーはあると思うんです。
特に樹木や花。
バラが好きで育ててますが、剪定はしても、花を切って花瓶に飾る・・ってのに抵抗を感じます。やはり草木は根を下ろしている姿に美しさ、たくましさを感じます。

そうか・・・家の木でも拝んでいれば神が宿るのですね。
早速実践してみようと思います。
良いお話を読ませていただきました。

2008/10/30 (Thu) 15:21 | とんがりねずみ #IHLSsbW6 | URL | 編集

樹木と言えば、十羅二の場合は祟りをなす木…を一番に思い出してしまいますかね。

国道を作る時に大きな樹があって、それが邪魔になる…で切ろうとするのだけれど、どういう訳か工事中の事故等、トラブルが多発する様に‥‥‥‥‥(汗)

仕方ないので、国道の工事計画を一部変更し、その樹を迂回する形で国道が作られました。
…というお話。
この話に出て来る樹、北海道の道南地方の某国道に今でもあります。

樹木一本でも命があり神様も宿る。
そして、時には祟りをなす。
たかが樹木一本だからといって、簡単に切ってしまったり、粗末に扱ったりは出来ませんね。

2008/10/30 (Thu) 21:19 | 十羅二 #- | URL | 編集

うちの職場、一部立て直しをするために、現在の建物が建てられる、もっと古くからあった樹齢何十年、多分百年以上の樹木をばっさり・・・
由緒ある場所に後から来たものがこんなことをしていいものかと憤りを感じます。

祟れ・・・祟れ・・・

え?今誰かが私の背後から囁いて行きました。

2008/10/30 (Thu) 22:22 | 阿修羅王 #QmhNi1cU | URL | 編集
とんがりねずみさま

はじめまして。コメント書き込みありがとうございます。
無神論、社寺参拝、見えないパワーをあると感じる。
決して悪い意味や変な意味ではありません、とんがりねずみさまは絵に描いたような日本人のような気がします。正月に神社へ詣り、お盆に読経、クリスマスにお祝い。いい意味ですよ。

木だけでなく、そういう話は昔からいろいろあります。大きな岩だとか不思議な形の石だとか、昔の人がそれらに不思議を感じ拝んでいた、それがずっと続いて今ではそれが御神体になっている・・・とか
どうぞ今後もよろしくお願いたします。

2008/10/31 (Fri) 20:08 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
十羅二さま

そういうおはなしもときどき耳にすることあります。

そのとおりだと思います。樹木一本にも命があり神が宿るものである。それはわたしたちも同様であって、一人の人間であるが神と全く異質の存在ではない。自分のうちには神が内在するということ。
それに気がつくかどうか・・・ですね

2008/10/31 (Fri) 20:12 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
阿修羅王さま

樹齢百年以上の木なら結構なものですね。自分たちよりはるかにながく生きているのですから多少なりとも敬う気持ちをもってほしいですね。
そう!後からずかずかとやってきて好き勝手をするのはどうかと思ってしまいます。うちの場合でも・・・850年前からここにずっと生きているのですから

2008/10/31 (Fri) 20:15 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
おやまぁ!

暫く拝見できませんでしが、なにやらうちのことをご紹介いただいたようで(汗
当神社にも樹木伐採清祓の依頼はあります。その中で少々困るのが、既に木を伐ってしまって枝だけ持ってきて、これでお祓いをしてくださいという方。枝葉を刈ったのであればまだしも、切り倒してしまってからこられることもあります。その時は樹木伐採祓の意味を説明して、次にそういうことがある場合には事前に来るように伝えています。最近はそういう話が伝わっているのか、枝を持ってくる方はめっきり少なくなりましたが・・・。

2008/11/03 (Mon) 13:49 | 木霊 #a0J2.lfM | URL | 編集
木霊さま

ウチでもあります。切ってからお祓いしてくださいということ。とはいっても既に伐採してしまっているのでどうしようもなくとりあえず切った痕で祓いをします。

2008/11/04 (Tue) 22:36 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

私から質問をしておきながら、コメントが随分と遅くなりましてすみません。
さて、木について神主さまがお尋ねされること、「その木は信仰の対象ですか?その木に手を合わせる人はおられますか?」ということについて、考えてみますと、うちの木に関してはNOですね。そう思ってみると、あれ、切ってもいいのか、という気になってきて、どうしようかという気持ちがすっかり晴れてしまいました。よって、この木は主人に切ってもらうことにしました(この期に及んでも自分では切らない)。
どうもありがとうございます。すっきりとしました。さすが神主さまです。悩み事をスパッと解決してくださいますね(^^)

2008/11/06 (Thu) 23:48 | nashitsubo #- | URL | 編集
nashitsuboさま

すっきりされたのならよかったです。
記事でも書いていますが、人間の都合で切るのですから切る前にご自分で結構ですので供養というか、いたわりの気持ちをもって祈ってあげてくださいね。

2008/11/10 (Mon) 23:01 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/03 (Fri) 09:54 | # | | 編集
Re: 松の木について

非公開コメントで、メールアドレスが記載してありましたのでそちらにお送りしておきました。

2017/03/04 (Sat) 17:59 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する