しゃば

一月はまもなくおわります。毎年つい1週間ほど前にお正月を迎えたのにもう1月が終わる、はやいなあ。。。と思うのですが、今年は「うん、こんなもんだろう」というような体感時間の早さです。

いまこの記事更新はかなり急ぎながら書いています。今日は4時から駅前のホテルで神社の総会がありますので出席するために出かけます。いま3時ですからそのためにボチボチ用意して出掛けないといけないのですが、3時半に一件予定があるので、それを済ませてからでかけます。で、その3時半の予定までに少し時間ができたので急いで更新中(*^_^*)


1月は元日からどこの神社も忙しいのですが、正月の忙しのが一段落したら次は2月の節分祭がありますのでその準備がはじまります。なので1月、2月はぎゅぅっと濃厚な時間なわけですが、よく考えると私は今年になってから出掛けるのは今日が初めてではないかぁと思います。
もちろん、ちょっと郵便物をだしにポストまでとか、大根とにんじんを買いに商店街までちょっと10分くらい・・・というのはありますが、作務衣や白衣(白い着物)から着替えて出かけるのは今日が初ではないかぁ・・・
というわけで、今日おつとめを終えてシャバの空気を吸いに出ます


ところで「シャバ」は刑務所からみた外の世界、出所したときにシャバの空気、等といいますが、もともと仏教用語なんですね。
娑婆(しゃば)仏教用語では、語源由来辞典では「忍耐」を意味するサンスクリット語「saha」から。この世は内に煩悩があり、外は苦しみを耐えしのばなければならない俗世であることから「忍土」と漢訳され、自由のない世界を「娑婆」「娑界」とよばれた。と書いてありました。
私達がなにげなくつかっている言葉で仏教が由来の言葉ってけっこうたくさんあります。それにくらべて神社、神道が由来の言葉って少ないような気がします。以前にお坊さんと神主が対談するテレビ番組に出演したときに、仏教由来の言葉、神道由来の言葉、それぞれどんなものがありますかねえ、という話題になったのですが、神道由来の言葉のほうがすごく少なく、かなり考えないと出てきませんでした・・・

これは神道が教義教典をもたず教えを明確に言葉にしていないからなのでしょう。私はそれもまたいいところだとは思いますが、現代社会では有る程度は言葉にしていかないといけないのだろうなと思っています。
と、とりとめのない話しを書いているところで、時間切れとなりました。

それではシャバの空気を吸いに・・・( ̄―☆キラリーン



よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる

明日は節分 | Home | 大雪の影響

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する