大雪の影響

1月15日、全国的に大雪でしたが京都でも雪が降って、うちの神社も境内は雪化粧でした。

170115IMG_20170115_081718.jpg

170115IMG_20170115_081853.jpg


170115IMG_20170115_081835.jpg

170115IMG_20170115_082009.jpg
170115IMG_20170115_083148.jpg   170115IMG_20170115_094929.jpg


1月15日にはどんど焼(左議長)があります。近隣の方々が持ち寄るしめ縄やそお他お正月飾りの御焚き上げです。1月15日の朝7時半から月次祭がありますが、その後お祓いをして持ち寄られたしめ縄や門松などお正月飾りの御焚上げを行いますが今年はこの大雪です、火をつけることもとてもじゃないですが無理ですし、神社まで正月飾りを持ってくること自体が難しい感じです。その時間結構吹雪いていたりしましたので、どんど焼きは翌日に延期しました。
170115IMG_20170115_083520.jpg


いままでどんど焼きの日に雨がふったり、雪が降った年もありましたが朝には御焚上できなくても昼から火をつけたり、ということはありましが延期したのは初めてのように思います。
とはいえそんな吹雪のなかでもやはり持ってこられる方はおられます。どんど焼きで焼いたしめ縄飾り等の灰を持ちかえって自宅敷地にまくと厄除けになるとする風習がありますので毎年かならず灰を持ってかえる用の袋も持参される方ですが、今年はこの大雪で御焚き上げが翌日に延期となりましたので灰をお持ち帰りいただくことはできませんでした。


しめ縄や門松というようなお正月飾りを燃やすのですが、この時期は古い御札や御守りを納める方も多い時期です。正月に新しい御札や御守りを受けて古いものを納めるという時期ですから。
1月15日の御焚き上げではお正月飾りを燃やすということで、古い御札や御守りとはなるべく分けるようにしていますが、数が多いので完全には別けることはできません。
今年はこの納めものの中に大事なものを間違えて入れてしまった、という方がおられました。古い御札を納めるための袋の中に自分達の子供のへその緒を入れてしまったというのです。赤ちゃんが生まれたときに健康に育つようにと御札を受けた、それを新しい御札と取り換えるため古いものを納めた、ということなのですが赤ちゃんのためのもの、というくくりでへその緒も一緒に混じってしまったようです。
それは大変、ということで大量の納め物のなかを探してみたところ無事にすぐみつかりました。
よかったよかった。しかし大雪で御焚き上げが延期でなければもしかすると燃えてしまっていたかもしれません。
大雪の影響こんなところにも出たようです、いいほうの影響ですね。



よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


しゃば | Home | 01/15のツイートまとめ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する