エノキ保全

本日から、御神木のエノキの保全工事が始まりました。

161215IMG_20161215_094535.jpg   161215IMG_20161215_094709.jpg


もともとは、
10年以上前ですがエノキからキノコが生えるようになりました。その頃は私はまだ神社に常駐していませんでした、父親が生きていましたからね。その当時はキノコの量はほんのわずかでしたが、私が神社に戻ってきてすぐの頃ですから数年前くらいからそのキノコが頻繁に生えてくるようになりました。

それでキノコ博士
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-152.html
に相談してみたら、キノコが生えてくるのはやはり木が弱ってきているからだと言われまして、一度樹木医さんに診てもらうのがいいかもしれません。とアドバイスを頂いていました。
この御神木のエノキは京都市の天然記念物ですので、樹木医さんのことを京都市にも相談してみたところ京都市の他の案件で依頼している樹木医さんがいるんのでその方にみてもらいます、と紹介をしていただきました。
そして樹木医さんに診てもらったところいたるところが腐っており空洞化が進んでいるということで、どんどん空洞化が進むと倒木の危険もでてくる、ということでしたので空洞化の進行をとめて腐朽を遅らせるような処置をする、ということになりました。

161215IMG_20161215_092656.jpg  161215IMG_20161215_092645.jpg


御神木ですから本当はあまり触りたくないのですが、大枝が折れたときには奇跡的に建物にも、人にも被害はなかったのですが、次になにかあったときに同じように無事で済むかどうかわかりませんから、できることはやっておこうということです。

161215IMG_20161215_132322.jpg

べつに放っておいても数十年くらいは倒れることはないけれど、100年後、150年後にはその恐れがあるということです。
当然その頃には私は生きていません。
私達の生きる時間の流れ方とこの御神木の時の流れ方の違い。あらためて考えるとすごいものです。それが御神木たる所以です。
これからも多くの人の生きる様を見守ってください。





よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


12/15のツイートまとめ | Home | 12/13のツイートまとめ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する