高校生がオススメする!二条界隈のおもろいとこポスター展

昨日、「高校生がオススメする!二条界隈のおもろいとこポスター」展というものに招待していただいたので行ってきました。三条会商店街のカフェでの開催でしたので神社のすぐ近くですし、ちょっと仕事をぬけて行ったらいいか、ということで行くことにしました。

これは高校の授業の一環で「人間力講座」なるものがあり、高校生が課題解決のためにチームとなって、自分達で考え、発信する授業ですが、その中で二条、三条会商店街の近隣をフィールドとして、高校生がオススメするおもろいとこをポスターにして紹介しよう、という課題。

9月ころに高校生たちが近隣を歩き回って写真をとったり、インタビュー、取材をしていました。そのとき大勢の高校生たちが入れ替わり立ち替わり神社にやって来ました。そりゃこの近辺をあるきまわっていたら神社はうちしかありませんから、お、ちょっと立ち寄ってみようか、となりますよね。
インタビューもチーム毎にやるので、合計すると10回くらい同じような話しさせられたのではないかと思います。

その成果のポスター展です。ポスターの題材とさせてもらったところの方にできあがったポスターを贈呈して、御礼、ポスターの狙いなどを発表するというものでした。
神社もポスターになっていましたので招待していただいたので行ってきた、というわけです。
行って驚いたのは、作品のレベルの高さです。高校生がつくったものとは思えない出来栄えのものがたくさんありました。
写真の使いかたが秀逸だったり、キャッチコピーが見事なものだったり。すごいなぁと先生にお話をきいてみると、ポスター作成するプロのデザイナー?さんに指導してもらいながらやったということでした。しかしさすがに若く感性が豊か、鋭いんでしょう。
大人ではなかなかできないな、というものがあり関心しきりでした。

161205IMG_20161205_140125.jpg   161205IMG_20161205_143122.jpg  161205IMG_20161205_140040.jpg

161205IMG_20161205_135946.jpg  161205IMG_20161205_135838.jpg

写真はボケボケですか・・・作品は目の醒めるようなものばかり


こういうのはすごくよい授業だと私は思います。課題にむかって自ら考え、発信する力を養うという本来の目的ももちろんですが、実際に地域を歩きまわって、自分達の目線で見て、調べて、聞き取りをして、ということがいい。そこで暮らす人、生の声、その場所に在るものに直接触れるということで、観光地を訪ねる、ネットで調べただけの情報にはないものが見つかったと思います。

文化や伝統、風習を知る、まもる、というと大げさに感じます。伝統ってそこで昔からおこなわれてきたことですが、遠い昔の人達は「よし、伝統、文化をつくる」と考えてやっていたわけでなく、人の暮らしの中に自然とあったものがそうなったのだと思います。

今回高校生たちが見たり聞きとりしたりした、そういう事のなかに地域の伝統や習慣があったりするわけで、それらを知る経験をし、それを発見する能力がついたならそれは本当に素晴らしいことだと思います。

将来を担う頼もしい力を養ってください!!

PS
歩いて5分くらいのカフェでの開催で、14時から14時15分の間に行きます、と時間もかっちり決まっていたので、ちょっと仕事ぬけて行ってすぐ帰ってこられる、と考えてささっと行ったのですが、
なんと担当の高校生たちのチームが勘違いしてしまったらしく、まだカフェに着ていないというまさかの事態が。彼らが到着するまで結局40分くらい向こうで待つことになってしまいました。まぁその間たくさんある作品をじっくり見ることができたのですが、
帰ってきたら、「来客がありましたよ」、「○○様から電話ありましたよ」、携帯に電話かけたのに、部屋で鳴ってるし、電話も持たずにどこに行っていたんですか、と怒られました。
すぐ帰ってこられると思っていたんですもの・・・( ̄_ ̄|||)



よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


12/13のツイートまとめ | Home | 12/05のツイートまとめ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する