白雲の下に

先日のブログで更新していますが、龍像の周りに白砂を奉納していただきまして、龍が雲海を泳いでいるようになりました。この白い砂は目が細かくてまるで白雲です。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-1348.html

さて。
栁の下には泥鰌(どじょう)がいます。桜の木の下には死体が、太平洋の下にはムー大陸がありますが、この白雲の下には・・・



ねこのウ○チが埋まっておりました。
サラサラの砂ですのでネコが気持ちがよいのでしょうか、しょっちゅう砂浴びもしています。そして排泄まで・・・( ̄_ ̄|||)
この近辺を縄張りにしているネコがおりましてそれが、コイツ。おそらくコイツが犯人・・いや犯猫です。


1610141.jpg

先日現場も目撃したのでほぼ間違いはないでしょう。こいつ以外にも共犯がいるのかもしれませんが。毎日なんですよね。毎朝掃除をしてウンチとっているのですが、次の日の朝にはこんもり砂の山になっている。朝に取りますから参拝の方の来られるときにはウンはない状態ではあると思いますが・・・


このネコよくいうと「堂々としている」。普通にいうと「ふてぶてしい」。
神殿の上でもおかまいなし。というむしろ神殿を選んで寝転んでいるのでは?とすら思えてくる。雨の日とか濡れませんしね、雨の日の後など神殿にネコの足跡がついていることがよくあります。

神社の隣に住んでいる方の飼っている犬(小型犬、パピヨン)がワンワンっと吠えてもまったく動じない。むしろ犬のほうが逃げるくらいの貫録です
参拝の方が近づいてもギリギリまで逃げない。だから神殿にネコが鎮座( ̄_ ̄|||) している光景を真近で目撃される参拝者も数多い・・・

私がそういう光景、社殿にのったり、砂でウ○チしようとしたりするのを見つけたらすぐに追い払いますから、さすがに私の姿をみたら逃げていきますがすぐ帰ってきて毎日神社境内を我がもの顔で歩いています。自分の縄張りだとおもっているんでしょうね。


私は個人的には動物は好きですので、ネコもかわいいなぁと思います。捨てネコの保護活動のお手伝いもよくやりますし、いままで里親さんを探して10匹くらい保護したと思います。
なにも被害がなければネコがいるくらい構わない(仕方ない)のですが、実害が出てくるとちょっと困ります。
ウンチやおしっこをそこら中にするのもこちらは困るのですが、恐ろしいのはツメ研ぎです。神殿の柱でガリガリとやられると真っ青になります。修復するのにかかる費用は普通の家の柱と比べけた違いです・・・

私の父親がいた頃ですからもう10年以上前ですが、この付近にネコが大量に(10匹以上)住みついていたことがあり、その時は神社にも常時数匹がいましたが、今はつねにうろちょろしているのは1匹だけです。その時に比べたら大したことはないので白砂にウンチされないように対策を考えながら当面は様子見です。
どなたかよい方法を御存知の方おられたら教えてください。


ウンチやおしっこを境内でされるのは困りますが彼らにしてみれば生理現象なわけで、生きているだけです。私の基本的なスタンスなのですが、人間の都合だけで他の生き物を排除することはなるべく避けたいなと思っています。仕方ない場合は、それは仕方ないですが(そういう場合は割り切ります)、できる限りは共に生きていきたいと。

以前にもブログに書いていますが、社務所にスズメバチが入ってきたときにも丸めた新聞紙、虫とり網で対決しました。笑い話しですが、殺虫剤を使うのは嫌いなんです(笑)

でも、社務所の柱に白アリがついたときには白アリ用殺虫剤をこれでもかっ!というくらい振りかけました。これは仕方ない場合。

掃除するときにクモの巣があったら、神殿の場合はきれいに取り除くのですが、屋外の場合はなるべく残しておいています。クモにしたらせっかくつくった自分の巣で、食べ物を手に入れる道具をいきなり壊されたらえぇぇ( ̄□ ̄;)!!てなりますものね。
これも場所によってですけどね。
今日も掃除中にクモの巣を見つけました。参道のよこ木のと木の間なのでとくに邪魔にならない場所なのでそっとしておきました。
161014IMG_20161014_165222.jpg


人間にもほかの生き物にそれぞれ都合がありますから、できるだけそれぞれの都合を尊重しあえればなぁと。そんなことを思っています。
そしてもちろん人間どうしもお互いの都合を少しずつのんで、尊重しあえればすばらしい世界になるのでしょうね。



よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


10/20のツイートまとめ | Home | 10/10のツイートまとめ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する