お客様

今日も朝から快晴で、気温もぐんぐんあがっています。楽勝で35度越え。
すこしでも涼をとろうと打ち水したりもしますが、すぐに乾きます・・・

そんななかですが、今日は朝から神社の入り口が濡れており、水たまりができています。
おや?打ち水が残っている?まいた水がそんなに多かったのか?と思って一度はスルーしたのですが、いつまでたっても水はなくなるようすはありません。それどころか水たまりの大きさがどんどん大きくなっています。
涼しげでよいのですが、たぶんこれ地面から水が出てきているんだろうな。
神社では湧き水はよくあります、なんとかの名水というのも神社から湧き出るのもよく聞く話し。おぉうちの神社からも湧水!!



いや、道路から水が湧き出しているのですから水道管の破裂による水漏れですよねコレ・・・

ということで武信名水は幻におわり、暑いなか水道局のほうから神社の入り口道路で水道菅補修工事をおこなっていただきました。

160809IMG_20160809_132120.jpg     160809IMG_20160809_132230.jpg

2時間くらいで完成。すごいもんです。
160809IMG_20160809_153628.jpg


もうひとつ珍しいことといえば、夕方からはアメリカからお客様がおみえになりました。私の母親の身内(従妹なのか、もう少し遠い親戚なのかはよくわかりません)がアメリカへお嫁にいっておられます。国際結婚されたそうなのですが、その方が数十年ぶりに日本へ帰ってこられるというか子供や孫さんたちと日本旅行にやってくるということで、うちの神社へもおこしになりました。

日本の方なのですが、数十年もアメリカで暮らしていると、言葉も英語が中心になるようで、私とお話しているときには日本語ですが、途中無意識に英語が出たりしていました。
それから、お寿司や天ぷらが、スーシィー、テンプゥラー、と英語風な発音になっていたりしていました。おぉ、そうなるんだなとちょっと驚きました。
でも東京の方でも関西で暮らしが長くなったら自然と関西弁になりますし、そういうもんなんでしょうね。

母の身内の方の子供さん、孫さんはみなさんアメリカ人ですので日本語は話せませんので私は直接会話はできませんでしたが、日本大好きということで、境内を珍しそうに見ておられましたし、また本殿で正式にお参りがしたいとうことで、正式参拝もされました。

普段の参拝は本殿や拝殿の前から、お賽銭いれたり、鈴を鳴らしたりして拝みますが、正式参拝は拝殿や本殿の中に入り、神職のお祓いを受け、祝詞をあげたうえで、玉串を奉って拝礼をします。正式な方法での参拝。正式参拝、字の通りですね。


アメリカで暮らされているときは宗教は別のものだと思いますが、日本で神社にきちんとした形で参拝をしたいと思われるのは素晴らしいことだと思います。これすごく日本的。
神道では八百万の神がおられて、他宗教の神様もたくさんおられる神様のうちのひとつですから、自分の信じる神以外は認めない、ということにはならないんですね。
自分の大切にするもの以外も認め、受け入れるというもので、いま世界各地でテロが起きてほんとうに恐ろしい時代ですが、日本の神道の精神とはそれらを乗り越えるための一つの答えです。


よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


おしつけ | Home | ○○はじめました

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する