極悪

人間にはいろんな顔がある、
カンダタという男。人を殺したり、家に火をつけたりする大悪人だが、森の中をあるいているとき地面にもがいている蜘蛛が、踏みつぶされそうになってたのを助けてやったというやさしい顔ももっている。
逆にふだんは本当にまじめな人でも、裏で人にはいえない趣味をもつ人もある。


普段わたしは割と落ちついて、穏やかに過ごしています。神社にいるときはなおさらです。
しかし先日、極悪人になってしまいました。
しかも神社社頭で極悪非道の所業とあいなってしまいました・・・


巫女ちゃんがいた頃は彼女が授与所に座ってくれていましたが、今はいませんので私が授与所にいながら、いろいろと仕事をしています。授与所とは御守りや御札を受けたり、最近は多いですが御朱印を受けたりするところ。
そこで事務仕事などやりながら、御朱印お願いしますとか、お守りをお願いします、と参拝者が来られたらそれに対応しています。

その日もいつも通り授与所で仕事をしていました。とある名簿をつくっているところで、パソコンで作成してプリンターで印刷したところ。プリンターは少し離れた部屋に置いてあります。ちなみにうちの社務所は無線LAN環境がありますので、社務所内どこからでもプリンター等使えるんです。

で、プリンターまで印刷した書類をとりに行って、戻ってくると授与所に人が来ておられました。外国の方、言葉はフランス語だったのでフランス人のご夫婦(夫婦かどうかはわかりませんが、男女)なのでしょう。
御守り等を見ておられたので、用事があれば「この御守りください」とか声をかけてこられるでしょうから、とりあえず「こんにちは」と挨拶だけして、用事が決まって声をかけてこられるまで、と先ほどまでやっていた作業の続きをはじめました。

名簿を作成していたところでしたので、もとになった資料とプリントしたものを見比べて、間違いがないかどうかチェックです。間違いがないかのチェックですからじ~~っと右みて左みて、また右見てと集中してやってました。

その間、ずっとフランス人のおふたりは並んでいる御守り等をじっと見ておられます。うちの神社にはお御守りの種類はそれほど多くありませんが、どれにするかなかなか決まらないのか声をかけてはきません。ひたすらじぃ~っと見ておられます。私もそれをジロジロ見るのもなんだかアレなんで、チラ見しただけで自分の仕事をずっとやってました。

ですが、けっこうな時間が経過しも一向に決まる様子はありません。ひたすらじっとして、見ておられます。私の仕事が結構進んだのでそれなりの時間は経過したと思います。
それであまりにも長いあいだじっとしておられるので、どうしたんだろう?と思ってあらためてよく見てみると、そのフランス人の御夫婦(ではないかもしれませんが、男女おふたり)、御朱印帳をもって立っておられます。
そこで気が付きました。

あぁ( ̄□ ̄;)!! この方たち、朱印を受けたくて待っておられるんだ
「御朱印ですか?」と私から声をかけると、
「$%#♂\♀%・・・」(たぶんお願いしますと言ったのだと思う)
と言って朱印帳を出されました。

御守りをどれにしようか迷っていたわけでなく、私がなにやら仕事をしているから「御朱印ください」とは声かけずに、私の手が空くまで待っていてくださったのかと。
じっと見ていたのは御守りではなく、わたしのほうだったのですね。

その日は寒の戻りで、すごく寒かった日です。その寒い中、じっと立って待たせてしまった。極悪ですね。鬼畜の所業です。


いや、本当に申し訳なかったです。しかもその方、フラフラしているのでなく、ビシィっと微動だにせずに立って待っておられたのが余計に罪悪感が増してしまいます。

せめてものお詫びとして、そのときの朱印はいつもより3割増し(当社比)にしておきました。



よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


思考停止 | Home | 5年前

コメント

いいお話です。

2016/03/19 (Sat) 00:27 | たるま #- | URL | 編集
たるまさま

> いいお話です。
ありがとうございます

2016/03/21 (Mon) 18:11 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する