ゆるみ

はやくも12月。今年も残すところあと1カ月となりました。
一体なんなんでしょう、この時の流れるのが早いこと。よく時の流れはどんな人にも平等に訪れて、みんな同じように歳をとっていくといいますが、本当にそうなのか?自分だけ人の倍くらいの速度で時間が経過してないか?と疑いたくなるくらいです。
もう来週には新年の準備にとりかかります。そうなるともうバタバタと慌ただしくなる師走モードです。いまのうちに落ちついてできることをやっておかないと・・・


さて本日は外祭で出張にいっておりました。
出張といっても会社員の出張のように大阪から東京とか、遠方にというわけではありません。普通は神社内で祭りをおこなうわけですが、神社の外でお祭りをするので外祭。神主がその場所に出張してお祭りをするので出張祭です。
だから私、今日は出張したわけですが距離としては、徒歩5分。でも祭壇や道具類がいろいろあるので運ぶために車でいきましたから車で2分の出張でした。

神社の外でのお祭りですから使う道具等はすべて持って行きます。だから忘れ物をしたら祭りができないので、道具類に忘れ物がないか出発前にはわりと入念に確認をします。

今日も巫女ちゃんに手伝ってもらいなら、持って行く道具類を準備しました。一通り用意ができて後にはきちんとチェックをしました。これはある、これもある・・・よし全部そろっている。じゃああとは自分の着る装束だけを手でもっていけばOK。ということで巫女ちゃんに
「あとは装束だけなので風呂敷に包んでおいてね。」
と頼んでお昼ごはんに行きました。出発が昼一番だったので先に昼食をすませます。
昼食後にさあ出発、なのですが、出かける前に忘れ物がないか再度確認。いや最近よくあるのが、持って行くために準備をしていたのに、それを部屋に置きっぱなしにして持って行くのを忘れる、ということが多々あるので。お恥ずかしいはなしですが・・・
なので、出かける直前に最終の持ち物確認をするのですが、今日にかぎっては
出張といっても徒歩5分、車で2分の距離だし、さっきも確認したし、もし忘れものがあっても取りに帰れるし大丈夫だろう。ということで出かける直前の確認はせずに出発しました。

しかしそういうときに限ってなにか忘れているんですね。
現地で祭りの準備をすべて終えて、さあ着替えて祭りを始めようかというときに・・・
着替えているときに
「あ、烏帽子がない( ̄_ ̄|||) 」

烏帽子とはこれ
takenobu099577.jpg

まぁ装束を着るときにかぶる帽子ですね。

あぁぁ・・道具を用意したときに忘れ物がないか確認をしたその後に、巫女ちゃんに
「装束を風呂敷に包んでおいてね」と頼んだアレですね。確認をした後につくった荷物です・・・

巫女ちゃんは普段から頼んだことをきっちりとこなしてくれる優秀な子です。だから私が自分でやるよりも間違いが少ないのですが、それでもやはり人間忘れることも間違えることもありますよね。それが今日のこのタイミングで出てきたとは・・・

さて、どうしたものか考えました
1、取りに帰る。
近いので取りに帰ることもできるのですが、しかし準備もおわって、みなさん着席されて、さあこれから始めます、という状況になってます。その状況で忘れ物とりに帰りますとはなかなか言いにくい・・・

2、知らんぷりをして烏帽子をかぶらずにやる
これはない。かっこ悪いです。ちなみに装束をつけて烏帽子をかぶらないのはちょっと変、という感じですが、装束をつけずに烏帽子をかぶる。たとえば洋服を着たまま烏帽子をかぶるとびっくりするくらいオカシくなります。猿回しの猿みたいになります。
151205.jpg


3、髪の毛を逆立てて烏帽子っぽくする
今は髪の毛がないので無理。


でもまぁ近いので電話して巫女ちゃんに自転車で届けてもらいました。徒歩5分ですから自転車なら2~3分。ということで祭りを始めるまでに届いて無事にお祭りをおこなうことができました。

思えば出発直前の確認のとき、まぁ近いから何か忘れてても取りに帰れるからいいか、という気の緩みがあったのが原因ですね。
これから年末年始と忙しくなってくると気の緩みから大変なことになることもあるかも。あらためて気を引き締めていきましょう。


よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


笑う | Home | いままでなかった

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/10 (Thu) 15:29 | # | | 編集
しゃく

うーん、おじゃる丸でお馴染みの「しゃく」なら別に忘れてても構わなかったかもしれませんね。

祀りの種類によっては「しゃく」を持ちいない、とか教えていただいた事があります。でも何だか、しっくり来ませんでした。

また、神葬祭の時は扇子を持ちいておられた神主さんを見た覚えもあります。「しゃく」と言う漢字は「骨=こつ」ですからなんか関係あるんでしょうか?


変な気候です。また地震でも来るんじゃないか?と思ったり…実際阪神淡路の時のお正月はとても暖かったのがトラウマみたいになっています。

どうか良い歳を迎える事が出来ますように祈念しておりますm(_ _)mおやすみなさいませ。

2015/12/11 (Fri) 21:47 | ジンジャー #- | URL | 編集
Re: 楽しみに読んでます

書き込みいただきありがとうござます
本も購入していただいたということ、ありがとうござます
しかし電車は乗りすごさないようお願いします(笑)
そちらの天満宮の宮司さんもいろいろ幅広く活動されているので、一昨年くらいに京都でお合いしました

今年もあとわずか。がんばってのりきります

2015/12/14 (Mon) 23:04 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ジンジャーさま

「しゃく」も忘れたら様にならないですが、というか忘れたことあります・・・
まだ本物の神主になる前でした。父親のお手伝いで一緒にいったときです

>神葬祭の時は扇子を持ちいておられた神主さんを見た覚えもあります。
私もお手伝いに行きますし、むこうからもうちの手伝いしてくださる神社でも、葬祭では扇子使われます。私もそちらの神社の葬祭を手伝ったときは扇子を使いました。

2015/12/14 (Mon) 23:10 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する