気がはる

ただいま世間ではシルバーウィークという大型連休の真っ最中ですが、当然ながら私のところにはそのような、ひゃっほ~♪というような、ウキwkiな雰囲気はまったくありません。。アベノミクスによる経済効果が地方や一般人のところに恩恵がなかなかやってこないのと同じようなものでしょうか。連休の高揚感はわたしのところにはとどきません。
でもやっぱり今日あたりから神社に来られる方が多いので、あぁ世間は連休なんだったと気づくことはできましたけどね。


本日は出張の祭典のため夕方まで外に出ておりました。連休だからというのが関係あるかどうかはわかりませんが、今日は10時から15時まで、ホテルでおこなわれる結婚式のご奉仕でした。
そちらのホテルには本格的な神殿があるんですね。その神殿に神社から神様の御霊を遷し、いわばホテルの中に神社をつくってあります。本格的~。
ホテル内に神社があると聞くと「えぇ?」と驚く方もありますが、でもホテル内にチャペルがあるというのは結構あるのではないでしょうか。ホテル内に教会があるということには驚く人は少ないですよね。イメージってすごいですよね。


と、そんな話を結婚式が始まるまえにしていたのが原因だと思います。
間違いない。原因はそれしか考えられない。

結婚式には新郎と新婦がいます。「しんろう」と「しんぷ」が。
私が新郎新婦を呼ぶ時は、「新郎様」とか「新婦様」とか呼びます。式の進行をするのは私ですから、式中に頻繁に呼ぶんですね。「新郎様、御起立ください」とか。
それが今日は「新婦様」が「神父様」に脳内で自動変換されてしまいます。
ビジュアルはアレです、歴史の教科書に載っているフランシスコ・ザビエルさまに変換されてしまうのです。

お嫁さんに向かって「新婦さま、こちらの席にお座りください」のはずが「神父さま、こちらへ」になってしまい、
「新婦さま、新郎と指輪の交換を・・・」のはずが「神父さま、新郎と指輪の交換を・・・」
となってしまいました。神父と新郎が指輪交換してどうすんねん、てことですがフランシスコザビエルさんが浮かんでは消え、浮かんでは消え・・・



結婚式のご奉仕が済みホテルからの帰りみち、歩きながらお店のショウウィンドウにうつった自分の姿が目にはいりました。
私ふだんから姿勢があまりよろしくありません。いわゆる猫背なので肩や首が前に出がちです。意識して背筋をのばすように気を付けてはいますが、気が緩むとすぐに曲がっています。が、そのショウウィンドウにうつった姿は背筋ピンとのびて姿勢がよい姿がうつっていました。無意識に背筋がのびていたんですね。

これは多分、祭典がおわってすぐだったからなんでしょう。
新郎と神父が指輪交換とか、フランシスコ・ザビエルさんがとか言ってますが、祭典中は集中していますから、ピンと背筋がのびているのかも。あとは装束をつけていというのもあるかもしれません。洋服は体にあわせてつくられますが、装束、和服もそうかもしれませんが、直線的な布をあわせてつくられています。なのでそれらを着るとスッと背筋がのびるのかも。

それでそのままの状態で帰ったので帰り道も猫背でなかったのでしょうかね。
普段は気がゆるむとすぐに姿勢が悪くなるのですが、気が張っていると姿勢もよくなるんですね。気持ち(精神)と体は連動しているということなんでしょう。

気持ちと体は連動しているってことで、病は気からとか、健全な肉体に健全な魂が宿る(元々の意味は違うようですが)とか、よくいったものです。
体と自分の気持ちが連動しているっていうことですが、もう少し考えを進めてみると、自分の体と自分以外の気持ちも連動しているというのも言えると思います。
スポーツの試合中、ゲームの流れが変わったとかいうとき、流れがこちらにきたとき実力以上のものを発揮できたり、流れが相手にいってしまうと本来の実力の半分も発揮できなかったりというのはよくある話です。

自分の体ではありますが、自分以外のものの影響をうけている、自分以外のものとも連動している。自分の体や精神というのは自分だけで成り立っているものではなく、様々なものとつながっていて、言い換えると様々なものの複合体でもあるということでもある。
自分が何と繋がっているのか、それはこの世の中にあるあらゆるもので、日本の古来からの考え方、神道では八百万の神々とつながっているとします。我々人間は神の子孫であり、神と本質的に同じものであると。

普段は自我、自分の意識が表にでてきているのだけれど、気が張っているときというか、集中して雑念がないときなんていうのは体や精神が神様とつながった状態・・・に近いのではないかなぁ。なんていうことをショウウィンドウにうつった姿をみておもったのでした。



よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


風をうけて | Home | 笑ってはいけない

コメント

言葉遊び

シャンデリア、シャンデリア、シャンデリアと10回言ってみて下さい。毒リンゴ食べたのは? シンデレラじゃありませんよ。正解は白雪姫!


うーん、シンプで何かやってみたいですが、直ぐ浮かばないです。神主さん是非とも甥っ子さんにしてみてまた記事にして欲しいですね。                      いつも有り難うございます。失礼致しました。    

2015/09/22 (Tue) 22:22 | ジンジャー #- | URL | 編集

こんばんは。もう秋祭りの時期ですね。
家の近所の八幡神社の秋祭りの祭囃子の練習の音が夜遅くまで聞こえてきています。

フランシスコ・ザビエルの指輪交換で思いっきり笑いました。
自室でよかった…(笑)
歴史の教科書ではあんな感じのザビエルさんですが、西洋の肖像画では、結構イケメンらしいです。フランシスコ・ザビエルのミイラはインドにあったはずです。確か…。

どうでもいい話なのですが、教科書にあるフランシスコ・ザビエルの絵は織田信長、黒船のペリーと並んで子どもたちに落書きされやすい肖像画なんだそうです。

私も神社やお寺で笛を吹くとき、気が張ってるんだと思います。あまり自分では感じませんが、だいたい翌日に肩こりと頭痛がやってくるので、あぁ、かなり気が張ってたんだなといつも思います。

2015/09/23 (Wed) 19:56 | 煌夜 #- | URL | 編集

私もこの前、結婚式の御奉仕をさせていただきました。
このブログを読んだ後だったらザビエルがチラついていたに違いない((((;゜Д゜)))

2015/09/26 (Sat) 23:24 | あきな #- | URL | 編集
ジンジャーさま

ことばあそび、よくありますね。
少し前の記事の宝船のうたも、ほんとよくできていると驚きます。
  

2015/10/02 (Fri) 18:22 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
煌夜さま

おぉ、イケメンさんなのですか。
歴史の教科書に落書きされる確率はおそらくナンバーワンではないでしょうか、ザビエルさん。
わたしもやってました・・・

翌日の肩こり頭痛、緊張や普段と違うところに力はいるとか、あるんでしょうか

2015/10/02 (Fri) 18:25 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
あきなさま


お、結婚式されましたか。
おしい!
もう少しはやければザビエルの指輪交換を体感してもらえたのに

2015/10/02 (Fri) 18:27 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/02 (Fri) 20:13 | # | | 編集
Re: タイトルなし

> >翌日の肩こり頭痛・・・
あ、そっちのほうなのですか。
いっぱい頼られているんですね。
まあ頼られて、お相手のためになるのならよしとしましょうか。←ひとごと(笑)
まあ、冗談ですまないようなら本職いますものね近くにいっぱい

2015/10/23 (Fri) 23:44 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する