出たり入ったり

世の中いろいろ複雑なこと、あります。
神社にいろいろお問い合わせがありますが、自宅にお祀りしていた神棚を撤去したいのだけれどどうすればよいのでしょうか。というものがあります。
神社の立場としては自宅に神棚を設けて神札を祀るというのはぜひおこなってくださいとお勧めすべきものなのですが、それを撤去するということですのであまり喜ばしいはなしではありません。
しかしポイっとゴミで処分するわけにはいかないし、どのようにすればよいのか、神社でおこなっていただきたい、きちんとしたいというお気持があるということですのでそれは良いことですし。
残念なことですが、良いことでもあるという複雑な感じですね。

残念なことですが、現代では家庭の在り方環境がずいぶんと変わっていますから、致し方ないことも多々あるようにも思います。代々の土地、家に親、子、孫とずっと住み続けるというのが少なくなっていますから、自分の実家で親が亡くなった後、それまで神棚でお祀りしていたが、誰も住まないので神棚で祀るお世話ができなくホコリだらけになるのが心苦しく、大変気になってしまう。とか、家を処分するからとか、引っ越しするからとか。

ながくお世話になっていたものでしたら、最後はやはり丁寧に感謝をこめて奉告をしたいものですから、そういう場合はそちらへ伺って、祭典をおこなってから神社へ持ち帰り御焚き上げということになることが多いのです
それで燃えるものはお清めの後に焚き上げますが(最初燃えるものと打ちこんだら萌えるものと変換された・・・燃えるより萌えるのほうが優先順位高いのか)、燃えないものはどうしようもありません。
燃えないものにどういうものがあるかというと、付属品が金属や陶器であること例えばロウソク立てや榊立てなどです。こういうものはこちらで付属品ですからご自分で処分してくださいねと伝えています。ほかにはえびす様とか布袋様、大黒様とかの像が多いですね。

もともと神道は仏教の仏像と違い「像」はありませんから神棚に神像があることは少ないのですが、仏教と習合し仏様と同一とされることもあります。
たとえば神話の英雄神スサノオノミコトと牛頭天王、オオクニヌシノミコトと大黒天、イチキシマヒメと弁財天とかいろいろあります。そんなことでもありますし、七福神は日本以外がルーツであるの神が多いので神像(仏像?)としてよく祀られています。

ロウソク立てや榊立てのような付属品ならば燃えないので処分してくださいね、ですみますが神像の場合はそういうわけにはいきませんから、御霊抜の後に必ず引き取ってきてきます。でも燃えませんからその後どうしたものか・・・となるわけです。
理屈のうえでは御霊のない状態ですので、ただの像。土産屋さんで売っているウルトラマンの人形と同じなのですが、実際にはそういうわけにはいかないというのが人の気持ちというもので、私もやはり捨てるのはなぁ・・・となってしまいます。

そんなことで燃えない像の場合は、御魂抜の後に境内のすみのほうに飾っていました。お祀りしているのでなく飾っているだけ。なのですが、参拝の方がそれを見かけたら御祀りされていると思ってしまうものなんですね、そこで手をあわせていかれる方もあります。神社で神像をみかけたらそりゃぁそうか・・・

そうやて飾っていっていくと数が増えすぎてどうしようもくなる、ようにも思われますが不思議なことに、一定期間経過するといつのまにか飾っていた像がいなくなくなるんですよねぇ・・・
夜になると像が歩き回っているという噂は聞いたことがないですし、自分で歩いていったわけではなさそう。なんだろうと思っていたら先日、像の前でなにやらゴソゴソしている人を発見しました。後で何だったんだろうっと見にいったら像がなくなっていました。

今あるのは小さな像で
150710CIMG3534.jpg  150710CIMG3536.jpg
150710CIMG3538.jpg
こんな感じです。これ左右に対で狛犬とだいこく様が飾ってあったのですが、それが片方なくなっていました。
そういえばお寺でも仏像が盗まれる事件が起きていますが、よくまぁそんなのを盗む気になるなぁと思います。ちょっと怖いですよね。うちの場合は別段祀っているわけではなく飾っていただけですが。
いままで10体くらいあったけれどいまは2体ですから結構な数です。まあだからいまだに置き場所がいっぱいになっていないというわけなんで、ちょっと複雑。(いや、複雑ではないか)

さらに先日気がついたのですが、一体増えていました。
増えいていたのはコチラ。鍾馗さんですね。
150710CIMG3531.jpg  150710CIMG3533.jpg




西日本、とくに京都では厄除け、魔除けにと屋根に鍾馗像を飾ることがあります。
これいつの間にか増えていました・・・


これも自分で歩いてきたわけではないでしょうから勝手にもってきて置いて行くのはちょっとご遠慮いただきたいですねえ・・・
神社には古札納箱があって、古くなった御札や御守りや矢とか縁起物などを自由に納めておくことができるのですが、それはその後どうするかというと、一斉にお祓いをして(御魂抜のようなものです)焚き上げます。御守りなどは神社から受けたものですから一斉にお祓いできるんですよね。でもそうでないものの場合は神社の授与品と同じに、というわけにはいきませんから、お祓いできないですよね。
だから御守りや御札、神社から受けてきたもの以外、たとえば昔の恋人からもらった物とか、亡くなった人の写真とか、人形とか。そういうものを神社の納箱にいれるのは厳禁です。もしどうしても捨てられないものを神社で御焚き上げしてほしい、という場合は個別で相談してください。うちの場合は個別でお清めして焚き上げをしています。

今回の鍾馗さんは境内に放置、ですのでゴミとして処分するのはちょっとなぁ、と感じて神社にもってきたのかもしれませんが、勝手においていくというのはゴミとして処分するのとあまり変わらないのでは?と思いますけどね。

どうしたらいいんだろう、と思って調べてこれにヒットした方はくれぐれも神社に勝手に持って行って置いてくる、というのはやめてくださいね。神社に相談してもらえば対応してくださるはずですからご相談くだださい。




よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


恒例の丸 | Home | なつのもの

コメント

いつもありがとうございます

いゃー暑い、熱い。さすが祇園祭のド真ん中。


さて、神社さんによっては人形の類は絶対禁止の貼り紙をされてるところもあれば、極月の御焚き上げのさいに大黒様や観音様の木彫りの像が燃やされてるところもありました。


最近は、暗黙の了解というのが崩れてきてますよね。分別ゴミとかは厳しく見張る町内にも関わらず産土の神社は、犬の散歩のコースになってたり…


とある神社で地車の改修の式典があり、同じ氏子にあたる人がたまたま犬を連れてたので、ずっと式典が終わるまで鳥居の入り口で犬を抱きながら終わるのを待ってた方がおられました。

流石というか、やっぱりこんな感じが良いですね。お参りするにも鳥居の前で一礼する。別に学校で習う事じゃないですが。

2015/07/13 (Mon) 12:47 | ジンジャー #- | URL | 編集
暑いですが

気のせいか近所でセミの声全くしないんですが、武信さまの杜はいかがですか?

2015/07/13 (Mon) 18:47 | ジンジャー #- | URL | 編集
ジンジャーさま

神社によっていろいろありますね。
厳格に授与品だけしか受けないところ、他のものも受け付けるところ。

暗黙の了解というかルールについては、たしかに崩れてきているように感じます。
今まで自然とおじいさん、おばあさんから聞いて、教えられて、していたこと。それらが伝わっていない。核家族化が進んでいるのが原因だと思いますが、
悪気がある、悪意があるわけでなく、純粋に知らないから、今まで常識だったことが通用しなくなった、というような構図が増えている気がします。

セミはこちらではもう始まっています。まだ梅雨明けていませんから本番ではないですが。

2015/07/16 (Thu) 17:58 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する