雨のあと

梅雨入りしてからここ京都ではあまり雨は降っていませんでしたが、昨日、一昨日、この数日で結構キツイ雨が降りました。
うちの神社の社務所と母屋部分のつなぎ目のところに両方の屋根の雨水を受ける大きな樋が通っています。かなり大きな樋ですが、最近増えているゲリラ豪雨的な猛烈な雨がふると雨水が受け切れずあふれて雨漏りしてしまいます。落ち葉が樋にたまることも原因なんですけど。今回はつい先日樋の掃除をしていますから雨漏りはしていないようでした。

雨あがりにはいろいろな生き物が境内でみられます。
この前はカエルがピョンピョンはねていたみたいです。昔はちょくちょく見かけましたが最近ではまったく見かけることはなかったのですが、近くの子供たちがみつけて、つかまえて虫カゴにいれています。それ以来、毎日カエルのエサにということで虫を探しにきたり、虫カゴにいれる土や石をとりにきています。
その子らが来たあとはそこら中ちらかっているのですが、まぁ生き物にふれる事はいろんなことを学べるので、よしとしています。私があとから散らかった石とか土とか落ち葉とか直すんですけどね・・・

それから、先日の雨のあとにはキノコがでてきました。
御神木の榎の大木からです。150622CIMG3522.jpg



150622CIMG3508.jpg
以前にも書いていますが、エノキの大木に生えているキノコですが、エノキダケではありません。
ヤナギマツタケというキノコです。エノキに生えているけれどエノキダケではなく、マツタケという名前だけれど秋の味覚の王様松茸ではありません。でも食べたら美味しいキノコです。
以前食べたことがありますが美味しいキノコでした。
今回のキノコはすでに誰かが食べているようです。かじった跡がありますもの。
150622CIMG3511.jpg


鳥かな、イタチかな?

他にももう一種類別のキノコが生えてきています。
150622CIMG3513.jpg

真っ白なキノコです。これはなんていうキノコなのかはまだわかりません。
150622CIMG3519.jpg


実は先日、樹木医さんにみていただいてます。京都市の天然記念物ですから京都市と維持については京都市と相談をしますが、以前とでもない大枝が折れましたし、他にも危険個所がないか、木は大丈夫か、など診断してもらいました。
それで、私が以前から気になっていたのがこのキノコについて。キノコが生えてくるのはその部分が腐っているからです。腐っているということは木が枯れていくということなのか?と単純にはそう思えるので実際のところはどうなのか樹木のお医者さんに診察していただこうと来て頂いたときにみてもらいました。

で、樹木医さんに来ていただいたときには、この白いキノコは生えていなかったので、どんなキノコなのか断定することができなかったで、この白いほうの名前はまだわかりません。一応木に残っている微量なキノコの胞子?細胞?を採取してそこから調べてみるとうことでしたが・
キノコは木を腐らせていきます(キノコは木を腐らせて食べる)から、例えばそのキノコが生えると元気だった木も徐々に腐っていき、いずれは倒木するという恐ろしいキノコもありますから、これがもしそういう種類のキノコだったら大変なことなんですよね。

そんなわけですからキノコの種類の特定は重要なんで、樹木医さんがこられたそのときは実際に生えていませんでしたから、今回こうやって生えてきたのでこれをもとに種類を断定して、どういうキノコで、木にとってどういう影響があり、どうすべきか、を考えていくことになります。

このエノキの大木は樹齢が850年くらいです。単位が非常に長いので、もしキノコ類がこの木に重要な影響をあたえ、木が倒れるかも、という危険が生じるのは私達が生きている間のはなしではなく、100年、200年先ということなのだろうということです。
しかし、もしかしたら何か対策ができれば寿命があと100年くらいだったところを300年にできるかもしれません。できる最善を尽くして850年生きてきた木の力を信じて見守ることしか私達にはできませんけれどねぇ・・と樹木医さんがおっしゃってました。

そうなんですよね、基本的にはその木の力を信じ見守るということになるのでしょう。100年前、200年前の先人たちもそのようにしてこられたのかなぁ。


よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


海のもの | Home | アゲぽよTV

コメント

ネンキン

こんばんは~いつもありがとうございます。


雨といえばカエルより私はデンデンムシですね。過日上御霊さんで見つけたんですが、ほとんど私の住んでるところでは見かけませんので、感激しました。


ちょうどNHKの番組でも放送してましたが、ネンキン。年金じゃあないです。粘菌と云うヤツです。でも菌といっても、実はアメーバなんですけれども。


古くは南方熊楠氏が研究されて有名なんですが、番組で紹介されてたのは少年でした。


奇遇ですね。キノコの記事と時を同じく見えるとわ。南方さんも神社に関わりのあるお方ですし…。


ところで桜の樹に猿の腰掛けが出てきたら確実に枯れるようです。ところが、紅茶キノコじゃないけれども、猿の腰掛けはガンの漢方薬と言われて大変高価な商品になったりしてます。


随時話が脱線しましたが、私的には、無理に人間のイロウ処置みたいにしては欲しくないですね。

でわお休みなさいませ。

2015/06/23 (Tue) 23:05 | ジンジャー #lH9P8MKE | URL | 編集
ジンジャーさま

最近でんでんむしもあまり見かけなくなりました。30年くらい前はそこら中で見つけられたきがしたのですが。

この白いヤツは、先日見に来てくださいましたが
最初に心配していた「危険なヤツ」ではないかもしれないということでした。もう少し大きくなってからでないと確定はできないけれどということでした。
「危険なヤツ」でなく優しいやつであってほしいと願っています。

2015/07/02 (Thu) 11:11 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する