お地蔵様

京都のまちではいたるところでお地蔵様をみつけることができます。街角あちこちに祠があって数え切ることは困難なくらいたくさんあります。たいていは各町内に1体お祀りしています。その町内の数というのも他所にくらべるとけた違いに多くあります。とくに京都市内の碁盤の目の地域などものすごいことになってます。

郵便局の郵便番号検索
http://www.post.japanpost.jp/zipcode/
で検索してもらえばわかると思いますが数は倍とか3倍とかのレベルではないと思います。一ケタ違うのでは・・・と思えるくらい多いです。そのものすごくたくさんある町内でお地蔵さんをそれぞれお祀りしているのですから、お地蔵さんの数も数えきれないくらいで、歩いているとお地蔵さんにすぐ出会えます。

8月には京都独特の行事で(一部近畿圏でありますが)地蔵盆というものがあります。各町内でお祀りしているそのお地蔵様を広い場所へうつして、そこにその町内の子どもが集まって、ゲームをしたり、御菓子をもらったり、くじびきやら、スイカ割りやら、花火やら、もろもろ遊ぶ京都の子どもにとっては夏休みをしめくくる一大イベントです。私が子供のころは、地蔵盆はそれはもう楽しみでしかたなかったものです。

お地蔵様は子供の守り神(護り仏?)ですから、地蔵盆では子供の安全、無事、健やかな成長を願い、その後は子供たちがあつまって遊ぶんでしょうね。ただ、最近では子供が少ないので集まるのは大人ばかり、お地蔵さんの前に大人が集まり、ビール飲んでいる、というような風景もよくみます(笑)。
ほかにも、時代がかわって町内会のありかたも昔とちがってきてますし町内つきあいが薄れてきている感があり、町内の行事がわずらわしいと思われることもあり、年々縮小傾向にあるようです。

さて、うちの神社のある町内でも当然ながらお地蔵さんをお祀りしており地蔵盆も盛大におこなっています。ただ、今年になってお地蔵さんに関するちょっとした事件がありました。
今まではお地蔵さんの祠は町内のある方の敷地内で、その方の御好意で長年場所を提供してもらっていたのですが、その方が引っ越しをされることになり、その土地は不動産会社が購入しマンションが建つことになりました。なのでお地蔵さんの祠を撤去しなくていけない・・・というようなことになっていました。

新しい場所を探すか、撤去してお寺に無縁仏としてお返しするか、ということになって町内でもやはり長い間お祀りしてきたものなのでなんとか続けてお祀りをしたいという意見がおおく、数カ月話し合いや、交渉などされておられましたが、どうしてもうまくいかない。もうマンションの建築工事がはじまるので撤去される・・・
ということになっていたので、うちの神社でお預かりすることにしました。といっても敷地内ではありますが、道路沿いの場所です。
150425CIMG3375.jpg


神社でお地蔵様をお祀りすることについて、町内の方々も本当にいいのだろうか?と心配しておられたのと、やはりいろいろな意見をも方もおられるのですが、神社内にお地蔵様をお祀りすること自体は問題はないと私は考えています。なにより地域で長年祀っていたものがなくなってしまうのは避けたかったので。

歴史をさかのぼっていけば神社の中にお寺そのものがあることもあります。神宮寺という形態ですね。
神社の御祭りでお寺からお坊さんが来られてお経をあげて頂くということも京都では結構あります。私もよその神社の御祭によくご奉仕させてもらいますが、お坊さんと共同でおこなう御祭もたくさんあります。

さらにうちの神社にも法華経温塚が祀られています。法華経ですから仏教ですしね。
150425CIMG3380.jpg  150425CIMG3382.jpg



ただし、今回の場合はもろもろ、諸事情がありますし、また町内のお地蔵様ということもあり境内奥になってしまうとなかなかな、ということもあり、神社の敷地内ではあるけれで道路沿いの場所、ということにいたしました。


これで当面は大丈夫でしょう。これからも町内の子供たちを御守りください。


よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


藤の花 | Home | 武井壮のチャリぶら

コメント

まんまんちゃん

いつも返信ありがとうございます。昨日は松尾さんの御神輿渡御を見学に行きました。去年は雨で見れなかったし一昨年は風が強く寒く川の水かさが深く神輿の桂川渡りはなかったので、陽気といい良かっです。


神社で小さな幼児に祖母とおぼしきかたが「頭を2回さげてパンパンとお手てを2回たたいて…」と参拝の作法を教える微笑ましい姿に出会いました。


で、パンパンのあと「まんまんちゃん」と唱えてたんですが…私の記憶では、子供の頃、仏壇に出来たての御飯をお供えするさいに「まんまんちゃんに」と母によく言われたんですけれど…ずっと仏さまの場合と思ってました。


仏壇のホトケさまは、おじいちゃんなおばあちゃん…ご先祖さま…そのずっと先には神さまがおわされるから、ここではどちらが正解なのかはこだわらないことにします。

2015/04/27 (Mon) 04:43 | ジンジャー #lH9P8MKE | URL | 編集
油の次は狐

どうやら監視カメラで油まき男も御用も時間の問題かと思いきや、九州かどこかの警固神社の狐四体が破壊されたニュース。

まあ大丈夫だとは思いますが、神主さんところは結構古い狐サマが鎮座されてるから気をつけて下さい。


神縁仏縁なんでしょうか、表に御地蔵様がいらっしゃいますと、よほどの罰当たりでない限り悪さはしないでしょうからね。

2015/04/27 (Mon) 07:32 | ジンジャー #- | URL | 編集

神仏がご一緒に守ってくださるので心強いです。
大切にしたいのはみんなわかってるけど、自宅には置くとこがない。文句は言うけど手はださん、という状況の中、いやもうほんとにありがとうございましたm(._.)m

2015/05/01 (Fri) 13:13 | ぽん #- | URL | 編集
ジンジャーさま

「まんまんちゃん」は神様のことでしょうね。
あ、京都ではかもしれませんが。
こどものころは神社でおがむことを「まんまんちゃん、あん」て言いますから。
まぁ別にどちらでもいいんですが。
わたしは子供のころ、仏様は「ののさま」でした


> 神社で小さな幼児に祖母とおぼしきかたが「頭を2回さげてパンパンとお手てを2回たたいて…」と

まさにこの場合、祖母が「まんまんちゃん、あん」と教えます。

2015/05/01 (Fri) 22:06 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ぽんさま


うちも、神社にお地蔵様は・・・といろいろ言う方もありますが、まぁそこは。
地域に長い間祀られているものですし、残していきたいものですから。

2015/05/01 (Fri) 22:08 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/01 (Sat) 15:34 | # | | 編集
Re: タイトルなし

かなり大きな法会だっただったのですね。
大変だったことでしょう。準備、稽古などお疲れ様です。

京都(とくに碁盤の目の地域)はほんとお地蔵様多いですよ。
道歩いているとほんと5分おきに目につくのではないでしょうか
もちろんコンビニより多い。かな?

2015/08/05 (Wed) 16:08 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する