不便とともに2

前回からの続きです。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-1221.html

ほうきで掃くよりブロアーで吹き飛ばしたほうが断然早いですし効率的ですし、筆で手書きで書くよりもプリンターで印刷したほうが早いし次回も同じものが素早くだせて効率的なのですが、効率以外の目的もあるのであえてその便利なものを使わないようにしています。
便利なものを使えないというのは不便なように思われますが、効率がよいというそれ以上に得るものが多くあるので私はあまり不便とは感じません。
先ほどの掃除のはなしであれば、ほうきで掃くほうが少々時間は多くかかりますが、その時間で気持ちがリラックスできたり、新しいアイデアが浮かんだりします。わたししょっちゅうあるんですが掃除中にひらめきます。だからそれを書き留めないといけないので掃除にはメモが必要なんです。人にいうと笑われますけどね。なんで掃除にメモがいるのって。

不便と共に生きる。
なんだか好きだなこのフレーズ。と常々わたし思っていたのですが、先日おなじフレーズを新聞で見かけました。ノルウェーの人々は不便を愛して暮らしているのだそうです。ノルウェーは日本と同じくらいの大きさで人口500万人くらいの雄大な自然と共に暮らす国。というイメージ。(実際はどうか知りませんが)
不便を愛し、仕事より家庭を大切にしてよりよい社会を目指す、そんな感じらしいです。
たとえば、休日には仕事をせずに皆が休むからお店も一切空いていない。平日でも時間とおりに夕方にはきっちり閉店するから夜には買い物ができない。当然24時間営業のお店などない。休日前の夕方に買い物を忘れたなら、週明けまでまたなければ買えない。
現代の日本からするとすごく不便ではありますが、その分家庭で家族とすごす時間が多くとれる。お店やサービスものきなみ閉まっているわけだから、出かけるところがないから必然的に家で家族とすごすことが多くなる。というわけ。
だからノルウェーの人たちは不便であることを愛して暮らしている。それですべての家族が仲良く幸せであれば、国も幸せである。というそういうことでしょうね。


私こういうの良いなぁと思います。(ちょっと日本の昔からの考え方と違うところはありますけどね。それはまぁ違って当たり前)
現代では効率化、便利、快適を追及して止まることなく進み続けています。それが発展で、発展することが幸せであるというような価値観が多いように思います。でも効率がよいこと、便利であること、快適であることが発展なのか、幸せなのかというと必ずしもそうではありません。それは上で書いた通りです。
効率的、便利、快適を追及し、それが幸福であるとするのは20世紀型の大量生産大量消費型の考え方です。これはもう行き詰っており次世代型の幸福に転換しないといけない時期にきています。21世紀はというと心の時代です。最近のスピリチュアルブームもそうだと思いますし、草食系といわれる若い人の価値観も価値観転換の兆しだと思っています。

20世紀は飛躍的に科学技術が進歩して、爆発的な発達をとげた成長期。21世紀は成熟期にあたるものですから価値観、社会モデルも転換しないといけないんでしょう。

心の在りようひとつで、同じことが起きていても結果は大きく違いますから。
心の時代。
病気になって自由にうごけなくなって、その不便さを知ることで、朝起きあがり自分で歩けることが幸せだと感じる。
災害でライフラインが止まり、食料もない、その不便さを知ることで、毎日食事ができることの幸せを感じる。等々。


価値観、社会モデルの転換を進めていきたいわたしです。
べつに江戸時代の生活に戻れというわけではなくて、夜は人も町も眠ればいいし、移動速度が多少遅くてもいいと思うし、夏は暑く冬は寒いのも有る程度当たり前だと思うし、情報が常に最新でなくても・・・
バランスが大事だってことですね。


よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる

ちょっとうれしい | Home | 不便とともに

コメント

スローライフ賛成

3日前だかフランスはパリの観光区域の百貨店の日曜日営業を法制化するとかしないとかの記事が出てました。

開いててよかったのコンビニ文化が定着した日本じゃ考えられないですが、あのフランスではデパートは日曜日休んでるらしいです。

そう言えば、子供の頃は、お正月3ケ日は店舗は休んでましたね。7日正月迄はなかなか店が開かないので御節料理も色々考えたうえで用意してたと思います。

2014/12/14 (Sun) 18:53 | ジンジャー #- | URL | 編集
そうですよね。

西城サラヨです。私も不便で貧乏で不器用だからこそ、
器用なことするための工夫を沢山考えます。
きっと神主さんが仰るように「不敏な事」、大事なのでしょうね。有難う御座いました。

2014/12/15 (Mon) 14:07 | SarayoSaijyou #- | URL | 編集

はじめまして。
先日神主ライフの書籍を購入して読ませていただきました。
実は今、非社家ではありますが諸般の都合で神職養成講習会を受けるかもしれないという状況であります。
跡継ぎがいないので・・・と言うパターンです。
短期の1カ月でも耐えうるのか?情報も少ない中何かアドバイスなどがありましたらお願いしたいのですが・・・

2014/12/16 (Tue) 15:28 | 淨悦 #QPNeH1mQ | URL | 編集
ジンジャーさま

わたしは最近まで正月3ガ日はお店が休みとばかり思っていましたが、普通にあいているんですね。それを知った時かるく衝撃でした。
お店がみんな休み、というあの雰囲気がいつもと違う、非日常的で、正月だなぁという感じだと思うんですけどねえ。ハレとケですね。

2014/12/22 (Mon) 22:45 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
西城サラヨさま


人間ってそうやって発展してきたのでしょうね、おそらく。
でもここ百年くらいの間でそれがちょっとズレたというか、すこしおかしな方にむいてしまったような気がしてしまいます。
不便なのか、幸せなのか、本当はどっちなのかわからないです。

2014/12/22 (Mon) 22:48 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
淨悦さま


はじめまして。
書き込み、また購入してただきありがとうございました。
何か参考になることをお伝えできるなら、喜んでお伝えします。
どんなことをお聞きになりたいでしょう?
質問してもらえればお答えしますよ。

2014/12/22 (Mon) 22:50 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

御返信ありがとうございます。
まず講習会でどのような事を何時間程やっているのか?と言う情報が少ないのでそのあたりを教えていただければありがたく思います。
課題などの提出もあるのかなと。
合宿の間のお休みとかも気がかりですし・・・

2015/01/13 (Tue) 12:46 | 淨悦 #QPNeH1mQ | URL | 編集
淨悦さま

あけましておめでとうございます。

ああ・・・そういう内容なのですか。
そういうのですと、私がやっていたころからとはずいぶんと変わっているので、最新の情報はもっていません。お力になれずすみません。
淨悦さんの推薦状を書いて下さる神職さんがいるはずですから、その方に聞いてみられるのがよいと思います。

2015/01/15 (Thu) 19:01 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

了解いたしました。
確かにそれが一番早い方法ですよね・・・
本年度、来年と行く予定に致しております。
気を引き締めて頑張って行きたいと思います。

2015/01/17 (Sat) 10:20 | 淨悦 #QPNeH1mQ | URL | 編集
淨悦さま


がんばってください。
後継ぎがいない問題はあちこちであるようですから。
急にいわれた人は驚かれてしまいますものね。

2015/01/23 (Fri) 22:13 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する