採集

先日の大雨以降すっかり涼しくなってきました。すごしやすくて助かりますが、大雨の被害は各地で大変なもののようです。ここ京都ではかなり大きな被害もでています。私のところでは幸いそれほど大したことはなかったのですが、少し北のほうでは復旧の目途がたたないほどだとか。

ちょうどその大雨の翌日にその大被害のど真ん中の福知山から、うちの神社へおこしになった方がおられました。生まれた子供の名前をつけてくださいとおこしになったのですが、前日の大雨で病院へいく道が水没。川のようになった道をザブザブと歩いて奥様を病院へ連れて行ったのだとか。ぶじに出産をおえることができたて本当によかったです。

しかし、出産ということだけでも一生涯忘れることはないだろうという大きな出来事ですが、それが大洪水の道をザブザブわたりながら、ということで絶対に忘れない出来事で、本当に無事におえられて感謝の気持ちでいっぱいだとおっしゃっていました。ほんとそうですよね。


涼しくなってきたので境内でも虫の死がいが多くなってきました。前回の記事を書くときも書いていますが、前回のときよりさらに多くなっています。いよいよ夏の終わりですねえ。
うちの神社にはまだ虫とり網をもって子供たちがたくさんやってきます。私も子供のころ虫とりが大好きで夏になると一日中虫とりしていたものです。昆虫採集もよくやりました。で、いろんな種類の虫をピンでとめて標本をつくって、夏休みの宿題に何度も出したこともありました。
聞くところによると最近は昆虫採集はしてはダメという傾向なのだとか。標本にするのは虫がかわいそうだから命は大切だから昆虫採集はダメというようです。
私の考えは逆で子供のうちにぜひやっておくほうがいいと思っています。
もちろん虫の命が大切であることは間違いないのですが、それを実際に理解するためには命にふれてみないとわからないと思うのです。

いくら命は大切です、虫さんにも命があるよ、と言葉で伝えてもそれが本当の意味で理解できるかというとなかなか難しいと思います。人を叩いたら相手は痛い、というのは自分が叩かれてみて痛い思いをしたら、「あぁ、相手を叩いたらこんな思いをするんだなぁ」と本当に理解ができるのと同じです。

私も子供のころに虫つかまえて足ちぎったり、踏みつぶしたりしましたが、さっきまで生きていて動いていたものが動かなくなるというのを経験するのも大事だと思います。
それを子供のうちに経験しておくことが大切です。子供のあいだの力も大きくない、行動範囲も広くない、できる事が限られているその間だからといのもそうですし、成長の過程でそれらをわかった子が大きくなったなら、命を本当に大切にすることができると思います。


食べているものでもそうですが、お肉や魚はお店でパックに入っているものと本気で思っている子も多いと聞きます。もともとは私たちと同じ生きているものだということを知らないというのですから、そうなると食の廃棄、食べ残しが多いのもうなずけます。
最近はそれらを教えることも力を入れて頂いているようですからどんどんそれらを進めてほしいものです。

結局私が思うのは、
現代では情報はものすごい量あふれかえっているので、なんでも情報としてはすぐに手に入ります。ただすぐに調べられるその情報は自分の身についているかというとそれはまた別ですよね。知識として知っておけばいい事と、自分自身が実際に身につけていないといけないことを別けておかないといけない。

情報ならばその都度しらべればよいけれど、自分の身につけておくべき大切なことはやっぱり経験してみる、触れてみないとわからないんですよね。
自然にふれること、虫をとる、土をさわる、木をそだててみるいろいろあります。神社(神道)は自然とともにあるものですので、神社に親しむというのは一番身近で簡単で、でもかなり深いものです。
みなさまも子供と一緒に近くの神社へいってみましょう。その子が素晴らしい大人になるための要素が神社にはいっぱいあるはずです!!


よければランキング↓にクリックお願いします。



人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる

平成26年夏祭り子供みこし | Home | 方針転換

コメント

赤ちゃんの名付け…。
年間どれぐらいのご依頼があるのでしょうか?

神主さまは、専門分野?なので、
おっまかせ~!!v(@∀@)v
とサクサク名前を考えることができることと存じます。

もし私が、神主さんの立場だったら、
1人の人間が一生背負うものに関わることにビクビクして
書いては消し書いては消し φ(・ω・ )
あーでもないこーでもないと、何日もかかって他の仕事が滞りそうです。

漢字や字画など、いろいろ考えて、かつ親御さんの思いにビビビッとマッチングする名前…。
む、難しいです…。

神主さまは、蚊の件など特殊能力☆の持ち主なので、その赤ちゃんに合った名前が、フッと頭に降りてくるとか☆彡?

いつもどんな手順で名付けをされているのでしょう?
一子相伝の極秘技だったりして(笑)

2014/08/30 (Sat) 16:28 | モモンガ #- | URL | 編集
モモンガさま

年間にすると結構な数の依頼がきていますよ。
今年は特に多くなってきていますので700件くらいになるのではないでしょうか。

いや、悩みますよ。
うまくいくときはそれこそ、頭にすっと降りてくるんですが、うまくいかないときは1日かかってもできないことも。しかしなんとか出さないといけないのでひねり出す・・ということもあります。

> 漢字や字画など、いろいろ考えて、かつ親御さんの思いにビビビッとマッチングする名前…。
そうなんですよ、だから名前も縁なんでしょうね

2014/09/04 (Thu) 21:34 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する