久方ぶり

この間から連日の徹夜作業でしたが昨日で一段落しまして、今日からいつも通りに戻っております。といってもゆっくりできる、ヒマになったわけではなくていつも通りなんやかんやとあわただしくしておりますが。

前回の更新が生存報告でしたが、その前の記事は実は次回へ続くということで終わっているのですが、間があくと一体なにを続きに書こうとしていたか忘れてしまっています。
その間に別に書こうかと思うことがでてきたりしてます。記憶とはいい加減なもんですね。

ただちょっと期日があるお知らせがあったので今回はその更新として、次回に前回の続き、いま書こうかと思っているのはその次に、ということにしてみます。


お知らせ
3月29日(土)毎日放送(4CH)(関西ローカル)
9時25分から12時54分
「せやねん」という番組内で当神社が紹介されます
http://www.mbs.jp/seyanen/

番組内で何時ころとか、なんというコーナーとか詳しいことは聞いていませんのでわかりませんが、まあ番組内のどこかで(そりゃそうか)紹介されるようです。


それから
今日から榎の大木の枝打ち作業がはじまりました。
IMG_12582.jpg

昨年の夏に大枝が折れました。その枝があまりにも立派だったこと、御神木の枝であることから簡単に処分するのがためらわれたため、チェンソーアートの世界チャンピオン城所ケイジさんに特別にお願いして素晴らしい彫刻に生まれ変わっていまも大木の下に安置されています。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-1128.html

それはもう見事なものになったので、それはそれでよかったのですが、とはいえ10メートルの長さの枝、重さ数トンというのが落ちてきたらと思うとものすごく危険です。以前からリスク回避のために少し枝打ちをしないといけないと考えていましたので、今回春に芽吹く前に枝打ち作業となりました。
京都市天然記念物に指定されていますので京都市の保護課の方と相談して、補助していただいたりしながら実施となりました。

CIMG29582.jpg

それからこの榎は神が宿る御神木ですから、神様にも枝を少し払いますと奉告申し上げています。クレーン車がはいっての作業になったり、切る枝も太さ1メートルにもなるものもありますからとんでもない大きさなのですが、本体の木のスケールがさらに大きいですから、人でいうところの爪を切ったり、散髪したりするようなもんで
たぶん神様も
「よしよし、すっきりして気持ちよいぞ」
とでもお返事してくださっていることでしょう
(と思うようにしてます)

CIMG29542.jpg



IMG_12792.jpg

クレーンがとどかないところは山で林業される方々が上にのぼって切ってくださいます。当然1日では終わらないので何日間かで実施することになります。
無事におわりますように。





CIMG29762.jpg


よければばランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる




寝るについて | Home | 生存報告

コメント

はじめまして。

先日、図書館で「神主ライフ!」を偶然見つけて、わたしは神道のことはほとんど知らないけど、面白そうなので読んでみたら、ハマってしまいました。ブログをやっておられると書いてあったので、お邪魔しに来ました(*_ _)ペコリ 過去の投稿も、これから少しずつ読んでいきたいです。

「御神木」にも、お手入れが必要なんですね。命あるものですから、ほったらかしじゃよくないのは、当たり前と言われれば当たり前ですが…。ともかく、作業が無事に済みますように!

2014/03/29 (Sat) 14:49 | ハル #- | URL | 編集
私も

久方ぶりに、現場復帰。

辞令交付を済ませると気持ちも引き締まります。

プライベートも一応、スイスで良いこともあり、公私ともに充実した新年度始まりとなりました。

宮司様に祈願していただいたお陰かなと感謝しています。
御礼参り、行かないと行けませんね!

2014/04/03 (Thu) 01:04 | 花梨糖子 #- | URL | 編集
今日の夕刊に

2月の催しで「怪談」をされた方々だと思います。京都精華大学ですから。本日の読売新聞の夕刊にかなり大きく記事に扱われてました。

残念ながら神社名は他の神社さんでしたが…。

2014/04/03 (Thu) 23:21 | ジンジャー #- | URL | 編集
ハルさま

> 先日、図書館で「神主ライフ!」を偶然見つけて、わたしは神道のことはほとんど知らないけど、面白そうなので読んでみたら、ハマってしまいました。ブログをやっておられると書いてあったので、お邪魔しに来ました(*_ _)ペコリ 過去の投稿も、これから少しずつ読んでいきたいです。
>
> 「御神木」にも、お手入れが必要なんですね。命あるものですから、ほったらかしじゃよくないのは、当たり前と言われれば当たり前ですが…。ともかく、作業が無事に済みますように!

はじめまして。書き込みありがとうございました。
本読んでいただいて、興味をもっていただいたのはうれしいかぎりです。

> 「御神木」にも、お手入れが必要なんですね。
これ実は京都市の保護課の方も同じようなことをおっしゃっていました。
本来「御神木」なら手を入れないのだと思います。ただそこは町の神社ですから人の里のこと。手を入れないわけにはいかないので、積極的ではないけれど、必要にせまられて手を入れている。という感じです。

では今後ともどうぞよろしくお願いします。

2014/04/05 (Sat) 21:15 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
花梨糖子さま

おつかれさまです。
でしょうねたぶん。
久しぶりだと、今までなにげなくしていたことでもちょっと疲れたりするのではないかなぁと思います。

何にしても新しいはじまり。はりきっていきましょう!

2014/04/05 (Sat) 21:26 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ジンジャーさま

へぇ~京都都精華大学さんでしたら同じ研究室の方々でしょうね。
おなじように怪談だったのでしょうか?

2014/04/05 (Sat) 21:28 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
見出し

はい「百物語の館」さんです。

見出しは
『鎮魂と癒しの怪談』土地の記憶継承・亡き人を意識

これも神縁というものなんですね。

いつもありがとうございます。

2014/04/05 (Sat) 23:52 | ジンジャー #- | URL | 編集
ジンジャーさま

> 見出しは
>『鎮魂と癒しの怪談』土地の記憶継承・亡き人を意識
この百物語の研究室の先生もそうでしたが、精華大のほかのイベントの先生も同じように地域の記憶、伝承、そういうことをテーマというか、なにかに絡めていきたいとおっしゃっていました。
私もそういうのは大切だと思っていますのでできることは協力していきたいなと。

2014/04/11 (Fri) 18:56 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する