陰陽師

前回、前々回の記事「奉仕」で神様に対する接しかたというか、奉仕ということをテーマにして書いたのですが、その登場人物にインパクトがかなりあったようです。
前回の記事はそれで終るつもりでしたが、正体は?続きは?というコメントをいくつか頂いていたので今回はその続編をお届けします。
なので、始めてのかたは「奉仕」、「奉仕2」を先に読んでくださいね。


2週間ほど前にふらりと現れたその方は、
最初の日は参拝者(ふらっと観光風の方々)に神社の案内(哲学的な話が多かったが・・)をしてくださいました。

次の日は、植木の手入れをしてくださいました。

次の日は、外国人の方に英語で神社の紹介(何を話していたのかは私にはわかりません。言葉がわかりませんから)をしてくださいました。

次の日は、祓詞(ハライノコトバ)を唱えて早朝にお参りされていました。


幅広い範囲のことをされるので私は尋ねてみました。
「あなたは何者ですか?」
するとその方
陰陽師(オンミョウジ)です」

続きに行く前にランキングに1票ポチッと!
にこっちにもランキング投票ポチッと
正体がわかりました。「陰陽師だったのです」

しかも「はぐれ陰陽師」です。

さらに「はぐれ陰陽師 純情派」なのでした。

陰陽師といえば安倍晴明(アベノセイメイ)公があまりにも有名です。
陰陽五行の思想による陰陽道により、占い、天文、暦、祈祷などを行う方。映画やマンガ、アニメなんかではhttp://seimeinomago.net/web/呪術や式神(シキガミ)を駆使して活躍するものも多いですね。式神とは陰陽師が術をかけることで、紙の札が人や動物になって術者の思い通りに動くというスピリチュアルなものですね。

マンガやアニメのはなしはおいておき、この陰陽五行の思想は私はわりと係りが深いんです。私は四柱推命により運気や運勢といったものを調べます。それにはこの陰陽五行の思想が深く係るからです。最近では神社で行っているところも少ないようですが・・・

五行とは『木』、『火』、『土』、『金』、『水』の五つの要素で、『陰』と『陽』をあわせたもので全ての事象がなりたつとします。
この五行はそれぞれが互いに影響を与え合います。
例えば『木』は燃えることで『火』を生みます。
『火』は燃えたあとに灰となり『土』が生れます。
『土』は地中で固まり固い鉱石、金石を『金』を生みます。
『金』は岩谷から水が湧き『水』を生みます。
『水』は木を育てる元で『木』を生みます。

逆に『水』は『火』を消します
『火』は『金』を溶かして、打ち負かします。
『金』は『木』を金物で木を切り倒し、打ち負かします。
『木』は『土』に根をはり養分を吸い取り、打ち負かします。
『土』は『水』の流れをせきとめて、打ち負かします。

というように、それぞれが影響を与え合っているわけですが・・・
と、話がそれました。

「はぐれ陰陽師 純情派」の方のはなしに戻ります。
・・・陰陽師というのはウソです。ごめんなさい。


正解は、
その方は、造園業を営む家庭に生れたので、子供のころから植木の刈り込みやらを手伝っていたので、自然に身についたそうです。
職業としては教師として教壇に立っていたことがある。古い文献などを調べることもあり、文献などを見て、神や仏などにふれることも多かったそうです。その時に英語が身についた。
その後、神について深くしりたいと思い、熊野の神社で修行も経験したそうです。有名なアノ滝にも打たれたことがあるとのこと。
祓詞(?)を覚えたのはその時かな。

ストレートに書くとすぐに話がおわりそうだったので、回り道してしまいました。



↓ボタンを押して投票してくだされば幸いです。
banner2.gif
 a_01.gif

神主集会 | Home | 奉仕2

コメント

今か今か・・・種あかし待ってました

「はぐれ陰陽師」であって欲しかったなぁ(爆)
陰陽師~すっごい興味あります。
神主さまも夜な夜な式神を操っておられるのでは・・・
家にも昔お稲荷さんがありました。

2007/07/02 (Mon) 22:35 | Bako #1jhbtX.k | URL | 編集
Bakoさま

「はぐれ陰陽師」などと、ながながとウソ話をしてしまって。すみませんでした(笑)

お稲荷さんは今はもうお祀りされてないのですか?
やはり家に神様を祀っていると空気が凛とすると思います。もちろんきちんとお祀りしているということでですが

2007/07/02 (Mon) 23:50 | 神主 #- | URL | 編集

いやん。ホンマかと思ったのに。
しかしそれだけで身に付くとは、器用な人ですねぇ。
私がお参りに行ったら、その辺にいはるかなぁ。

2007/07/03 (Tue) 00:19 | ぽん #- | URL | 編集

神主様おはようございます。

勉強熱心な人なんでしょうねぇ~。
でも「はぐれ陰陽師 純情派」て・・・(笑
しぶいっすね~(>@<)

2007/07/03 (Tue) 07:48 | あーだー #- | URL | 編集

おはようございます。陰陽師(安部晴明公)に関する神社は京都にありますよね。最近ちまたでは下火になりましたがいまでも興味があります。にしても純情派ではない陰陽師さんもるんですかね…

2007/07/03 (Tue) 08:41 | 青森かずき #- | URL | 編集
リンクさして頂きました

事後承諾でごめんなさい。
早くからリンクさして頂きたかったのですが自分で出来ないので娘の手の空くのを待っていました。
よろしくお願いしますっ(*^-^*)

2007/07/03 (Tue) 14:33 | Bako #1jhbtX.k | URL | 編集

マンガなどの影響で陰陽師大好きですv-218
あぁ~残念~
現代に陰陽師ってやっぱりいないものなんですねv-393
京都にいったときに観光で晴明神社にいったことがあります。
しきがみのあぶらとりがみとか陰陽師グッズがいっぱいでした!
そしてもちろん大量GETしてきました。

2007/07/03 (Tue) 18:20 | SEED #00J7NHAA | URL | 編集
ぽんさま

こんばんは。
(笑)ほんまやと思いました?

>その辺にいはるかなぁ

ってハトやネコやないんですから・・・(笑)

2007/07/03 (Tue) 22:43 | 神主 #- | URL | 編集
あーだーさま

こんばんは。
好奇心が旺盛なんでしょうね。

はぐれ陰陽師だけでもアレなのに
さらに純情派ですからね・・(笑)

2007/07/03 (Tue) 22:45 | 神主 #- | URL | 編集
青森かずきさま

こんばんは。
安倍晴明公を祀る神社ですね。晴○神社。美しい神社ですよ。

>純情派ではない陰陽師さんもるんですかね…

どうなんでしょういろんな人がいますからね。ふとどきな神主や僧侶も残念ながらいるのも事実ですからね

2007/07/03 (Tue) 22:49 | 神主 #- | URL | 編集
Bakoさま

こんばんは。
リンクありがとうございます。
承諾など必要ありません。大歓迎です。
今後もよろしくお願いいたします

2007/07/03 (Tue) 22:51 | 神主 #- | URL | 編集
SEEDさま

こんばんは。
現代にも陰陽師の方はもちろんおられますよ。
占いや、お祓いされるようです。

あぶらとり紙をチョイスするのはさすが美容部員さん。式神と式紙がかかってるのかな。

2007/07/03 (Tue) 22:56 | 神主 #- | URL | 編集

タネあかし、すっきりしました~。
陰陽師の話、私も好きです。
そういえば、清明神社にいってみたこともあります。
安倍晴明さんはそこにいく途中の橋に式神を置いて来客をみてた、なんて話をどこかで読んだもので、歩きながら物語の中にちょっと入った気分になったりして。

2007/07/03 (Tue) 23:45 | ハルミ #5YG765C6 | URL | 編集
街角散歩

先日六角通を踏破する中で、貴神社を知ることが出来ました。そして竜馬が六角獄舎を訪ねたことなど知りました。
私のブログでも紹介させていただきましたが、ふと気になったのは、おりょうさんの父上はその後どうなったのでしょうか。御存知ならお教え下さい。

2007/07/04 (Wed) 12:23 | fuminomaro #- | URL | 編集
ハルミさま

こんばんは。

>歩きながら物語の中にちょっと入った気分になったりして。

私はよく言うことなんですが、ちょっと入ったどころでなく、実際にその場所を歩いているということは、物語のそのものなんです。その物語の続きを自分がいま歩いているって・・・

2007/07/05 (Thu) 19:58 | 神主 #- | URL | 編集
fuminomaroさま

こんばんは。
fuminomaroさまのブログ拝見させていただきました。当社もご紹介いただきありがとうございました。

おりょうさんのお父上のはなしですが
楢崎将作という勤皇派の医師だった方です。
そのほかの方々と同じように安政の大獄により投獄され、そのまま獄死されたと記憶しています。

2007/07/24 (Tue) 14:38 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する