祝詞作文におもう2

前回からの続きです

言霊(コトダマ)について。美しい言葉には美しい言霊が宿り、悪しき言葉には悪しき言霊が宿るので、美しい善い言霊をいつも発生させ、それに囲まれていると自分にも美しく善い出来事がおきる。悪しき言葉を使っていると悪しき言霊に囲まれて自分自身にもよくない不幸なことをまねきます。
なぜ美しく、善い言葉を普段から使っていると善いことがおきるのかということですが、言葉にだすことでそれが現実の世界で影響を与えていくのは言葉には神様と私達をつなぐ力、神様の世界のチャンネルを開く力がある。というようなことです。

火のそばにいたら温まるし、バラの花の近くにいたら匂う。なにかの近くにいるとその影響を受けるのは当然です。言葉というものは目にみえるものではないので「実体」のないように考えてしまいがちですが、言葉にも実体があります。その実体の部分が言霊の「霊」の部分ですね。

ちなみに目にみえないけれど実体があるというのは言葉・言霊にかぎったことではなくこの世の中にあるありとあらゆるものすべてそうです。目には見えないけれども存在している、たとえば匂いもそうではないでしょうか。なんだかわからないけれど在るから匂うんですよね。匂いについては分子とかそういうレベルで科学的に説明がなされますけど。


ノーベル賞の発表のときにはよく耳にしますが、この世の中のものはすべて分子とか原子とかそういうヤツらから(そういうヤツってかなり適当ですが( ̄∇ ̄)・・)成り立っていて、それらをもっと細かくすると素粒子とかそういうヤツらから構成されているとか。
この世の中のものはすべてそういう目に見えないような素粒子でできているらしいです。
物質にはすべて質量というものがあって(質量とはものが存在するためのエネルギーみたいなもので重さ(重量)の源みたいな感じのもの。たぶんそういうことだと思う)、すべての物質の素材となる素粒子が物質になるためには質量を持つことが必要です。
素粒子が質量を持つ(物質になる)ためには素粒子同士をくっつけるような役割をする神の素粒子なるものの働きで物質になることができるらしい。


これはノーベル賞を受賞するような科学者の方々が研究される難しい物理学のはなしですが、私はそういうことは全くわかりませんが、なんとなく神道が昔から考えていることと同じじゃないか!と感じて驚きます。

神道ではすべてのものは神々の分け御霊であるといいます。もちろん人間もそうで私達は神の子孫であるといいます。他の動物、植物、生き物もすべてそうですし、普通は生命をもたないとされる石や土や水などそれらも同様です。さらに目に見える、さわることができるものにだけではなく、すべての現象は神の力の現れそのものであるとも考えます。

八百万の神とはこの世の中のすべてのものは神の力が宿っているとします。山の神、海の神、木の神、火の神、等あらゆる神様がおられる。物質的に見える、さわることができる部分だけではなくその内側には神様の力があることでこの世界に存在しています。
だってもともと宇宙が生まれる前は無だったのに、あるとき何かの力が働いて「有」となり物が生まれた。いまあるものはすべてさかのぼっていくと、何かの力にたどりつくのですから。その何かの力っていうのはつまり神様のことですよね。

物質のもとになる素粒子が神の素粒子が加わることではじめて見たりふれたりできる物質になると物理学で考えるのとよく似ていると思います。

さらには風が吹くこと、人が思考すること、木が萌えること、稲が生長して実がなることこれらすべて、それそのものが神様です。
うちの神社のは稲荷神社ですが、お稲荷さんとは字のごとくですが「いねなり」→「稲成り」で稲が生長してお米ができるその力そのものが稲荷の神様です。


言霊というのもそういうことで、この世界に存在するものは全て神の力が働きますから、言葉がこの世界に生み出されたときに同時に神様の力が働きます。
神様っていうのは大きな大きな恩恵を与えてくださるものでもあり、また荒ぶるときには怖ろしい災いとなることもあるものです。八百万の神には災い、不幸の神様のおられるわけで、美しき善い言霊で発生する神様か、悪しき邪な言霊で発生する神様か。そこで自分がうける影響は変わってくるのは至極当然。

というような感じのことがこの間から祝詞作文しながら頭の中にうかんでました。
が、実は同じようなこと書いてましたね以前。以前にも書いていますよ~とそのリンクはったときに似たようなこと書いているのに気づきました。自分では過去にどういうことを書いているかもはや覚えていないんですね。

あ、記憶っていうのもこれもまさに神の力の現れですね。
記憶ってずっとしまい込まれているものでなくって、思い出すときその都度作られているものなんですってね。


よければばランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる

何がでるかなっ♪ | Home | 祝詞作文におもう

コメント

こんばんは。祝詞って聞いていたら少しほっこりします。でも、もうしばらく祝詞3本立てはいいです(^^;)

>記憶
私、記憶力自体はきっと悪くはないと思うのですが、もうちょっと別なところに記憶力を回したい…、と思うことは多々あります(笑)あと、長期記憶の方にもう少し頭のメモリが欲しいですね(笑)

2014/02/09 (Sun) 22:09 | 煌夜 #- | URL | 編集
祝詞

心臓の鼓動と海の潮騒の音は似てるとかいいますね。

唐突ですが思い出した事があります。昔の人は新聞を声に出してよく読んでました。

英語は発音の問題もあり教科書を音読させますが…

少なくともメールの文章を声に出して読んでる若い子はいないかと思います。つまり黙読です。

メール文章はどちらかといえば、視覚的な要素が強い気がします。わざと仮名にしたり絵文字にしたり。

この事自体は「感じる」文化で、日本の神道に近いような気がするのですが…。

声を出して読む事を前提に祝詞はありますから、御苦労も多々おありかと思います。

2014/02/10 (Mon) 22:51 | ジンジャー #- | URL | 編集

はじめまして。神主さんのブログは始めて読ませていただきました。よろしければシニアナビにもブログを登録いただけませんか?皆さん喜ぶと思います。

2014/02/14 (Fri) 19:10 | 通りすがり #SFo5/nok | URL | 編集
煌夜さま

祝詞3本立てですか?どんな状況なんでしょう・・・私はよくありますが

記憶力、別なところに回したい。なるほど確かにそうかもしれませんね。
忘れてしまったほうがいいことはさっさと忘れて、その分を別にまわしたらどれだけ能力がいかせるか。
北斗神拳は人間の眠っている97%の力を使えるらしいですが、その状態になりますね。

2014/02/17 (Mon) 23:37 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ジンジャーさま

> 心臓の鼓動と海の潮騒の音は似てるとかいいますね。
それはよくいいますね。
音で落ち着くというのはなにかそういう事と関連あるのでしょうかね。

> メール文章はどちらかといえば、視覚的な要素が強い気がします。わざと仮名にしたり絵文字にしたり。
> この事自体は「感じる」文化で、日本の神道に近いような気がするのですが…。
ええ、私メールのそれは日本的だなぁと思います。
日本は文章の文化ですから。


2014/02/17 (Mon) 23:40 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
通りすがりさま

はじめまして。書き込みいただきありがとうございました。
もちろん登録していただくことは構いません。多くの人に読んでいただけるのなら私もうれしいことですので。
自分で登録するのですか?
登録していただいて構いませんとお返事すればよいのでしょうか・・

2014/02/17 (Mon) 23:42 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

祝詞三本、よくあるんですか?こちらの他の神職さんの反応を見ていたら、「いくら読んでも2本まで」っていう感じだったので。ただ、ご祈祷の内容が多かったのも事実です。
その3本目の途中で貧血起こして、鈴をおいてある案に向かって倒れかけたのですが(^^;)
本当に貧血を起こしたら目の前が白くなってくるんだなぁ、と思いました(笑)

うーん、私は北斗神拳も南斗聖拳も使えませんし、あんなにマッチョになりたくないですし(笑)
大祓詞を4日で覚えこんだのは早いのか普通なのかわかりませんが、とりあえず、その記憶力を龍笛譜を覚えるのにまわしたいな…、と思うのです…。
要するに覚える気の問題かもしれないですね(^^;)

2014/02/19 (Wed) 21:45 | 煌夜 #- | URL | 編集
煌夜さま

といってもしょっちゅうしょっちゅうではありませんが、でも同じ方が願意が別のときは連続します。
あと、私はひとりで全部やりますから、正月祈祷だと連続20とかですよ(笑)

大祓詞を4日はかなり早いでしょう・・
記憶にも相性があるんでしょうね

2014/02/21 (Fri) 16:51 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する