発展

今年の大晦日、来年の正月3ヶ日に振る舞い酒とおでんの無料御接待をおこうことになりました。とくにおでんは料理屋の大将がつくってくれる本格おでんでものすごく美味しいですからおすすめです。ぜひお参りいただいた後に食べてあたたまっていってください。

今までは年末年始にとくに何もしていなかったのですが今年からお酒とおでんの振舞いをすることになりました。それをまわりの人に話していると、今回のこともそうだけれど、代替わりしてから(宮司が私にかわってから)いろんなことやってちょっとづつ賑やかになってるし、テレビとか新聞とかにもよく出てるし、神社も発展してきていますね。
とよく言われます。

実際、これは私の性格というか性分のようなもので新しいことはいろいろやっていますし、たまたまタイミングがよければテレビや新聞雑誌等でもよく取り上げていただけます。
ただ、それは神社の発展とイコールではないと私は思っていましていつも自分で気を付けるようにしています。


神様と人は車の両輪のようなもので、どちらか一つだけではいけないんですね。車のタイヤは両方そろっていないとちゃんと進めないのと同じで、神様だけでも人だけでも片方だけでは成り立たなくて、両方がそろって初めて「よし」となります。
祀るべき神がいなければ祭祀はできないし、逆に人がいなくて神だけでもそれなりたちません。
だから神社というものがどういう位置にあるべきかというのもそれと同じです。
神社は人間の世界にあるものですから人間のためにあるべきもの。
しかし神社とはそもそも何かというと神を祀る場所である。ということは神様のためにあるべきものです。
神社とは人間のためにあるべき場所でもあり、神様のためにあるべき場所でもある。
どちらも正しいんですね。

だいたい人間のやることですから、人間の側に向けたことが多くなるのですが、神社は人間のため、神様のため、両方のための場所ですからどちらかに偏ってしまうものではいけないと。
人が大勢来て、たいへん賑やかであったとしても神様がおろそかになってしまっているようならそれは神社の発展ではないですからね。そうなるとテーマパークみたいなもんですよね。


なんとなくですが、私が似ているなぁ感じているのが経済についてです。
アベノミクス、3本の矢で経済成長、景気回復。経済成長なくして日本の再生はなしというようなことも言われたりして、経済成長が絶対のことのように言われます。


書く時間切れ。続きは明日かきます・・・


よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる

新しい年を迎える | Home | 振る舞い

コメント

蒔かぬ種は生えん

いつもありがとうございます

いつも母親が言ってた事を何故か思い出しました。(母親が彼女の父親から教えられ、その父親はまたその親から…まあ家訓のひとつ(゜Д゜;;))

蒔かぬ種は生(は)えない。


夜分失礼をばいたしました。

2013/12/23 (Mon) 01:26 | ジンジャー #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/12/24 (Tue) 20:20 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する