御神木の枝2

前回からの続きです
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-1129.html

どんなものにも神様が宿っている。もしくは神様に成り得る素質が宿っている。石や岩にも、火や水にも、鳥や虫にもそれは宿っています。その宿っているものの大きさが違うだけです。普通の木と御神木の違いは神様に成り得る素質がたくさん宿っているかどうか、ですね。そしてもちろん私達人間にも同じようにそれが宿っています。

いつもいう話ですが、人間も木も鳥や虫も、石や水も基本的には同じものですべて神様から分かたれた存在です。生命で考えるとわかりやすいのですが、自分の命は親から生まれた、親もまたその親から生まれた、と順番にたどっていくと一番最初の親はどこからきたのかということに突き当たります。
木が生えるのも種からですが、その種は親木からできます、その親木もまたその前の親木からできた種から生まれた、と順番にたどっていくと最初の種はどこからきたのか?という同じところに突き当たります。
この一番はじめの、はじまりの何か。
「これ、神様の力!」
かたことの日本語みたいな言い方ですが、まじめな話しこの世のすべてのものは例外なくみんな同じ「はじまりの何か」から生まれているわけですから、もともとはみな根本ではつながっているんですね。


今回チェンソーアートでできあがった龍を榎の御神木のすぐ側に安置しているのは、木と枝は物理的には切離れたわけですが、同じく神の御霊をもち本当の意味ではつながっている。そういうことを伝えたいとの想いがあったからです。
そして木と枝が物理的に離れても神の御霊はつながっているということと同じで、私達もまた物理的にはつながっていない他の何かとも、本当はつながっているということを感じてもらいたいそのように思っています。
これは人間がとくに強く思うのかなと感じるのですが、個人、個体というものについて。自分という存在は普通身体のすべてを自分であると認識するのだと思います。頭のてっぺんから足のつま先までが自分で、たとえば目の前にある桜の木は自分ではない。当たり前のことだと思います。
では何をもって個人とするのかはよく考えると難しいことです。はるか昔からそれらは考え続けられているけれど結論はでていないはずです。
極端なはなし、最近の技術では人口的に体の一部をつくることができますから、人造の手や足や目に交換し、あるいは臓器移植もできますから他の体から臓器をうつした。すべての体の部位がもとのものとは別のものになったが、脳だけはもとのままで記憶は昔の記憶がある状態、それは誰?
もしくは脳だけを他の体に移し替えたとして、脳の持つ記憶が別の体にうつった場合、それは誰?なんてことがあるのではないでしょうか。


と、そんな話をはじめるとどんどんややこしくなるので一旦それは置いておいて、それらがどうであったとしても、すべてのものに共通していることが、「はじまりの何か」つまり神様の力から誕生して、それを延々と引き継いで今に至っているという事実。私もあなたも、彼も彼女も、鳥もセミも魚も、木も岩も水も土も同じものから誕生している。そこになんら違いはないんですよね。
だからそれらすべてには神様が宿るとします。すべてのありとあらゆるもの、それを八百万(やおよろず)といいますが、日本では八百万の神がおられるというのです。

すべて形はちがうけれど同じであるというのは、自分の体の一部でも右手と鼻は全然違うものですが、同じ自分の体の一部分です。それと似たようなものかと。


あなたが笑うこと、泣くこと、食べること、眠ることは、鳥がうたうこと、セミが地面の中でじっとしていること。あなたが生きるということは、風がふくこと、秋になって美しく紅葉すること、海に波がよせて返すことなんだ。と。


「個」というそれを特別視しすぎないことはすべてにおいて大切なことです。たぶんそれを理解すると、食物の大量廃棄はなくなるでしょう、不要なエネルギー消費もなくなるし、極端な争いも減り、我さえよければという風潮もなくなるのではないでしょうか。もちろんすべてうまくいくなんてことはないし、現代社会に生きる私達には「個人」という概念がなければ生活することはできません。
でも私たちは「個」として自分で生きているのではなく、「はじまりの何か」神様から分かたれた存在として、木や鳥や海、そのほかのこの世のすべてのものと一体で、その一部として生かされているということを知ることはもっとも大切なことでしょう。



よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


大型で勢力の強い台風18号 | Home | おしらせ

コメント

子供を育てる

子供たちは、神様からの預かりものと思って毎日接しています。それは、やはり神主さんの話される命のつながり、すべては神様に繋がっているということが、私の心にストンと入っているからです。

神様からの預かりものであればこそ、一人一人の個性を大切にして、障害があっても障害ではなく個性として生かしていくことが私の使命だと思っています。
子供たちにもその思いを伝えて行きたいと思っています。

すべてのものが神様から発していると思えば、おのずと感謝の気持ちが生まれて相手を思いやることが出来るようになると思っています。

2013/09/14 (Sat) 19:22 | 花梨糖子 #- | URL | 編集
いつもありがとうございます

またまた気が滅入る記事が飛び込んできました。

これからのシーズン楽しませて頂く萩の梨木神社さんが、神社を残したいがために神社庁を脱退してまで、境内にマンションを建てるそうですわ(ToT)

出世稲荷さんの大原移転の記憶も新しいのですが…

こつこつと神社の事を日本に住む人々が身近に考える以外にないでしょうね。神主さん、よろしくお願い致しますm(_ _)m

2013/09/14 (Sat) 20:56 | ジンジャー #lH9P8MKE | URL | 編集

昨日から東京に行っていて、今日、ちょうど東京からの帰りに京都を通ったので、龍を見に行かせていただこうかと思ったのですが、台風が来ていたので諦めました…。

東日本大震災の時にテレビに出ていた(だったかな?)外国の方が仰ってました。
「日本は八百万の神々に守られた素晴らしい国なんだろう?きっと大丈夫だよ!すぐに復興できる」
ちょっと思い出しました。

2013/09/15 (Sun) 18:53 | 煌夜 #- | URL | 編集
花梨糖子さま

まさにそうですね。
あずかりもの。昔はもっとそういう意識も強かったのでしょうね。
子育てがもっと地域というか、コミュニティでおこなわれていたころは。

そういうの、私は大事だなと思います

2013/09/20 (Fri) 21:12 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ジンジャーさま

ニュースになってましたね。
たしかにちょっと場所が・・・という風に私も感じました。
でも神社を存続させるために、というように考えてのことでしょうね。それもまたよくわかります。
実はうちも先代のころに同じ用にマンション建てて改修費用にあてるという計画がありました。たまたま途中でとまりましたが。
時代ですね。
なんとかそういうところからなんとかしていけたらと思います。

2013/09/20 (Fri) 21:17 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
煌夜さま


> 「日本は八百万の神々に守られた素晴らしい国なんだろう?きっと大丈夫だよ!すぐに復興できる」

そうですね。神々が私たちとともにある素晴らしい国です。
ほかの国ももちろん、いい国ですけどね。
でもやっぱり日本はすばらしいと思います

2013/09/20 (Fri) 21:19 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する