能の世界

先日、京都岡崎の京都観世会館で『能』(のう)の公演がありましたので拝見させていただきました。主催は、鸞ノ会(らんのかい)の京都公演です。
毎年5月に当神社(武信稲荷神社)の例祭に日本舞踊、仕舞など奉納してくださる方が招待してくだり、昨日いってまりました。
実際に行ってみて、若い方が非常に多いんですね。もっと年齢層が高いかと思っていましたが意外でした。
nou1.jpg
nou2.jpg


日本の伝統芸能には、『歌舞伎 カブキ』、『狂言 キョウゲン』、今回の『能 ノウ』、日本舞踊などでは『神楽 カグラ』、『田楽 デンガク』、『白拍子 シラビョウシ』、ほかにも、『雅楽 ガガク』、『俳句 ハイク』、『浄瑠璃 ジョウルリ』
などそれこそ、きりがない程たくさんあります。

こういった伝統芸能のこと。正直どれくらいのことを知っているでしょうか。
私は恥ずかしながらほとんど知識はありません。
歌舞伎と狂言と能と、それぞれはこうだ。と説明してみなさいといわれても正確にできないと思います。まぁ「郷ひろみ ディナーショー」と「氷川きよし コンサート」の違いを正確に説明しなさいといわれても、私はできないので同じようなものかもしれませんが・・・

続きに行く前にランキングに1票ポチッと!
にこっちにもランキング投票ポチッと
歌舞伎というと、有名な「出雲の阿国(いずものおくに)」がはじめた歌舞伎踊りがはじまりというくらいなので、(かぶき者は他と同じ服装や行動を嫌う、自己主張が激しい)エンターテイメント的要素の強い、歌、踊り、演劇

能は、能面をつけて舞い、鼓、太鼓、笛などの囃子があり、歌、舞いがあるシリアスな現代のミュージカル演劇とおなじようなもの。

狂言は、能とだいたい同じで、基本は能面をつけず、内容は笑わせるための喜劇。現代でいうお笑いのコントのようなもの。

・・・くらいに思っています。これも正しいのかどうかわかりませんが(間違っていたら教えてください)

テレビや、能舞台以外での能ではなく、本格的に能舞台で能を見たのは先日が始めてでした。
なので発見というか感激が、いろいろなところにたくさんありました。


まず能は、演じる人 シテ(←主役)、ワキ(←脇役)、がいます。場合によってツレ(←助演)がいます。
それから伴奏に、笛(ふえ)、鼓(つづみ)これは小鼓、大鼓と2種、太鼓(たいこ)があり、
そして地謡(じうたい)という、物語のナレーションというか説明や、舞いの時のBGM音楽を謡う役目。8人で合掌する形式。とで構成されます。
(↑こんなことも実は知りませんでした。)


さて、開演するとまず笛、小鼓、大鼓からはじまります。この音色、ほんとに美しい音が響きます。
マイク、スピーカーを通して音を大きくするわけではないので音の質、音色が非常に繊細で美しい。
能舞台はいろいろな音響効果を考えてつくられているそうです。
舞台の下に空の瓶(かめ)を仕込み、それにより音を響かせる工夫があったり、配置する石の形や大きさにより音響効果を高めたり。

特に鼓(つづみ)の音は美しくよく響きました。この鼓ですが、私はいままで小鼓の音しか知りませんでした。テレビや映画で聞く鼓の音はこっちだとおもいます。


小鼓は「ィヨオォ~」、 ポォン
というタヌキがお腹を叩くような音
tanuki.jpg

タヌキのお腹の音は聞いたことありませんが・・・


大鼓は「ィヨオォ~」、 コォォン
という鹿脅しの音のような小鼓より澄んだ高音
sisiodosi.jpg


ちなみに、「ししおどし」は多分「鹿脅し」と書くと思うのですが。「獅子脅し」、「猪脅し」ではないと思いますが、このためだけに辞書を引くのは面倒で調べていません。

とにかく、この二つの鼓の音に笛の音がくわわり、それが響きわたり、非常に心地よい空間となりました。

余談ですが、過去記事でも書いた地鎮祭をするときによせてもらった、ウチのご近所におられる笛の先生、この方は能楽の笛の第一人者でして、先日の公演でも舞台で笛を吹いておられました。普段お見かけするときよりも凛と引き締まった顔で吹いておられました。

長くなったので続きはまた明日です


↓ボタンを押して投票してくだされば幸いです。
banner2.gif
 a_01.gif


能の世界2 | Home | お風呂

コメント


済みませんが、ディナ-ショウとコンサ-トとの
差異なら、いくら何でもお判りでしょ?

妙な引き合いを出されますが
お話し、なかなか面白かったですよ。

2007/06/24 (Sun) 19:49 | 波浪 #HqUE9GFw | URL | 編集

こんにちわ。能など私も日本の伝統芸能は詳しくわかりませんね…NHK教育でちらっと観る位で…
太鼓を演奏するだけですが自分は日本の伝統芸能に関わっているという事はだけは誇りにおもっています!

2007/06/25 (Mon) 11:52 | 青森かずき #- | URL | 編集
ご訪問有難うございました

未知のお話しばかりで楽しく読ませて頂いてます。
山の中で暮らしていますが“狸の腹鼓”の音は聞いた事ないなぁ・・・
でも音の表現としては分かる気がします。
今後ともよろしくです。

2007/06/25 (Mon) 12:53 | Bako #1jhbtX.k | URL | 編集

>鹿威し(シシオドシ)
1.農業などに被害を与える鳥獣を威嚇し、
追い払うために設けられる装置全般の総称。
かかし、鳴子、添水(そうず)など。
2.狭義では、添水のこと。
Wikipediaで調べた所、こういう意味だそうです。

小鼓は鈍く、大鼓は甲高い、という印象なんでしょうかね。
小さい方が高く、大きい方が低いような気がしてましたが意外です。叩き方にもよるのかな?
(ドラムセットの足で踏む(=フットバス)と手で叩く(=タム)の印象だもんで。)

2007/06/25 (Mon) 13:34 | 司馬流 #BK4sxvOs | URL | 編集

TVでみたことはありますが生ではないです。
能を見に行きたいけれどイメージ的に敷居が高くて行けません(>ロ<)
着物着て鑑賞とかやってみたいですO(≧∇≦)O

2007/06/25 (Mon) 16:51 | SEED #00J7NHAA | URL | 編集

ご近所のお風呂も、神主様の手に掛かればおかしい記事に!

笛の方、ホンマに着物を着てお出かけの時とか見違えますよね。さーすがプロ仕様。

2007/06/25 (Mon) 17:18 | ぽん #- | URL | 編集
波浪さま

こんにちは。
訪問、コメントいただきありがとうございます。
ディナーショーとコンサート、正確に説明しなさいといわれると多分できないとおもます。御飯があるか、ないか、くらいしか思いつきませんから。御飯のでるコンサートもあるのだろうか?とか。
その違いに特に興味はないので調べませんが(笑)

>お話し、なかなか面白かったですよ。

どうもありがとうございます

2007/06/25 (Mon) 18:57 | 神主 #- | URL | 編集
青森かずきさま

>太鼓を演奏するだけですが自分は日本の伝統芸能に関わっている

まともに日本の伝統芸能のど真ん中ですね。
和太鼓ですし今回の能の太鼓ではなく、もっと大きい、昔タバコのセブン○ターのCMで、ふんどしの男の人が叩いているあの大きさの太鼓ですですよね。
盆踊りなんかのときにも叩くあの・・・

2007/06/25 (Mon) 19:03 | 神主 #- | URL | 編集
Bakoさま

こんばんは。
>山の中で暮らしていますが“狸の腹鼓”の音は聞いた事ないなぁ・・・

あっ!それです。
“狸の腹鼓”
その単語を記事の中で使いたかったのですが、書いているときに思い出せなくて・・・

今後ともよろしくお願いします

2007/06/25 (Mon) 19:06 | 神主 #- | URL | 編集
司馬流さま

こんばんは。
あっ!鹿威し(シシオドシ)はやっぱり、『鹿』であってるんですね。よかった。

鼓は叩きかたも違いましたし、音の種類も違いましたね。
小鼓の方が音のバリエーションが豊富なんだそうです、その分たたき方も多種である。とおっしゃってました。

大鼓の方は「一球入魂」叩きでした(笑)。(←雰囲気です)

2007/06/25 (Mon) 19:12 | 神主 #- | URL | 編集
SEEDさま

こんばんは。

>能を見に行きたいけれどイメージ的に敷居が高くて行けません(>ロ<)

確かにそういったイメージはありますね。でも会場は若い人もすごく多くて、雰囲気も堅苦しさは感じないと思いますね。
ぜひ鑑賞なさってみてはいかがでしょう。私を招待してくださった方も、もっとたくさんの方々に能の良さを知って欲しいとおっしゃいますし。
ブログを見てくださった方が能を見たいとおっしゃってます。といったら喜んで連れて行ってくださるのでは。(^.^)
私も次もぜひ行きたいと思っています。

2007/06/25 (Mon) 19:23 | 神主 #- | URL | 編集
ぽんさま

こんばんは。
↑私の中では、夜は7時からなんです。
だから6時まではこんにちは。7時からこんばんは。なのです(笑)。

ホントプロ仕様ですね。
私も神主の着物はプロ仕様ですが、それ以外もきちんと着こなせるようになりたいですね・・・

2007/06/25 (Mon) 19:26 | 神主 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する